129件中 51 - 60件表示
  • 初芽局

    初芽局から見た堺屋太一堺屋太一

    司馬遼太郎の小説『関ヶ原』では、彼女が一方的に惚れただけではなく、三成も彼女を愛したように描かれている。関ヶ原戦後は出家した説を採っている。一方、堺屋太一の小説『大いなる企て』では「初芽=間者」説には触れず、単に三成の愛妾として描かれており、佐和山城落城に伴い他の妻妾同様、石田家に殉じている。初芽局 フレッシュアイペディアより)

  • 経済評論家

    経済評論家から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一(元経済企画庁長官、元早稲田大学教授)経済評論家 フレッシュアイペディアより)

  • 祥伝社

    祥伝社から見た堺屋太一堺屋太一

    80年代の読み方(堺屋太一祥伝社 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野英昭

    熊野英昭から見た堺屋太一堺屋太一

    入省同期に、松田岩夫、堺屋太一、飛永善造(元NEC HE専務、官房審議官、京大経卒)、脇山俊(埼玉大学教授、経企庁物価局審議官)、高橋達直、緒方謙二郎(川崎重工業副社長、資源エネルギー庁長官)、若林茂(電気技術者試験センター理事長、官房審議官)、藤澤修(京セラ常務・監査役、東京通産局長、京大法卒)など熊野英昭 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立陶板名画の庭

    京都府立陶板名画の庭から見た堺屋太一堺屋太一

    これらの陶板画は、堺屋太一の企画発案により、所有者であったダイコク電機取締役、栢森新治より京都府に寄贈されたもの。京都府立陶板名画の庭 フレッシュアイペディアより)

  • 廣瀬克哉

    廣瀬克哉から見た堺屋太一堺屋太一

    『情報楽市―激動のネット社会を予見する 次はこう動く!!』(扶桑社、1999年、堺屋太一、池田純一、泉博史、井戸芳之と共著)廣瀬克哉 フレッシュアイペディアより)

  • 植草一秀

    植草一秀から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一、刈屋武昭共著『あるべき金融 リスクの市場化なくして再生なし』(東洋経済新報社、 2003年)植草一秀 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た堺屋太一堺屋太一

    現役時代は大変な美男子と評判であった。当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語は、当時の大鵬の人気と知名度を象徴する有名な言葉であるが、大鵬本人は「巨人と一緒にされては困る」と語ったこともある。その理由は、大鵬自身がアンチ巨人(巨人が嫌い)だったことと、団体競技の野球と個人競技の相撲を一緒にされたくない気持ちがあったこと、そして何よりも、「大鵬の相撲には型がない」と批判されていた時期に「大人のファンは柏戸と大洋ホエールズ」などと評論家から揶揄されたことがあったためであるという。ただし、後年に出版した自伝には『巨人 大鵬 卵焼き ― 私の履歴書』という題名を付けた。また、巨人の選手の中でも、自身と同じ1940年(昭和15年)5月生まれであり、なにより自分と同じ努力家として知られた王貞治とは大変親しく、若い頃にはよく一緒に酒を飲んでいたという。この「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉は、1960年代前半の高度経済成長期に、通産官僚であった堺屋太一が、当時若手官僚の間で時代の象徴として冗談で言い合っていたこのフレーズを、記者会見の中で「日本の高度成長が国民に支持されるのは、子供が巨人、大鵬、卵焼きを好きなのと一緒だ」と答えて紹介したことがきっかけで広まったとされている。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾幹二

    西尾幹二から見た堺屋太一堺屋太一

    (渡部昇一・竹村健一・岡崎久彦・西部邁・堺屋太一・田久保忠衛・石原慎太郎ほか)西尾幹二 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道418号北品川四谷線

    東京都道418号北品川四谷線から見た堺屋太一堺屋太一

    「キラー通り」の名称については、一説には作家・堺屋太一による命名であり、「キラー(Killer)」は、沿道にある墓地(青山霊園)、激しい交通、当時流行していた「ピンキーとキラーズ」などから連想されたものであるという。この名称を堺屋の知人であるデザイナー、コシノジュンコが1970年(昭和45年)、この通りに店を開店する際の案内状にこの名を書いたことから世間に広まることとなった。東京都道418号北品川四谷線 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示