112件中 91 - 100件表示
  • 榊原英資

    榊原英資から見た堺屋太一堺屋太一

    (水野清・岡本行夫・堺屋太一)『「官僚」と「権力」――省庁再編はなぜねじ曲げられたか』(小学館[小学館文庫], 2001年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利元就

    毛利元就から見た堺屋太一堺屋太一

    毛利元就 秀吉が、そして家康が畏怖した男(堺屋太一)ほか毛利元就 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田宏一

    浜田宏一から見た堺屋太一堺屋太一

    (堺屋太一) 『進むべき道―日本は楽しくなれる』 (PHP研究所, 2001年)浜田宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 石田三成

    石田三成から見た堺屋太一堺屋太一

    『巨いなる企て』(堺屋太一石田三成 フレッシュアイペディアより)

  • 団塊の世代

    団塊の世代から見た堺屋太一堺屋太一

    作家の堺屋太一が通商産業省鉱山石炭局在籍時の1970年代前半に命名し、1976年(昭和51年)に発表した小説『団塊の世代』で、「団塊の世代」が日本社会に及ぼす大きな影響が一般社会にも認識された。アメリカ合衆国でも同様の現象が見られており、こちらは「ベビーブーマー」と呼ばれている。団塊の世代 フレッシュアイペディアより)

  • 明智光秀

    明智光秀から見た堺屋太一堺屋太一

    1989年 『鬼と人と ? 信長と光秀』 堺屋太一 著 (PHP研究所)明智光秀 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストライター

    ゴーストライターから見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一 - 趣味が高じてプロレス本『プロレス式 最強の経営 「好き」と「気迫」が組織を変える』を執筆したが、自分の名義ではなく『週刊プロレス』編集長のターザン山本を著者として立てて出版し、印税も受け取らなかった。ゴーストライター フレッシュアイペディアより)

  • 安野光雅

    安野光雅から見た堺屋太一堺屋太一

    『カルチャー・ライフの知恵』 堺屋太一、松本克美共著、新潮社、1980年安野光雅 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た堺屋太一堺屋太一

    元経済企画庁長官の堺屋太一は「現場に行ったときに果たして正確な情報が得られるのか。総理大臣は通信情報の拠点におられた方が良かった」と指摘し、衆議院議員の加藤紘一は「担当大臣を派遣するっていうのが本来の第一歩だと思います。総理大臣は大将ですから、一番官邸にいて指示を出すっていうのがいい対応」と指摘した。さらに、安倍の行動については「首相が発生直後に行けば、現場が首相への対応に人手を割かなければいけなくなり、行っても混乱するだけだ」との指摘もなされている。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 祥伝社

    祥伝社から見た堺屋太一堺屋太一

    80年代の読み方(堺屋太一祥伝社 フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード