129件中 41 - 50件表示
  • 風と炎と

    風と炎とから見た堺屋太一堺屋太一

    『風と炎と』(かぜとほのおと)は、『産経新聞』朝刊にて、1992年1年間をかけて連載された、堺屋太一の大河評論コラムである。風と炎と フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の歴史

    愛知万博の歴史から見た堺屋太一堺屋太一

    2001年3月19日 博覧会協会最高顧問に堺屋太一が就任愛知万博の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 文転

    文転から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一 - 作家、評論家。元経済官僚。東京大学理科?類から工学部建築学科に進学後、経済学部に転学部し卒業。文転 フレッシュアイペディアより)

  • 康茂才

    康茂才から見た堺屋太一堺屋太一

    呉晗著、堺屋太一訳注『超巨人・明の太祖朱元璋』、講談社文庫、1989年 ISBN 406184556X康茂才 フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た堺屋太一堺屋太一

    2007年2月:「佐治敬三・良く稼ぎ、良く使え」堺屋太一知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • セビリア万国博覧会

    セビリア万国博覧会から見た堺屋太一堺屋太一

    日本政府もこの万博には参加した。総合プロデューサーは作家の堺屋太一が務め、木造のパビリオンは建築家の安藤忠雄が設計した。館内では安土城天守閣の最上部(5-6階)の原寸復元がメイン展示として紹介され、6代目尾上丑之助(現在の5代目尾上菊之助)による歌舞伎などの上演も行われた。万博終了後、安土城の原寸復元は滋賀県近江八幡市の「安土城天主信長の館」へ移築され、現在でも公開されている。セビリア万国博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原英資

    榊原英資から見た堺屋太一堺屋太一

    (水野清・岡本行夫・堺屋太一)『「官僚」と「権力」――省庁再編はなぜねじ曲げられたか』(小学館[小学館文庫], 2001年)榊原英資 フレッシュアイペディアより)

  • Voice (雑誌)

    Voice (雑誌)から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一、天谷直弘、日下公人、藤岡和賀夫、牛尾治朗、長谷川慶太郎、岡崎久彦、大前研一などを執筆者として創刊する。Voice (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 世界

    世界から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は、チンギス・ハーンによって「世界」がはじめて意識されるようになったとしている。堺屋によれば、チンギス・ハーン自身が「東洋と西洋は1つ」という世界観をもっており、大量報復思想、信仰の自由とともに「ジンギスカンの三大発明」と呼んでいる。世界 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の問題点

    愛知万博の問題点から見た堺屋太一堺屋太一

    万博協会内部でも、当時の最高顧問・堺屋太一が推奨する大規模な開発計画に対して、万博協会側は環境に配慮した省スペースで効率のよいシステムを求めていた等の意見相違があり、堺屋は就任から3ヶ月で最高顧問を辞した。そのため、木村尚三郎ら三人の助力を得て、協会が目指す万博計画を進めた。愛知万博の問題点 フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード