41件中 11 - 20件表示
  • 愛知工業大学名電高等学校

    愛知工業大学名電高等学校から見た堂上直倫堂上直倫

    堂上直倫(中日ドラゴンズ)堂上剛裕の弟愛知工業大学名電高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のスポーツ

    1988年のスポーツから見た堂上直倫堂上直倫

    9月23日 - 堂上直倫(愛知県、野球)1988年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 枡田慎太郎

    枡田慎太郎から見た堂上直倫堂上直倫

    広角に強打を放つ技術を持つ。打撃力の面では「金本二世」とも評されたことがあり、中学時代は堂上直倫以上の高い評価を受けた。打撃コーチだった大久保博元からは内角球をさばく技術を賞賛されている。枡田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横山龍之介

    横山龍之介から見た堂上直倫堂上直倫

    初奪三振:2010年6月29日、対中日ドラゴンズ10回戦(阪神甲子園球場)、9回表に堂上直倫から横山龍之介 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上照

    堂上照から見た堂上直倫堂上直倫

    長男は中日に所属している堂上剛裕で、二男は同じく中日に所属する堂上直倫である。なお息子の兄弟が同じチームに所属することについては、ポジションで競合する可能性が高く(入団当時剛裕は内野手だった)、同時に試合に出場できる事が少なくなることなどから、「親心としては本当は別々のチームでプレイして欲しかった」とも語っている。堂上照 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た堂上直倫堂上直倫

    、春季キャンプで山本昌と同部屋になる。落合監督の指示もあり、本格的に捕手から内野手へ転向。この年も一軍出場はなかった。前年に同じく一軍出場のなかった堂上直倫、清水昭信、岩崎達郎がこの年に一軍出場を果たしたため、この時点で2007年入団選手の中で唯一の一軍経験のない選手となった。しかし、二軍では4番打者としてのスタメン出場もあり、フェニックスリーグでは石井一久から本塁打を放ち注目を浴びる。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た堂上直倫堂上直倫

    兄・堂上剛裕選手、弟・堂上直倫選手の今週の活躍を放送する企画。サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た堂上直倫堂上直倫

    高校生ドラフト会議が東京都内のホテルで開催された。1巡目では田中将大投手(駒大苫小牧)に4球団が、堂上直倫内野手(愛工大名電)に3球団が、増渕竜義投手(鷲宮)に2球団が、大嶺祐太投手(八重山商工)に2球団がそれぞれ競合した。抽選の結果、田中は楽天が、堂上は中日が、増渕はヤクルトが、大嶺はロッテが交渉権を獲得。唯一競合しなかった前田健太投手(PL学園)は広島が交渉権を得た。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た堂上直倫堂上直倫

    5月30日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で、延長10回裏に岸田護からライトへのプロ入り初のサヨナラソロ本塁打を放った。本人曰く、「アマチュア時代を含めてもサヨナラ本塁打は打った事がない」とのこと。そして、山崎武司の打撃不振とブランコの離脱により4番を任せられることもあった。さらに、山崎が不振で登録抹消され、スタメンでファーストを守ることもあった。打率.249、6本塁打と完全復活とはならず、チーム方針もあり堂上直倫や高橋周平を起用した事によりスタメンを外れる日もしばしばあった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た堂上直倫堂上直倫

    また2010年9月18日の対ヤクルト戦で、解説者の笘篠賢治から返球精度より、返球判断の面で苦言を呈されている。その試合は1-0とリードしていたものの、4回裏無死一・三塁の場面で右犠飛により1-1の同点にされた。この時スタメン右翼手の野本圭は中継を介さず本塁へ返球するも、その返球が3バウンドし捕手の小田幸平に到達する頃にはコロコロと転がるだけであった。このワンプレーで、イニングの途中ながら野本に代わって守備に就いた藤井。直後、相川亮二の右前打で前進してきた藤井は小田へダイレクト返球をしたものの、前述にある精度の悪さを露呈。実際には、本塁から大きく逸れた三本間の真ん中付近への返球であった。それで打者走者の相川には2塁を奪われそうになったが、小田が2塁へ転送して相川を刺せたため、ピンチ拡大の芽を摘んでいる。これら一連のプレーに対し、「野本もそうだったが、藤井も落合監督の望むプレーではない」と苦言。つまり「野本は本塁に届かないというより、(間に合わない本塁返球よりも一塁走者を自重させる)二塁手の堂上直倫への返球選択をしなかったことで下げられたのであるから、藤井の場合の(打者走者に進塁されかけ、傷口を拡大するような)本塁返球も適切ではない。野本が交替させられた理由を勘違いしている」とのことである。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「堂上直倫」のニューストピックワード