112件中 21 - 30件表示
  • 団塊の世代 (小説)

    団塊の世代 (小説)から見た堺屋太一堺屋太一

    『団塊の世代』(だんかいのせだい)は、1976年から総合月刊誌『現代』に連載した堺屋太一の近未来小説。団塊の世代 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 新宿FACE

    新宿FACEから見た堺屋太一堺屋太一

    1994年にオープンしたLIQUIDROOM(リキッドルーム)が恵比寿への移転に伴い2004年1月に閉鎖。跡地は格闘技ファンとして知られる堺屋太一元経済企画庁長官の提案により格闘技会場に改装され、2005年7月29日に新宿FACEとしてリニューアルオープンした。600人収容。新宿FACE フレッシュアイペディアより)

  • 油断!

    油断!から見た堺屋太一堺屋太一

    『油断!』(ゆだん)は、堺屋太一の1975年の小説。油断! フレッシュアイペディアより)

  • 馮勝

    馮勝から見た堺屋太一堺屋太一

    呉晗著、堺屋太一訳注『超巨人・明の太祖朱元璋』、講談社文庫、1989年、ISBN 406184556X。馮勝 フレッシュアイペディアより)

  • 地域主権型道州制国民協議会

    地域主権型道州制国民協議会から見た堺屋太一堺屋太一

    名誉会長は、元経済企画庁長官の堺屋太一、会長は江口克彦参議院議員、理事長は、村橋孝嶺・Mマート社長。地域主権型道州制国民協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 文転

    文転から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一 - 作家、評論家。元経済官僚。東京大学工学部入学後、経済学部へ転入し卒業。文転 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道418号北品川四谷線

    東京都道418号北品川四谷線から見た堺屋太一堺屋太一

    「キラー通り」の名称は、作家・堺屋太一による命名であり、「キラー(Killer)」は、沿道にある墓地(青山霊園)、激しい交通、当時流行していた「ピンキーとキラーズ」などから連想されたものであるという。この名称を堺屋の知人であるデザイナー、コシノジュンコが1970年(昭和45年)、この通りに店を開店する際の案内状にこの名を書いたことから世間に広まることとなった。コシノ自身は「キラー通り」の名称について、出演したテレビ番組で、「青山墓地に面しているから、(死に関連して)悪ノリでキラーと名づけた」と発言している。東京都道418号北品川四谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 木下是雄

    木下是雄から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一、鈴木孝夫、言語技術研究会との共著。木下是雄 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立陶板名画の庭

    京都府立陶板名画の庭から見た堺屋太一堺屋太一

    これらの陶板画は、堺屋太一の企画発案により、所有者であったダイコク電機取締役、栢森新治より京都府に寄贈されたもの。京都府立陶板名画の庭 フレッシュアイペディアより)

  • 松下圭一

    松下圭一から見た堺屋太一堺屋太一

    たとえば、批評家の山崎正和や堺屋太一などが文明論や社会形態論を論じることが知られているが、松下の場合、政治制度論、経済体制論、社会形態論から、それらを裏付ける歴史的諸条件を基に「都市型社会」の下での市民自治における政策型思考の設定・枠組みを課題に唱える。その理論枠組みは、工業化 + 民主化 = 近代化段階の、主に日本などの近代化後進国における民主化は、社会権的側面の充足に重きが置かれてきた反面、自由権的側面に欠缺があることを土台とする。自由権的側面は、貨幣の浸透・個人の析出、教養・余暇の増大という事象において進展してゆくとする。「政府」概念も、自治体レベル・国レベル・国際レベルの3層構造を構想することで、国家統治概念を市民自治概念に置き換える「分節主権」を主張する。さらに、資本主義と社会主義及び共産主義などは「近代化」を目的とする選択手段の違いであること、また、ナショナルミニマムに対して、政策・制度設計の日常化を契機としたシビルミニマムを造語・理論化し、2010年前後から頻繁に使われるようになった「官僚内閣制」という言葉も造語した。松下圭一 フレッシュアイペディアより)

112件中 21 - 30件表示