232件中 11 - 20件表示
  • 荻原浩

    荻原浩から見た堤幸彦堤幸彦

    広告制作会社、コピーライターを経て、1997年『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。その後はなかなかヒット作が出ず鳴かず飛ばずの時期が続いたが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優渡辺謙が『SAYURI』の撮影中ハリウッドの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、セルフプロデュースで2006年5月に映画化された。なおこれが渡辺自身にとって初主演作品となる。ちなみに、当初渡辺謙から手紙が来た際には「まさか本人ではないだろう」と思っていたが、これが本人のものだと知り仰天したというエピソードが残っている。荻原浩 フレッシュアイペディアより)

  • 多田木亮佑

    多田木亮佑から見た堤幸彦堤幸彦

    堤幸彦とは親友であり、堤が関わる作品(映画『溺れる魚』、テレビドラマ『加藤家へいらっしゃい! 〜名古屋嬢っ〜』など)に多く出演している。多田木亮佑 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤裕子

    安藤裕子から見た堤幸彦堤幸彦

    2002年当時、役者と並行して音楽活動の準備をしていたが、ドラマ出演を通じて親交のあった堤幸彦の監督作品映画『2LDK』のエンディングテーマに、デモバージョンであった「隣人に光が差すとき」が抜擢される。堤は安藤から渡された同曲のデモテープを聴いて即決したそうである。なお、この時の名義は「安藤ゆう子」だった。安藤裕子 フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見た堤幸彦堤幸彦

    1月30日: 特別番組「堤幸彦と浦沢直樹のオールナイトニッポン〜20世紀少年第2章スペシャル〜」のため番組が休止。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 猫☆魂

    猫☆魂から見た堤幸彦堤幸彦

    2004年、「アンラッキー・デイズ?ナツメの妄想?」がフジテレビの「劇団演技者。」の第1作として堤幸彦演出によりドラマ化。(西永らメンバーも出演している。)猫☆魂 フレッシュアイペディアより)

  • 三島 ゆたか

    三島ゆたかから見た堤幸彦堤幸彦

    溺れる魚(2001年、堤幸彦監督) - ピグモン三島ゆたか フレッシュアイペディアより)

  • JURIAN BEAT CRISIS

    JURIAN BEAT CRISISから見た堤幸彦堤幸彦

    MVの監督は堤幸彦YouTube - JURIAN BEAT CRISIS / サクラ舞うJURIAN BEAT CRISIS フレッシュアイペディアより)

  • 寺井禎浩

    寺井禎浩から見た堤幸彦堤幸彦

    2010年 - 第二回「キバコの会」演出 堤幸彦 アソシエイトプロデューサー寺井禎浩 フレッシュアイペディアより)

  • 林一嘉

    林一嘉から見た堤幸彦堤幸彦

    脚本、撮影、編集、アクション、主演もこなす。造形を得意とし劇中のロゴや造形物、ポスターも担当している。何でも一人でなこす姿勢から、堤幸彦監督からは「愛知インディーズムービーの雄」と言われている。林一嘉 フレッシュアイペディアより)

  • 家族八景

    家族八景から見た堤幸彦堤幸彦

    2012年2月10日、16日、23日の3回にわたってニコニコ生放送で『家族八景Presents 七瀬の夜語り』と題したトーク番組が配信され、木南晴夏とゲストが出演して撮影の裏話などを語った。ゲストは、佐藤二朗(2月10日)、大月俊倫(2月16日)、堤幸彦(2月23日)。家族八景 フレッシュアイペディアより)

232件中 11 - 20件表示

「堤幸彦」のニューストピックワード