323件中 11 - 20件表示
  • 猫☆魂

    猫☆魂から見た堤幸彦堤幸彦

    2004年、「アンラッキー・デイズ?ナツメの妄想?」がフジテレビの「劇団演技者。」の第1作として堤幸彦演出によりドラマ化。(西永らメンバーも出演している。)猫☆魂 フレッシュアイペディアより)

  • 2LDK (映画)

    2LDK (映画)から見た堤幸彦堤幸彦

    『2LDK』(にーエルディーケー)は、2003年公開の日本映画。監督は堤幸彦、製作は「DUEL」パートナーズ。DUEL(対決)というテーマで北村龍平監督の『荒神』と競作された中編映画。2LDK (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 中津留章仁

    中津留章仁から見た堤幸彦堤幸彦

    2003年に上演された第7回公演「TRASHMASTAURANT」がCXの深夜番組「演技者。」にてドラマ化。第8回公演以降は、ストレートプレイの枠組みの中で、より独創的で革新性あふれる舞台表現を求めて作風を一新する。現在では、現代社会が抱える問題等を取り入れた骨太な物語で、観る者の魂を揺さぶる重厚な人間ドラマを中心に描いている。近年は、長い上演時間や、床面まで変えてしまう場面転換、笑いの要素を一切排除する手法など、現行の演劇制作からはタブーとされる条件を内包しながら「演劇の未来」「可能性」を模索することに挑戦し続けている。あくなき探究心と日々の研究に裏打ちされた他に類を見ない確かな舞台表現は、演劇関係者のみならず、堤幸彦をはじめ、映画・テレビ関係者からの熱い支持を集めている。中津留章仁 フレッシュアイペディアより)

  • あの夏のバイク

    あの夏のバイクから見た堤幸彦堤幸彦

    『夕やけニャンニャン』の企画及び自身のビデオ作品『HELLO!アメリカ』(1986年12月12日発売、堤幸彦監督)の制作のため、同年10月にニューヨークからロサンゼルスまでアメリカ大陸をバイクで横断した。その際に撮影されたビデオ映像や写真、国生の感動や感想の言葉をもとにイメージを膨らませて秋元康が作詞をして制作された楽曲。翌1987年2月発売のセカンドアルバム『BALANCE OF HEART』では、シングルとはアレンジの異なるバンド・バージョンを収録。ややアメリカンロックを意識した仕上がりになっている。あの夏のバイク フレッシュアイペディアより)

  • おかげ様で!

    おかげ様で!から見た堤幸彦堤幸彦

    地元名古屋出身の堤幸彦が監督を務め、ロケもすべて名古屋で行われた。出演者も主要出演者の中で主人公であるNAOTO以外は愛知県出身者で占め、ロケ地も名古屋テレビ塔や名古屋港水族館、大須など名古屋に住む人間にとってはお馴染みのスポットが数多く登場する。また、主人公の実家で舞台のひとつでもあるきしめん屋の壁にはドラゴンズグッズが飾られており、メニューにもドラゴンズの選手の名前を付けるなど、名古屋色が強いものとなっている。おかげ様で! フレッシュアイペディアより)

  • 加藤家へいらっしゃい! 〜名古屋嬢っ〜

    加藤家へいらっしゃい! 〜名古屋嬢っ〜から見た堤幸彦堤幸彦

    『加藤家へいらっしゃい! 〜名古屋嬢っ〜』(かとうけへいらっしゃい なごやじょうっ)は、名古屋テレビが制作した日本のテレビドラマ作品である。堤幸彦の原案・演出による、ホームコメディドラマである。加藤家へいらっしゃい! 〜名古屋嬢っ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜

    石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜から見た堤幸彦堤幸彦

    企画監修には秋元康、演出には堤幸彦という豪華作家陣が名を連ねる。石橋を叩いて笑う〜ゴッホの耳〜 フレッシュアイペディアより)

  • コラーッ!とんねるず

    コラーッ!とんねるずから見た堤幸彦堤幸彦

    とんねるず初主演のコント番組で、『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『深夜劇場 トライアングル・ブルー』などとともに活動初期の彼らを代表する番組である。演出陣には、後に映画監督としても活動する堤幸彦(ハロルドKITAGAWA)も名を連ねていた。その一方で、節目となる回以外では有名人ゲストなどは一切登場せず、とんねるず以外は当時無名の劇団俳優(「町くん」(男性)、「雨宮ちゃん」(女性)、「乳ナヲミ」(片岡鶴太郎とデュエットしていた女性)が数人登場するのみであった。また、「ボブ」こと市川マネージャーもたびたび出演していた。コラーッ!とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • 四谷くんと大塚くん/天才少年探偵登場の巻

    四谷くんと大塚くん/天才少年探偵登場の巻から見た堤幸彦堤幸彦

    随所に堤幸彦の面白演出が散りばめられており、各キャラクターも面白く放送も好評だった為、DVD化もされている。見所の一つは「哀川翔 のヤクザ役ではなくて刑事役」。OPとEDのイラストはプロデュサーの磯山晶が書いている。四谷くんと大塚くん/天才少年探偵登場の巻 フレッシュアイペディアより)

  • 白石達也

    白石達也から見た堤幸彦堤幸彦

    白石達也(しらいし たつや、1974年)は堤幸彦監督を長く支え、ドラマや映画業界で活躍している映画監督。白石達也の代表作には、『20世紀少年』3部作、『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』などがある。白石達也 フレッシュアイペディアより)

323件中 11 - 20件表示

「堤幸彦」のニューストピックワード