41件中 21 - 30件表示
  • 野上亮磨

    野上亮磨から見た堂上直倫堂上直倫

    福岡県太宰府市出身。中学校時代はフレッシュリーグの筑紫エンデバーズに所属し、高校は神村学園高等部へ進学。同校3年次の、春の甲子園に出場して準優勝投手となる。ちなみにその時の決勝の相手愛工大名電高校には同級生に十亀剣、1つ年下に現中日ドラゴンズの堂上直倫がいた。一躍プロのスカウトも注目する存在となり、プロ志望届を提出したが指名は無く、日産自動車に入社。野上亮磨 フレッシュアイペディアより)

  • 十亀剣

    十亀剣から見た堂上直倫堂上直倫

    愛工大名電高校では2学年上に堂上剛裕、1学年上に丸山貴史、同級生に柴田亮輔、1学年下に堂上直倫、2学年下に柴田章吾がいた。1年の夏にサイドスローに転向。斎賀洋平(JX-ENEOS)の控え投手として、3年春にはセンバツに出場。準決勝の神戸国際大附高校戦で2番手で登板し、4回を1失点。同校の優勝に貢献した。ちなみに決勝の相手の神村学園には7年後同じチームになる野上亮磨がいた。夏の甲子園にも出場。1回戦の清峰高校戦で2番手で好投するも清峰の左腕古川秀一の前に打線が沈黙。初戦敗退に終わった。十亀剣 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た堂上直倫堂上直倫

    ハンカチ世代 - 斎藤佑樹、田中将大、前田健太、坂本勇人、澤村拓一、大石達也、堂上直倫ら1988年4月2日から1989年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 古川秀一

    古川秀一から見た堂上直倫堂上直倫

    清峰高校時代はエースとして2005年の第87回全国高校野球選手権大会に出場し、1回戦で十亀剣(埼玉西武ライオンズ)、柴田亮輔(オリックスバファローズ)、堂上直倫(中日ドラゴンズ)擁する春のセンバツ覇者愛工大名電を下し、2回戦も福井優也(広島東洋カープ)擁する前年度選手権準優勝校・済美を下し旋風を巻き起こし(下剋上サウスポーと呼ばれた)3回戦に進出するも辻内崇伸(読売ジャイアンツ)、平田良介(中日ドラゴンズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)擁する優勝候補筆頭の大阪桐蔭に1-4で敗れる。古川秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年

    1988年から見た堂上直倫堂上直倫

    9月23日 - 堂上直倫、プロ野球選手1988年 フレッシュアイペディアより)

  • 9月23日

    9月23日から見た堂上直倫堂上直倫

    1988年 - 堂上直倫、プロ野球選手9月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た堂上直倫堂上直倫

    9月25日 - 日本プロ野球、高校生ドラフト会議が東京都内のホテルで開催された。抽選のあった4選手の内、田中将大投手は楽天が、堂上直倫内野手は中日が、増渕竜義投手はヤクルトが、大嶺祐太投手はロッテが交渉権を獲得。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た堂上直倫堂上直倫

    堂上照(1970年中日6位) - 堂上剛裕(2003年中日6巡目)、堂上直倫(2006年中日高校生1巡目)プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た堂上直倫堂上直倫

    内野手:1堂上直倫、2荒木雅博、6井端弘和、25新井良太、30森野将彦、37岩崎恭平、42トニ・ブランコ、46岩崎達郎、50中田亮二2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドームから見た堂上直倫堂上直倫

    2005年には全国高等学校野球選手権愛知大会(夏の甲子園の県予選)の準決勝・決勝戦が開催されている。地方大会決勝戦(県代表決定戦)がドームで開かれるのは史上初のことだった(大阪大会では、大阪ドームにて開会式と、その直後の数試合を行っている)。2006年も決勝戦が実施され、現・中日選手の堂上直倫は愛工大名電高校の選手として2年連続で出場した。なお2007年も決勝戦を行う予定だったが雨天中止などの影響により、7月27日(準決勝戦)・28日(決勝戦)の2日間に準々決勝戦を行ったのみとなり、準決勝・決勝は岡崎市民球場で行われた。2008年以降は使用されていない。ナゴヤドーム フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「堂上直倫」のニューストピックワード