46件中 31 - 40件表示
  • 笠原大芽

    笠原大芽から見た堂上直倫堂上直倫

    2017年5月24日の一軍公式戦初登板によって日本プロ野球史上初の親子・兄弟揃っての一軍公式戦登板を記録する。親子・兄弟の一軍公式戦出場は堂上親子(父・堂上照投手、兄・堂上剛裕外野手、弟・堂上直倫内野手)に次いで二例目となる。笠原大芽 フレッシュアイペディアより)

  • 9月23日

    9月23日から見た堂上直倫堂上直倫

    1988年 - 堂上直倫、プロ野球選手9月23日 フレッシュアイペディアより)

  • 床田寛樹

    床田寛樹から見た堂上直倫堂上直倫

    初奪三振:同上、1回裏に堂上直倫から空振り三振床田寛樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た堂上直倫堂上直倫

    5月30日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で、延長10回裏に岸田護からプロ入り初となるサヨナラホームランを放った。本人曰く、「アマチュア時代を含めてもサヨナラ本塁打は打った事がない」とのこと。シーズン中は山崎武司の打撃不振やブランコの離脱により4番を任せられることもあった。勝利打点はチーム1位、リーグトップクラスでありながら打率.249、6本塁打と完全復活とはならず、堂上直倫や高橋周平の起用によりスタメンを外れる日もしばしばあった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡賢二郎

    鶴岡賢二郎から見た堂上直倫堂上直倫

    同年秋にはAAAアジア選手権の日本代表に選出。この時のチームメイトには前述した平田・辻内のほか、田中将大・山口俊・堂上直倫ら、後にプロ入りする選手が数多くいた。鶴岡賢二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た堂上直倫堂上直倫

    1年を通してみると、序盤には先発投手陣の不調、野手では主力の井端がシーズン中盤から故障による長期離脱などがあり、一時は首位巨人に最大8ゲーム差をつけられたが、浅尾や高橋ら中継ぎ投手陣の活躍、和田や森野らがチームを牽引する一方で井端に代わってレギュラーに定着した堂上直倫ら若手の台頭、などもあり、後半戦から追い上げを見せた。優勝マジックを1とした10月1日、チームは試合がなかったものの、マジック対象の阪神が広島に敗れたことから4年ぶり8度目のリーグ優勝となり、巨人のリーグ4連覇を阻止した。なお、この年はJリーグ・名古屋グランパスエイトもJ1リーグ初制覇を果たしており、プロ野球・Jリーグの双方で名古屋市に本拠地を置くチームが優勝に沸くこととなった。自己最多の37本塁打を放った和田一浩がMVPに輝いた。クライマックスシリーズでは、3位の巨人と第2ステージを戦い4勝1敗として、3年ぶりに日本シリーズ出場。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、大車輪の活躍だった浅尾が第6戦以降は大ブレーキ。8回2死2塁の状況でに2ストライクと追い込みながらサブローに同点タイムリーを打たれて好投していたチェンの勝ちを消滅させてしまい延長戦。その後10回裏から14回裏まで5イニング連続で得点圏に走者を進めながらその全てで得点を奪えずしかも9回から小池、荒木、当時代打の岩崎達郎と3イニング続けてその前のバッターが出塁しながら送りバントを失敗したのも祟り延長15回まで、シリーズ歴代最長時間試合となる5時間43分の末、2対2で引き分け。第7戦は2試合連続の延長戦となったが、慣れない4イニング目の浅尾が今江にフォアボールを与え岡田幸文に決勝のタイムリースリーベースヒットを打たれて自滅しロッテに7対8で逆転負けで敗れ、2勝4敗1分で敗退。第6戦に記録したチームの16残塁は日本シリーズ史上最多という不名誉なおまけもついてしまった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 堂上照

    堂上照から見た堂上直倫堂上直倫

    かつて中日に所属し2017年に現役を引退した堂上剛裕は長男。現在中日に所属する堂上直倫は次男である。なお息子の兄弟が同じチームに所属することについては、ポジションで競合する可能性が高く(入団当時剛裕は内野手だった)、同時に試合に出場できる事が少なくなることなどから、「親心としては本当は別々のチームでプレイして欲しかった」とも語っている。堂上照 フレッシュアイペディアより)

  • 大森剛

    大森剛から見た堂上直倫堂上直倫

    光星学院の坂本勇人を高校2年生のころから密着マーク、2006年の高校生ドラフト1位候補として積極的に球団に推薦していた。しかし編成のトップである球団代表の清武英利、現場のトップである球団監督の原辰徳らは、甲子園で活躍した愛工大名電の堂上直倫を指名する結論を固めていた。それでも「進退をかけて(大森本人談)」大森は坂本を猛プッシュし、「ハズレ1位なら坂本を指名」という条件が固まった。結果、巨人は堂上の交渉権を外し、ハズレ1位で坂本を獲得する。坂本は2年目からショートのレギュラーに定着し、巨人の中心選手として活躍している。大森剛 フレッシュアイペディアより)

  • 春日井市

    春日井市から見た堂上直倫堂上直倫

    堂上直倫(プロ野球選手)春日井市 フレッシュアイペディアより)

  • プレストン・ギルメット

    プレストン・ギルメットから見た堂上直倫堂上直倫

    初奪三振:2017年4月26日、対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤドーム)、6回裏に堂上直倫から空振り三振(振り逃げ)プレストン・ギルメット フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「堂上直倫」のニューストピックワード