222件中 31 - 40件表示
  • 堂本光一

    堂本光一から見た王貞治

    スポーツで好きなのは野球で、昔は1位に野球、2位にモータースポーツを挙げていた。プロ野球では巨人ファンであり、なかでも原辰徳監督や川相昌弘のファン。芦屋で幼稚園に通っていた頃、母親と散歩中に近所の竹園ホテルで王貞治監督に遭遇し、サインをもらった上に「大きくなったら巨人軍にいらっしゃい」という言葉をもらったり、2000年に収録現場でバッタリ会った巨人の上原浩治選手にストレートの投げ方を教えてもらったこともある。野球好きと巨人ファンであることを公言していたため、野球界で何かあると各スポーツ紙にコメントを求められて発表することもあるが、好きな選手が引退したこともあり、2007年頃には「最近のプロ野球事情はわからない」というような発言が増えて野球の話は減り、次第にF1の話の割合の方が多くなっていった。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たボン・ジョヴィ

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たエリック・クラプトン

    幼少期は母親の影響によりTOTOやエリック・クラプトン、イーグルスなど洋楽を多く聴いており、大人になってからも好きなアーティストにはBon Joviらを挙げている。初めて買ったCDは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」で、『LOVE LOVEあいしてる』のスペシャルで小田がゲスト出演した時にはセッションが実現した。その他、お気に入りの楽曲としてよく挙げているのは串田アキラの「宇宙刑事ギャバン」。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た原辰徳

    スポーツで好きなのは野球で、昔は1位に野球、2位にモータースポーツを挙げていた。プロ野球では巨人ファンであり、なかでも原辰徳監督や川相昌弘のファン。芦屋で幼稚園に通っていた頃、母親と散歩中に近所の竹園ホテルで王貞治監督に遭遇し、サインをもらった上に「大きくなったら巨人軍にいらっしゃい」という言葉をもらったり、2000年に収録現場でバッタリ会った巨人の上原浩治選手にストレートの投げ方を教えてもらったこともある。野球好きと巨人ファンであることを公言していたため、野球界で何かあると各スポーツ紙にコメントを求められて発表することもあるが、好きな選手が引退したこともあり、2007年頃には「最近のプロ野球事情はわからない」というような発言が増えて野球の話は減り、次第にF1の話の割合の方が多くなっていった。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た及川光博

    その風貌からファンやメディアに昔から"王子"と称されることが多く、オリコンの白馬の王子様ランキングで1位になったこともある。同じく王子を自称していた及川光博からも「日本の王子様は光一君、君だけだよ」と言われ、堤幸彦は「王子といえば光一」という発想からドラマ『スシ王子!』の主役に光一を抜擢した。その呼び方は日本にとどまらず、2011年のソロアジアツアーで韓国に行った際は、プロモーションのために出演した音楽番組『M! Countdown』で"Asian Lovely Prince"と紹介された。年齢を重ね、"王様"に変えようとした動きもあるが、その呼び方はいまだ根強い。ちなみに本人は「随分前からネタです」と割り切っている。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たスシ王子!

    その風貌からファンやメディアに昔から"王子"と称されることが多く、オリコンの白馬の王子様ランキングで1位になったこともある。同じく王子を自称していた及川光博からも「日本の王子様は光一君、君だけだよ」と言われ、堤幸彦は「王子といえば光一」という発想からドラマ『スシ王子!』の主役に光一を抜擢した。その呼び方は日本にとどまらず、2011年のソロアジアツアーで韓国に行った際は、プロモーションのために出演した音楽番組『M! Countdown』で"Asian Lovely Prince"と紹介された。年齢を重ね、"王様"に変えようとした動きもあるが、その呼び方はいまだ根強い。ちなみに本人は「随分前からネタです」と割り切っている。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た光GENJI

    小学校6年生の時、少年隊ファンの姉が勝手に郵送した履歴書がジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川の目にとまり、直接電話で当時神戸で行われていた光GENJIのコンサートに招待される。それまでも姉の影響で『PLAYZONE'89 Again』や『PLAYZONE'90 MASK』などのミュージカルは観ていたものの、本人は特に興味が無かった。しかしこのコンサートを観ているうちに「かっこええな、やってみようかな」と思い始め、12歳の時に再び光GENJIのコンサートを横浜アリーナで鑑賞したその場で事務所入りを決める。母親がこの時、社長にたった一言「よろしくお願いします」と言って頭を下げた姿を忘れられないと本人はインタビューで話している。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たハウス食品

    ハウス食品「カップシチュー」(2007年9月15日 - )堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見たオリコン

    その風貌からファンやメディアに昔から"王子"と称されることが多く、オリコンの白馬の王子様ランキングで1位になったこともある。同じく王子を自称していた及川光博からも「日本の王子様は光一君、君だけだよ」と言われ、堤幸彦は「王子といえば光一」という発想からドラマ『スシ王子!』の主役に光一を抜擢した。その呼び方は日本にとどまらず、2011年のソロアジアツアーで韓国に行った際は、プロモーションのために出演した音楽番組『M! Countdown』で"Asian Lovely Prince"と紹介された。年齢を重ね、"王様"に変えようとした動きもあるが、その呼び方はいまだ根強い。ちなみに本人は「随分前からネタです」と割り切っている。堂本光一 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本光一

    堂本光一から見た集英社

    集英社『週刊プレイボーイ』「堂本光一 コンマ一秒の恍惚」(2016年10月 - ) ※月1連載→隔週連載堂本光一 フレッシュアイペディアより)

222件中 31 - 40件表示

「堂本光一」のニューストピックワード