112件中 71 - 80件表示
  • 筑紫哲也

    筑紫哲也から見た堺屋太一堺屋太一

    リベラル派文化人の代表的存在だが、報道姿勢について賛否が分かれることも多い。鳥越俊太郎、堺屋太一、田原総一朗、立花隆らはオピニオンリーダー、ジャーナリストとしての筑紫を高く評価している。一方、宮崎哲弥、猪瀬直樹、上杉隆らは保守的政治家との親交が多いことや議論で追い詰められても反論しようとしない姿勢、思想信条のなさなどを批判している。また、保守派論壇からは筑紫が出演した番組の報道姿勢と合わせて強い批判を受けることが多かった。特に北朝鮮による日本人拉致問題に関する言動は、「北朝鮮寄りである」との拉致被害者救援運動の関係者や保守派などから強く非難された。筑紫哲也 フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュースWEEKEND

    FNNスーパーニュースWEEKENDから見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一のビジネスリーダーFNNスーパーニュースWEEKEND フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た堺屋太一堺屋太一

    川勝は「日本最強内閣」としての閣僚には誰が最適かとするアンケートにて、内閣総理大臣に櫻井よしこ、外務大臣に曽野綾子、厚生労働大臣に中村桂子、内閣官房長官に中山恭子、の4人の女性の名を挙げている。その他の閣僚としては、総務大臣に丹羽宇一郎、財務大臣に堺屋太一、文部科学大臣に寺田典城、農林水産大臣に竹中平蔵、防衛大臣に山折哲雄を列挙し、無任所の行政改革担当大臣には渡辺喜美を挙げている。川勝は、櫻井について「憂国の士」 であると指摘したうえで「美しい大和撫子」 と評しており、それを理由に内閣総理大臣に選出したと説明している。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 國定浩一

    國定浩一から見た堺屋太一堺屋太一

    2008年の大阪府知事選挙では、堺屋太一らとともに橋下徹を支援する団体「橋下氏を知事にする勝手連」を設立し、代表を務めた。橋下とは北野高校の先輩後輩である。國定浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 保江邦夫

    保江邦夫から見た堺屋太一堺屋太一

    マリリン・ファーガソンは占星術的に見て現在水瓶座の時代であることを説いた著書『アクエリアス革命』(監訳:堺屋太一(のちの大臣))で知られる。保江邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 野口悠紀雄

    野口悠紀雄から見た堺屋太一堺屋太一

    大蔵省在職中の1967年に政府主催明治100年記念論文最優秀総理大臣賞を受賞。『情報の経済理論』では日経経済図書文化賞を受賞。一橋大学助教授時代に「『財政危機の構造』を中心として」でサントリー学芸賞受賞。1990年代以降に続いた長期不況に関して、その原因を戦時中に構築されたシステム(「1940年体制」)の非効率さにあるとして、経済論壇において一大センセーショナルを巻き起こした(なお、「1940年体制」と同様のものについて堺屋太一は「昭和十六年体制」と呼称している)。著書の『1940年体制』は、いわゆる「構造改革論」のバイブルと目されている。野口らの提議した構造改革論に対しては、岩田規久男や野口旭らから痛烈な批判が寄せられたが、2004年以降の景気回復局面においては、議論は一時期雲散霧消してしまった感が否めない。野口悠紀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 総力戦研究所

    総力戦研究所から見た堺屋太一堺屋太一

    猪瀬直樹+堺屋太一ほか 『国民の知らない昭和史』 ワニ文庫。総力戦研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 光源氏

    光源氏から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は著書「日本を創った12人」(1996年、PHP新書全二巻、のちPHP文庫全一巻)において源頼朝・織田信長・徳川家康らと並んで光源氏を取り上げ、「平安貴族の典型としての光源氏は虚構の人物ながら後世の日本人に大きな影響を与えた」「光源氏は日本人が考える『貴族』『上品な人』の概念の原点」としている。堺屋はまた、「日本には今なお『上品で名門で善人だが行財政の実務など現実の政治には能力も関心もない』という『光源氏型』の政治家が時々現れ、国民に支持される」として近衛文麿を例に挙げている。光源氏 フレッシュアイペディアより)

  • 世界

    世界から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は、チンギス・ハーンによって「世界」がはじめて意識されるようになったとしている。堺屋によれば、チンギス・ハーン自身が「東洋と西洋は1つ」という世界観をもっており、大量報復思想、信仰の自由とともに「ジンギスカンの三大発明」と呼んでいる。世界 フレッシュアイペディアより)

  • 民主主義

    民主主義から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は組織論の視点から、人事圧力(新ポスト・役職獲得欲求)などによって官僚組織は肥大化していく傾向性を持っており、民主的に選ばれた政治家ではなく、巨大な官僚組織が政治の主導権を持って政策や予算配分を決定する官僚支配に陥る危険性があることを指摘している。政治家は選挙で定期的に信任、チェックすることができるが、官僚は基本的に定年制であり、特権階級と化す可能性がある。また、官僚は高度な専門家であるがそれがゆえに専門バカであり、非常に視野が狭く、国益よりも省益を優先し、国家全体としてみたら不合理な行動をとる。堺屋は、戦前の日本が軍部独裁に陥ったのは、軍部と言う官僚組織の肥大化を抑えられなかったことが原因であり、政治家主導ではなく官僚主導で政治が行われている現状を見て、本質的な意味で日本人は太平洋戦争の敗北を反省しきれていないと指摘している。民主主義 フレッシュアイペディアより)

112件中 71 - 80件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード