前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示
  • 秀吉 (NHK大河ドラマ)

    秀吉 (NHK大河ドラマ)から見た堺屋太一堺屋太一

    『秀吉』(ひでよし)は、1996年1月7日から12月22日にかけて放送された第35作目のNHK大河ドラマ。原作:堺屋太一、脚本:竹山洋、主演:竹中直人。全49話。秀吉 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • インターネット博覧会

    インターネット博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    インターネット博覧会(インターネットはくらんかい、通称インパク、)とは、経済企画庁長官(企画当時)堺屋太一の発案の元、日本国政府のミレニアム記念事業の一環、また経済振興策として2000年12月31日から2001年12月31日まで1年間行われた、博覧会を模したインターネット上の行事である。愛称(キャッチコピー)は楽網楽座(らくもうらくざ)。現実のイベントも各地で連動して開催された。インターネット博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • PHP新書

    PHP新書から見た堺屋太一堺屋太一

    日本を創った12人(堺屋太一)※全2巻PHP新書 フレッシュアイペディアより)

  • 平成日本のよふけ

    平成日本のよふけから見た堺屋太一堺屋太一

    経済企画庁長官・作家堺屋太一平成日本のよふけ フレッシュアイペディアより)

  • 上海国際博覧会

    上海国際博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一によれば、1984年に堺屋が汪道涵上海市長に中国発展の起爆剤として万博開催を提案し、1985年からは新しく上海市長となった江沢民のもとで万博構想の具体化が進められ、上海万博準備室の黄耀誠副主任の要請で堺屋は高級顧問も務めた。上海国際博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本産業館

    日本産業館から見た堺屋太一堺屋太一

    日本産業館(にほんさんぎょうかん)は、2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国の上海市の上海世博園で開かれていた上海国際博覧会(上海万博)に出展されていた民間企業・自治体のパビリオンである。総合プロデューサーは、堺屋太一。建物は江南造船の造船所の建物を再利用した大屋根の下に、シスコ館・交通銀行と共に建てられていた。日本産業館 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎久彦

    岡崎久彦から見た堺屋太一堺屋太一

    (渡部昇一・猪木正道・唐津一・西尾幹二・竹村健一・三浦朱門・西部邁・堺屋太一・加藤寛・田久保忠衛・曽野綾子・小堀桂一郎・石原慎太郎・上坂冬子)岡崎久彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木かをり

    佐々木かをりから見た堺屋太一堺屋太一

    2001年1月森内閣の堺屋太一経済企画庁長官主導のIT戦略本部有識者本部員、2001年4月第1次小泉内閣の総合規制改革会議(議長:宮内義彦)委員を皮切りに、内閣府国民生活審議会・物価安定政策会議委員、同男女共同参画会議「仕事と子育ての両立支援に関する専門調査委員会」委員、公正取引委員会の独占禁止懇話会員、法務省法制審議会委員、総務省情報通信行政・郵政行政審議会委員、第2次安倍内閣では内閣府規制改革会議委員などを歴任。堺屋太一や吉川元偉からは高い評価を得ている。佐々木かをり フレッシュアイペディアより)

  • 団塊の世代

    団塊の世代から見た堺屋太一堺屋太一

    団塊の世代(だんかいのせだい)とは、日本において、第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指す。焼け跡世代(あるいは戦中生まれ世代)の次の世代に当たり、第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)?1949年(昭和24年)に生まれて、文化的な面や思想的な面で共通している戦後世代のことである。第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。日本経済においては第二次世界大戦後の高度経済成長、バブル景気を経験している。この用語は堺屋太一の小説、「団塊の世代 (小説)」に由来している。団塊の世代 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の新聞

    日本の新聞から見た堺屋太一堺屋太一

    (朝刊)渡辺淳一『愛の流刑地』→堺屋太一『世界を創った男――チンギス・ハン』→北方謙三『望郷の道』→高樹のぶ子『甘苦上海』(挿絵:佐藤泰生)(〜2009年10月31日)→辻原登『韃靼の馬』(挿絵:宇野亜喜良)(現在連載中)日本の新聞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード