前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見たナオト・インティライミ

    「カーニバる?」ナオト・インティライミ(2010年)堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た前田健太

    、2月28日のヤクルトとのオープン戦の守備で右手親指を骨折し戦線離脱するも、5月12日に一軍に昇格。同日スタメンに名を連ねると前田健太から2安打1打点を記録しお立ち台に上がった。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見たDef Tech

    「Bolero」Def Tech(2013年)堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た吉川昌宏

    初安打:2007年7月27日、対東京ヤクルトスワローズ15回戦(明治神宮野球場)、6回表に吉川昌宏から右中間二塁打堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た姜建銘

    、二軍で打率.404で記録し、6月19日の対オリックス・バファローズ戦で6番・一塁手で初の一軍スタメン出場。7月27日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初安打・初打点を記録、7月29日の同カードではプロ初の決勝打となるプロ初本塁打を記録した。更に8月11日の対巨人戦で姜建銘から代打サヨナラ本塁打も放った。10月27日、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズの第1戦で、8回表に代打として日本シリーズ初出場を果たす。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た落合博満

    、6月22日からこのシーズン2度目の一軍登録され、引退した立浪和義に代わり左の代打として起用されることが多かった。また7月21日の対横浜ベイスターズ戦で6番・右翼手でスタメン出場。弟の直倫と共に兄弟でスタメン出場を果たし、8月6日の対阪神タイガース戦には、弟の直倫と共に適時打を放ち、ナゴヤドームで兄弟初めてのお立ち台に上がった。9月22日の阪神戦では、9回裏1死満塁の場面で代打として出場。藤川球児から一塁ゴロを放ったが、クレイグ・ブラゼルの本塁悪送球を誘いサヨナラ勝利となり、試合後にお立ち台に上がった。チームとしても優勝争いを演じていたライバルを下す、大きな意味を持つ勝利だった。なお、この打席に立つ前に、落合博満監督から、「ボール(球)は振るな、内角は当たれ(死球)。」というアドバイスを貰っていた。最終的に自己最多となる58試合に出場した。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た澤村拓一

    初盗塁:2012年6月29日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、5回表に二盗(投手:澤村拓一、捕手:阿部慎之助)堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た藤川球児

    、6月22日からこのシーズン2度目の一軍登録され、引退した立浪和義に代わり左の代打として起用されることが多かった。また7月21日の対横浜ベイスターズ戦で6番・右翼手でスタメン出場。弟の直倫と共に兄弟でスタメン出場を果たし、8月6日の対阪神タイガース戦には、弟の直倫と共に適時打を放ち、ナゴヤドームで兄弟初めてのお立ち台に上がった。9月22日の阪神戦では、9回裏1死満塁の場面で代打として出場。藤川球児から一塁ゴロを放ったが、クレイグ・ブラゼルの本塁悪送球を誘いサヨナラ勝利となり、試合後にお立ち台に上がった。チームとしても優勝争いを演じていたライバルを下す、大きな意味を持つ勝利だった。なお、この打席に立つ前に、落合博満監督から、「ボール(球)は振るな、内角は当たれ(死球)。」というアドバイスを貰っていた。最終的に自己最多となる58試合に出場した。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た館山昌平

    初本塁打:2007年7月29日、対東京ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、2回表に館山昌平から中越ソロ堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見たクレイグ・ブラゼル

    、6月22日からこのシーズン2度目の一軍登録され、引退した立浪和義に代わり左の代打として起用されることが多かった。また7月21日の対横浜ベイスターズ戦で6番・右翼手でスタメン出場。弟の直倫と共に兄弟でスタメン出場を果たし、8月6日の対阪神タイガース戦には、弟の直倫と共に適時打を放ち、ナゴヤドームで兄弟初めてのお立ち台に上がった。9月22日の阪神戦では、9回裏1死満塁の場面で代打として出場。藤川球児から一塁ゴロを放ったが、クレイグ・ブラゼルの本塁悪送球を誘いサヨナラ勝利となり、試合後にお立ち台に上がった。チームとしても優勝争いを演じていたライバルを下す、大きな意味を持つ勝利だった。なお、この打席に立つ前に、落合博満監督から、「ボール(球)は振るな、内角は当たれ(死球)。」というアドバイスを貰っていた。最終的に自己最多となる58試合に出場した。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「堂上剛裕」のニューストピックワード