前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た堂上直倫堂上直倫

    中日ドラゴンズの堂上直倫が対巨人戦で1試合併殺参加5回の遊撃手のセ・リーグタイ記録2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • アンダーソン・エルナンデス

    アンダーソン・エルナンデスから見た堂上直倫堂上直倫

    は、開幕からショートのスタメンで出場し続けたが、スイッチヒッターでありながら左打席で結果を残せず、この間、右打席のみに専念するなどの一時は打率一割を切る極度の打撃不振と、同じショートのポジションを争う堂上直倫の活躍もあり、4月9日に登録抹消となる。アレクシス・ゴメスの打撃不振と、二軍戦で結果を残したことから4月22日に再昇格。5月1日の対横浜DeNAベイスターズ戦では代打出場で本塁打を放つ。その後、荒木雅博の負傷と堂上直倫の打撃不振から交流戦中盤からはスタメンに名を連ねる機会が増加した。特に6月に入ってからは調子を上げ、交流戦では打率.313を記録した。交流戦明けもしばらく打撃好調が続き、3番を打つ機会が増えた。しかし8月25日に左太ももの故障で登録抹消。その後出場機会はなかったが、9月23日に翌年の契約延長が発表された。アンダーソン・エルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 横山龍之介

    横山龍之介から見た堂上直倫堂上直倫

    初奪三振:2010年6月29日、対中日ドラゴンズ10回戦(阪神甲子園球場)、9回表に堂上直倫から空振り三振横山龍之介 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た堂上直倫堂上直倫

    なお、この試合ではソフトバンク・陽耀勲と日本ハム・陽岱鋼の兄弟選手が、同一試合出場となった。クライマックスシリーズでの兄弟選手による同一試合出場は中日の堂上剛裕・直倫兄弟(2010年クライマックス・セ ファイナルステージ第2戦他)に次いで史上2組目となるが、兄弟選手がそれぞれ別チームから出場する「兄弟対決」は史上初となる。2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2014

    プロ野球スピリッツ2014から見た堂上直倫堂上直倫

    中日ドラゴンズの堂上剛裕、堂上直倫らに代表される同姓が複数居る選手の背ネームは「DONOUE」や「TAKAHASHI」のように実際は単独で表示されているが、本作では2012年から2013年シーズンまで採用されていた名前の頭文字のローマ字(堂上剛は「T.DONOUE」等)が表示されている。プロ野球スピリッツ2014 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原洋

    杉原洋から見た堂上直倫堂上直倫

    初奪三振:同上、1回裏に堂上直倫から空振り三振杉原洋 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知私学4強

    愛知私学4強から見た堂上直倫堂上直倫

    堂上剛裕(巨人外野手)・堂上直倫(中日内野手・兄弟選手)愛知私学4強 フレッシュアイペディアより)

  • 古川秀一

    古川秀一から見た堂上直倫堂上直倫

    長崎県佐世保市出身。清峰高校時代はエースとして2005年の第87回全国高校野球選手権大会に出場し、1回戦で十亀剣、柴田亮輔、堂上直倫擁する春のセンバツ覇者愛工大名電を下し、2回戦も福井優也擁する前年度選手権準優勝校・済美を下し旋風を巻き起こし(下剋上サウスポーと呼ばれた)3回戦に進出するも辻内崇伸、平田良介、中田翔擁する優勝候補筆頭の大阪桐蔭に1-4で敗れる。古川秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の中日ドラゴンズ

    2014年の中日ドラゴンズから見た堂上直倫堂上直倫

    5月4日 - 堂上直倫が対巨人戦で1試合併殺参加5回の遊撃手のセ・リーグタイ記録。2014年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た堂上直倫堂上直倫

    12月12日 - 中日は以下の選手の背番号の変更を発表。陳偉殷が201から21、ラファエル・クルスが94から42、小田幸平が26から28、田中大輔が28から22、堂上直倫が24から1、藤井淳志が22から4、英智が57から24。また西武からFAで入団の和田一浩の背番号は5と発表された2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「堂上直倫」のニューストピックワード