129件中 111 - 120件表示
  • 覆面作家

    覆面作家から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一 - 本名は池口小太郎。「油断!」では、勤務先の通商産業省(現・経済産業省)を「某中央官庁」としていた。覆面作家 フレッシュアイペディアより)

  • 光源氏

    光源氏から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は著書『日本を創った12人』(1996年、PHP新書全二巻、のちPHP文庫全一巻)において源頼朝・織田信長・徳川家康らと並んで光源氏を取り上げ、「平安貴族の典型としての光源氏は虚構の人物ながら後世の日本人に大きな影響を与えた」「光源氏は日本人が考える『貴族』『上品な人』の概念の原点」としている。また、堺屋は「日本には今なお『上品で名門で善人だが行財政の実務など現実の政治には能力も関心もない』という『光源氏型』の政治家が時々現れ、国民に支持される」として近衛文麿を例に挙げている。光源氏 フレッシュアイペディアより)

  • 安土城

    安土城から見た堺屋太一堺屋太一

    「幻の安土城 天守復元」堺屋太一監修安土城 フレッシュアイペディアより)

  • 産業経済新聞社

    産業経済新聞社から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一が当時連載していた大河コラム「風と炎と」の宣伝。産業経済新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 竹村健一

    竹村健一から見た堺屋太一堺屋太一

    渡部昇一(上智大学名誉教授)・堺屋太一(元経済企画庁長官、作家)竹村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信長

    織田信長から見た堺屋太一堺屋太一

    『鬼と人と』堺屋太一、PHP研究所〈PHP文庫〉、1993年。織田信長 フレッシュアイペディアより)

  • 峠の群像

    峠の群像から見た堺屋太一堺屋太一

    江戸時代の元禄と放送時の時代が同じような時代の方向が変化する時期となる「峠」の時代だとする原作者・堺屋太一の観点を軸に、赤穂事件を現代的に描いたドラマ。赤穂藩断絶を現代の企業倒産になぞらえ、仇討ちのヒロイズムよりもサラリーマンつまり赤穂の藩士たちがいかに行動したかを再考する作品となっている。脚本にはデビューして間もない冨川元文が大河ドラマ史上最年少で起用され、これによる各回のサブタイトルがユニークであった。というのも、大河におけるサブタイトルのほとんどは名詞形を主体としており、本作のように動詞形のそれが用いられることはあまり例がないのである。配役面では主役にベテランの緒形拳を起用する一方、当時人気絶頂にあった"たのきんトリオ"のひとり野村義男をはじめ、三田寛子、小泉今日子、錦織一清、薬丸裕英など、次世代のアイドルが多数起用されている。なお、現在もジャニーズ事務所に在籍している俳優の出演大河としては一番古い作品である。峠の群像 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂事件を題材とした作品

    赤穂事件を題材とした作品から見た堺屋太一堺屋太一

    『峠の群像』(堺屋太一著、初版日本放送出版協会、1981 - 82年、新版・文春文庫全4巻)ISBN 4-16-719307-8、4-16-719308-6、4-16-719309-4、4-16-719310-8赤穂事件を題材とした作品 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利元就

    毛利元就から見た堺屋太一堺屋太一

    毛利元就 秀吉が、そして家康が畏怖した男(堺屋太一)ほか毛利元就 フレッシュアイペディアより)

  • 日本万国博覧会

    日本万国博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    三田誠広『堺屋太一の青春と70年万博』日本万国博覧会 フレッシュアイペディアより)

129件中 111 - 120件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード