前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示
  • 秀吉 (NHK大河ドラマ)

    秀吉 (NHK大河ドラマ)から見た堺屋太一堺屋太一

    『秀吉』(ひでよし)は、1996年1月7日から12月22日にかけて放送された第35作目のNHK大河ドラマ。原作:堺屋太一、脚本:竹山洋、主演:竹中直人。全49話。秀吉 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 上海国際博覧会

    上海国際博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一によれば、1984年に堺屋が汪道涵上海市長に中国発展の起爆剤として万博開催を提案し、1985年からは新しく上海市長となった江沢民のもとで万博構想の具体化が進められた。上海国際博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の一体化

    世界の一体化から見た堺屋太一堺屋太一

    杉山正明、岡田英弘らを主とする中央ユーラシア史の研究者からは、この13、14世紀の大モンゴル時代を世界史におけるひとつの分水嶺ととらえ、「近代」につながる諸要素を指摘する声があがっている。杉山らは、モンゴル帝国自身が陸上だけでなく海上の帝国の面もそなえて海上ルートのシステム化をも推進した結果、以後の陸上国家は単なる陸上国家ではなくなったのであり、また、16世紀に隆盛をほこったロシア帝国、オスマン帝国、ムガル帝国、明朝などの大規模国家(ユーラシア近世帝国)はモンゴル帝国およびその地方政権の後継国家としての性格を有し、いわゆる「大航海時代」もモンゴル時代を前提にしなければ理解しにくいことを指摘しており、比較文明史の湯浅赳男、世界システム論の山下範久らの論者もこの観点に着目した所論を展開している。また、堺屋太一など、モンゴルが世界史に果たした役割を重視する知識人も少なくない。『堺屋太一が解くチンギス・ハンの世界』などがそれに該当する。堺屋は、このなかで、大量報復思想、信仰の自由、「世界」の3つを「ジンギス・カンの三大発明」と呼称し、従来の統治体制にない3つの思想と手段だとして高く評価している。世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た堺屋太一堺屋太一

    (朝刊) 渡辺淳一『愛の流刑地』→堺屋太一『世界を創った男――チンギス・ハン』→北方謙三『望郷の道』→高樹のぶ子『甘苦上海』(挿絵佐藤泰生)(?2009年10月31日)→辻原登『韃靼の馬』(挿絵宇野亜喜良)(現在連載中)日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 平成日本のよふけ

    平成日本のよふけから見た堺屋太一堺屋太一

    経済企画庁長官・作家堺屋太一平成日本のよふけ フレッシュアイペディアより)

  • 渡部昇一

    渡部昇一から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一・竹村健一と交流が深く、渡部を含めて三ピン(一)と渾名されているばかりか三人一緒に講演会を催したり共著書を出したりしている。また、関西大学名誉教授の谷沢永一とも親しい。渡部昇一 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た堺屋太一堺屋太一

    2007年(平成19年)12月に2008年大阪府知事選挙への立候補が報道されたが、当初は「2万%あり得ない」と否定した。後の出馬会見で、実際には自民党の古賀誠・選挙対策委員長、堺屋太一らと東京で会い、立候補を了承していたこと、報道された場合は会談自体なかったことにすることで合意していたことを明らかにした。2007年12月11日、再び大阪府知事選挙への立候補の意思があると報じられ、マスメディアの報道が出馬と否定に割れたが、本人は12月11日午後に再度否定した。翌12日、大阪府庁で行われた記者会見において正式に出馬表明。普段のラフなスタイルと打って変わって髪は黒く、サングラス(色付き眼鏡)も掛けず、スーツにネクタイ姿で現れた。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎久彦

    岡崎久彦から見た堺屋太一堺屋太一

    (渡部昇一・猪木正道・唐津一・西尾幹二・竹村健一・三浦朱門・西部邁・堺屋太一・加藤寛・田久保忠衛・曽野綾子・小堀桂一郎・石原慎太郎・上坂冬子)『日本の正論?21世紀日本人への伝言』(産経新聞ニュースサービス、2001年7月)ISBN 978-4594032166岡崎久彦 フレッシュアイペディアより)

  • PHP新書

    PHP新書から見た堺屋太一堺屋太一

    『日本を創った12人』(堺屋太一)※全2巻PHP新書 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット博覧会

    インターネット博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    インターネット博覧会(インターネットはくらんかい、通称インパク、英語名:Internet Fair 2001 Japan)とは経済企画庁長官(企画当時)堺屋太一の発案のもと日本政府のミレニアム記念事業の一環、また経済振興策として2000年12月31日から2001年12月31日まで1年間行われた、博覧会を模したインターネット上の行事である。愛称(キャッチコピー)は楽網楽座(らくもうらくざ)。現実のイベントも各地で連動して開催された。インターネット博覧会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
112件中 1 - 10件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード