44件中 21 - 30件表示
  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た堂上照

    父は元中日ドラゴンズ投手の堂上照、兄の堂上剛裕も中日ドラゴンズ所属の外野手。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た岩崎達郎

    2010年、二塁を守る井端弘和が故障で離脱したことから、代役に指名される。井端の登録抹消日の6月11日から、二軍の試合に中学2年生時以来という二塁手として出場するようになり、6月16日に一軍昇格。その日の対日本ハム戦から先発の機会が与えられたが暫くは低打率が続いた。6月18日の対巨人戦でプロ入り初安打、6月27日の対広島戦でプロ入り初本塁打を放つなど最終的に兄である剛裕の58試合を上回る82試合出場で打率.263、5本塁打、30打点と井端の穴を埋める活躍を見せ、急造の二塁守備も失策2と安定していた。試合終盤の守備固めでは岩崎達郎が二塁を守り、堂上は本職である三塁を守ることが多かった。8月6日の対阪神戦では、兄の剛裕と共にお立ち台に上がった。また、この年で4年間居た昇竜館を退寮し、名古屋市内のマンションで、一人暮らしを始めた。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見たシカゴ・カブス

    プロ1年目の2007年は一軍出場はなかったが、ウエスタン・リーグでは出場試合数の8割近くを4番・三塁手で先発出場した。打率は低迷したが、本塁打はチーム3位、打点はチーム2位と、長打力と勝負強さはあった。また、シーズン終了後、福留孝介がシカゴ・カブスへ移籍したことにより、背番号を24から1に変更した。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た全国高等学校野球選手権愛知大会

    2005年(平成17年)夏の甲子園に向けた愛知県大会では、豊田大谷高校とのナゴヤドームでの決勝戦で本塁打を放った。2006年(平成18年)夏の甲子園に向けた愛知県大会では、10四球と勝負を避けられる場面が多かったが、14打数7安打と打率5割を記録し、県大会優勝の原動力として活躍。しかし、本大会では初戦敗退を喫した。高校時代の甲子園3大会(2005年春、2005年夏、2006年夏)の通算打率は.480。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た阪神タイガース

    2006年ドラフト会議にて、中日、阪神、巨人の3球団から1巡目指名を受け、中日が抽選で交渉権を獲得したため、父・兄と同じチームに入ることになった。親子3人がプロ野球選手かつ同一球団に所属するということは史上初であった。なおこの時の阪神ハズレ1位は野原将志、巨人ハズレ1位は坂本勇人である。背番号は24。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た中日ドラゴンズ

    堂上 直倫(どのうえ なおみち、1988年(昭和63年)9月23日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(内野手)。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た広島東洋カープ

    2010年、二塁を守る井端弘和が故障で離脱したことから、代役に指名される。井端の登録抹消日の6月11日から、二軍の試合に中学2年生時以来という二塁手として出場するようになり、6月16日に一軍昇格。その日の対日本ハム戦から先発の機会が与えられたが暫くは低打率が続いた。6月18日の対巨人戦でプロ入り初安打、6月27日の対広島戦でプロ入り初本塁打を放つなど最終的に兄である剛裕の58試合を上回る82試合出場で打率.263、5本塁打、30打点と井端の穴を埋める活躍を見せ、急造の二塁守備も失策2と安定していた。試合終盤の守備固めでは岩崎達郎が二塁を守り、堂上は本職である三塁を守ることが多かった。8月6日の対阪神戦では、兄の剛裕と共にお立ち台に上がった。また、この年で4年間居た昇竜館を退寮し、名古屋市内のマンションで、一人暮らしを始めた。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た愛知工業大学名電高等学校

    中学卒業後は、野球の名門校として知られる愛工大名電高校に入学。1年生からレギュラーを獲得し、2005年(平成17年)春の第77回選抜高等学校野球大会では、4番に座り2本塁打を記録し優勝に貢献した。同年9月には全日本高校選抜として、韓国で行われた第六回アジアAAA選手権大会に参加し、2本塁打で最多本塁打のタイトルを獲得。ポジションは遊撃手、選抜優勝時には三塁手として出場した。高校通算55本塁打で、他校の捕手から「どこに投げても打たれるから投げる球が無い」と言わせる程の打撃センスの持ち主である。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た2009年

    2009年3月1日の日本ハムとのオープン戦で金森敬之からオープン戦初本塁打となる2点本塁打を放つ。また、この2打席前には兄・剛裕も本塁打を放っており、オープン戦で同一イニングのアベック弾は史上初であったが、開幕一軍を果たすことはできなかった。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た第88回全国高等学校野球選手権大会

    2005年(平成17年)夏の甲子園に向けた愛知県大会では、豊田大谷高校とのナゴヤドームでの決勝戦で本塁打を放った。2006年(平成18年)夏の甲子園に向けた愛知県大会では、10四球と勝負を避けられる場面が多かったが、14打数7安打と打率5割を記録し、県大会優勝の原動力として活躍。しかし、本大会では初戦敗退を喫した。高校時代の甲子園3大会(2005年春、2005年夏、2006年夏)の通算打率は.480。堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「堂上直倫」のニューストピックワード