112件中 51 - 60件表示
  • 軍部大臣現役武官制

    軍部大臣現役武官制から見た堺屋太一堺屋太一

    このように現役武官制と言っても現役武官の誰でも陸相に出来るというわけではなく、「軍の総意」にかなわない人事は難しかった。陸軍の場合は三長官会議(陸相・参謀総長・教育総監)の合意によって新陸相を推挙することとしており、昭和時代には陸軍の幹部人事について三長官が会議を開くことが陸軍省参謀本部教育総監部関係業務担任規定で明文化された。この「天皇の軍隊の最高幹部がなんら倫理的葛藤なしに天皇の指名した首相を拒否・打倒する」事態については、山本七平・小室直樹・堺屋太一などが社会評論の題材として分析している。軍部大臣現役武官制 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史は眠らない

    歴史は眠らないから見た堺屋太一堺屋太一

    5月度「ニッポン公共事業物語」(語り手・堺屋太一歴史は眠らない フレッシュアイペディアより)

  • 組閣

    組閣から見た堺屋太一堺屋太一

    自由民主党政権が長期化するにつれ、与党内の派閥や連立与党や参議院とのバランスを重視し、派閥の推薦枠や参議院枠、また大臣病の政治家のために当選回数などが閣僚登用の基準として用いられた。小渕恵三内閣の組閣の際には内閣総理大臣枠として堺屋太一を起用するなど、一部で独自性を見せたが、大半は旧来のままであった。しかし、2001年から2006年まで内閣総理大臣に在任した小泉純一郎は派閥のバランスを考慮せずに組閣を行い、政界に驚きを与えた。組閣 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊現代

    月刊現代から見た堺屋太一堺屋太一

    1967年から1968年にはマーシャル・マクルーハンを集中的に取り上げ、1970年代から1980年代半ばにかけては田中角栄の記事を繰り返し掲載した。1976年8月号からは堺屋太一の近未来小説『団塊の世代』が連載され、団塊の世代という造語が定着することになった。月刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 川澄綾子のBest Communication

    川澄綾子のBest Communicationから見た堺屋太一堺屋太一

    番組は大好評のうちに終了し、当時、「インターネット博覧会」の発案者であり、経済企画庁長官を務めていた堺屋太一から表彰を受けた程である。川澄綾子のBest Communication フレッシュアイペディアより)

  • 小沢民主党は信用できるか

    小沢民主党は信用できるかから見た堺屋太一堺屋太一

    大連立の悪夢は消えない (堺屋太一、Voice 2008年1月号)小沢民主党は信用できるか フレッシュアイペディアより)

  • 大阪日日新聞

    大阪日日新聞から見た堺屋太一堺屋太一

    2009年8月までは中日新聞などブロック紙3社連合に属するブロック紙と一部の地方紙にも掲載されていた「親鸞」(五木寛之)が掲載されていたが、2009年9月から2010年12月31日までは全国紙の産経新聞と山形新聞、信濃毎日新聞、北國新聞他一部の地方紙にも掲載されていた「三人の二代目」(堺屋太一)が掲載されていた。大阪に発行本社を置く全国紙に掲載されている小説が同じ大阪で発行される地方紙にも重複掲載されるのは異例であった。2011年1月からは五木寛之の「親鸞 激動篇」が中日新聞などブロック紙・地方紙と同時に掲載されている。大阪日日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 経済評論家

    経済評論家から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一(元経済企画庁長官、元早稲田大学教授)経済評論家 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本行夫

    岡本行夫から見た堺屋太一堺屋太一

    (水野清・榊原英資・堺屋太一)『「官僚」と「権力」――省庁再編はなぜねじ曲げられたか』(小学館[小学館文庫]、2001年)岡本行夫 フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た堺屋太一堺屋太一

    その後、バブル経済期に東京の地価が暴騰したことなどもあり、首都機能移転論が再浮上した。村田敬次郎、堺屋太一、八幡和郎など政官民の幅広い論客から、地方自治体の首長や議会に至るまで、首都機能移転を推進する動きが起こり、1990年には衆参両院にて「国会等の移転に関する決議」を議決し、「首都機能移転を検討する」という基本方針を確認した。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

112件中 51 - 60件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード