323件中 41 - 50件表示
  • 犬山 イヌコ

    犬山イヌコから見た堤幸彦堤幸彦

    堤幸彦とは縁があり、堤が関係する作品にはたびたび起用されている。犬山イヌコ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川信二

    瀬川信二から見た堤幸彦堤幸彦

    2012年 - 鈴木羊の新作『?』をメンバー兼、プロデューサーとして参加し、リリース。オセロケッツの森山公一とアメリカーナセッションを主催。戸田恵子主演、堤幸彦演出の舞台アクトレスにセンチメンタル・シティ・ロマンスとして参加。吹越満の舞台ポリグラフの舞台音楽を鈴木羊と手がける。瀬川信二 フレッシュアイペディアより)

  • BEST FRIENDS (真野恵里菜のアルバム)

    BEST FRIENDS (真野恵里菜のアルバム)から見た堤幸彦堤幸彦

    2013年2月23日にハロー!プロジェクトを卒業した真野の初となるベストアルバム。メジャーデビューシングル曲「乙女の祈り」から、2013年2月時点での最新シングル「NEXT MY SELF」までの全シングル曲と、新曲「ゼンブダイスキ」「みんな、ありがとう。」映画監督で舞台演出家の堤幸彦が作詞を手がけた「練馬Calling!」が収録されている。また、初回限定盤には真野恵里菜シングルオーディオコメンタリーが収録されたDVDが付属している。BEST FRIENDS (真野恵里菜のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ミムラ (女優)

    ミムラ (女優)から見た堤幸彦堤幸彦

    2015年(平成27年)1月、舞台『スタンド・バイ・ユー〜家庭内再婚〜』で自身初の舞台出演で初主演。本番前の稽古中に肋骨にヒビが入り、安静30日間の診断書を受けたが、休演はせず大千秋楽まで完走した。演出の堤幸彦は「ミムラさんは機械のように正確なんです。なんだけど、人間味がすごくあるんです。ものすごく考えて来てるんです。人間として幅広い芝居になっています。」などと評している。ミムラ (女優) フレッシュアイペディアより)

  • ダイアモンド☆ユカイ

    ダイアモンド☆ユカイから見た堤幸彦堤幸彦

    20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (2009年、堤幸彦監督) - コンサートの客 役ダイアモンド☆ユカイ フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)

    ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)から見た堤幸彦堤幸彦

    2005年に松竹により製作が発表、この席では、監督は堤幸彦で2006年の公開と発表され、鬼太郎役のイメージは堂本剛であると語られている。ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画) フレッシュアイペディアより)

  • 坂口涼太郎

    坂口涼太郎から見た堤幸彦堤幸彦

    TAKE BLUE(堤幸彦監督作品 予告編+本編6話 洋服の青山FACEBOOK連動) - 青山刑事 役坂口涼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • トリック (テレビドラマ)

    トリック (テレビドラマ)から見た堤幸彦堤幸彦

    演出 - 堤幸彦、保母浩章、大根仁、木村ひさし、鬼頭理三、丸毛典子トリック (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 荻原浩

    荻原浩から見た堤幸彦堤幸彦

    なかなかヒットに恵まれなかったが、若年性アルツハイマーをテーマに2004年に発表された『明日の記憶』が、翌年(2005年)の第2回本屋大賞の第2位にランクインする。そしてその1か月後の同年5月、第18回山本周五郎賞に輝く。同作品は俳優の渡辺謙がロサンゼルスの本屋で知りその内容に深く感動、渡辺自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願、監督に堤幸彦を迎え、2006年5月に映画化された。なおこれが渡辺自身にとって初主演作品となる。。荻原浩 フレッシュアイペディアより)

  • 真田十勇士 (2014年の劇作品)

    真田十勇士 (2014年の劇作品)から見た堤幸彦堤幸彦

    『真田十勇士』(さなだじゅうゆうし)は、2014年に上演された日本の舞台劇。真田十勇士を題材とした舞台作品は古くから数多く上演されてきたが、本作はマキノノゾミの脚本、堤幸彦の演出、中村勘九郎の主演による。真田十勇士 (2014年の劇作品) フレッシュアイペディアより)

323件中 41 - 50件表示

「堤幸彦」のニューストピックワード