前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • ドニキ

    ドニキから見た堂上剛裕堂上剛裕

    ドニキ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た堂上剛裕堂上剛裕

    なお、この試合ではソフトバンク・陽耀勲と日本ハム・陽岱鋼の兄弟選手が、同一試合出場となった。クライマックスシリーズでの兄弟選手による同一試合出場は中日の堂上剛裕・直倫兄弟(2010年クライマックス・セ ファイナルステージ第2戦他)に次いで史上2組目となるが、兄弟選手がそれぞれ別チームから出場する「兄弟対決」は史上初となる。2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 丸山貴史

    丸山貴史から見た堂上剛裕堂上剛裕

    、第75回選抜高等学校野球大会では、2回戦対国士舘戦1点リードの5回表から登板。打者20人を被安打3の無失点に抑え甲子園初勝利。続く対近江戦は3点ビハインドの2回裏に登板。立ち上がりに1失点したものの、その後3回から7回までは無失点に抑えた。試合は堂上剛裕の不振もあって0-4で敗退。夏の第85回全国高等学校野球選手権大会では2回戦対鳥栖商業で先発登板。途中堂上剛裕のリリーフを仰ぎながらも、8回を2失点に抑えたが、春に続き甲子園では打線の援護無く1-2で敗退。秋は明治神宮野球大会に出場し、大阪桐蔭を破って優勝。翌春の選抜大会出場を決めたが、12月に右足を故障。丸山貴史 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2014

    プロ野球スピリッツ2014から見た堂上剛裕堂上剛裕

    中日ドラゴンズの堂上剛裕、堂上直倫らに代表される同姓が複数居る選手の背ネームは「DONOUE」や「TAKAHASHI」のように実際は単独で表示されているが、本作では2012年から2013年シーズンまで採用されていた名前の頭文字のローマ字(堂上剛は「T.DONOUE」等)が表示されている。プロ野球スピリッツ2014 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡良介

    森岡良介から見た堂上剛裕堂上剛裕

    4月23日の対福岡ソフトバンクホークス二軍戦で、4回裏無死満塁のチャンスで三振に倒れて、ベンチに戻ってきた堂上剛裕を高柳秀樹二軍打撃コーチが激しく叱責。ベンチにいた森岡は高柳コーチに抗議し、一触即発の状態となった。翌日の24日の練習前のミーティングで、辻発彦二軍監督は高柳コーチの発言を擁護し、逆に森岡に非難する発言をし、森岡に1週間の謹慎処分が課された。その後、二軍で主軸を張り、一軍では5試合に出場したものの、首脳陣との確執は最後まで続き、この事件が要因となり、オフに戦力外通告を受ける。森岡良介 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知私学4強

    愛知私学4強から見た堂上剛裕堂上剛裕

    堂上剛裕(巨人外野手)・堂上直倫(中日内野手・兄弟選手)愛知私学4強 フレッシュアイペディアより)

  • 朝倉健太

    朝倉健太から見た堂上剛裕堂上剛裕

    、開幕を一軍で迎えたが、救援で3試合に登板した後に、この年限りで現役を退くことを表明した。9月16日には、ナゴヤ球場内の施設で引退記者会見を開催。引退を決断した理由として、数年前から自分の思うようなボールを投げられなくなったことを挙げた。また、「相手の打者に打たれても、今までと違って、悔しさを感じられなくなった。『こんな気持ちで野球をやったらダメ』だと思った」「自分だけで決められる話ではないが、『今後も野球に関わっていきたい』という願望は強い」という心情を吐露した。9月20日に一軍へ復帰すると、同日の対巨人戦(ナゴヤドーム)の8回表1死1塁から、「打者1人限定」という条件で事実上の引退登板。前年までの同僚であった代打・堂上剛裕への1球目に、138km/hの直球で捕手へのファウルフライに打ち取った。11月30日付で、日本野球機構(NPB)から任意引退選手として公示。朝倉健太 フレッシュアイペディアより)

  • 春日井市立知多中学校

    春日井市立知多中学校から見た堂上剛裕堂上剛裕

    堂上剛裕(プロ野球選手)春日井市立知多中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た堂上剛裕堂上剛裕

    10月1日 中日は辻孟彦、井上公志、矢地健人、小田幸平、田中大輔、中田亮二、森越祐人、井藤真吾、堂上剛裕、宋相勲に戦力外通告したことを発表2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田龍一郎

    赤田龍一郎から見た堂上剛裕堂上剛裕

    小学校3年から、堂上剛裕・堂上直倫兄弟も輩出した名古屋北リトルで一塁手として野球を始める。北陵中時代は、ボーイズリーグ東名古屋スターズで捕手となり、以降は捕手一筋。赤田龍一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「堂上剛裕」のニューストピックワード