129件中 71 - 80件表示
  • 先読み!夕方ニュース

    先読み!夕方ニュースから見た堺屋太一堺屋太一

    ゲストに堺屋太一、増田寛也(元総務大臣)、残間里江子(ラジオ第1の「どよう楽市」司会)、山田まりやを招き、1年のニュースを振り返る。なお山田は前半・21時まで、代わって21時からの後半に堺屋が出演した。先読み!夕方ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た堺屋太一堺屋太一

    その後、バブル景気時に東京の地価が暴騰したことなどもあり、首都機能移転論が再浮上した。村田敬次郎、堺屋太一、八幡和郎など政官民の幅広い論客から、地方自治体の首長や議会に至るまで、首都機能移転を推進する動きが起こり、1990年には衆参両院にて「国会等の移転に関する決議」を議決し、「首都機能移転を検討する」という基本方針を確認した。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

  • 速水優

    速水優から見た堺屋太一堺屋太一

    就任直後の1998年4月1日に日銀の独立性が強化された改正日本銀行法が施行されたのに引き続き、在任中は人事や政策において、日本銀行の独立性を強く意識した運営を行った。金融危機に対抗して小渕内閣が行った史上最大の財政出動にあわせて1999年2月、世界初のゼロ金利政策と時間軸を導入する。消費者物価指数は徐々に回復の兆しを見せていたが、2000年8月にこれを解除。宮澤喜一大蔵大臣や堺屋太一経済企画庁長官など政府から公然と反対論が出て、政府代表が銀行法の規定による「議決延期請求権」を初めて行使する中での異例の強行突破で、日銀の独立性を強く印象づけることになったが、翌2001年のITバブル崩壊により、わずか半年で再びゼロ金利政策に復帰した。同年3月からは世界初の量的金融緩和政策を、さらに2002年11月に銀行保有株式の直接買入を実施した。速水優 フレッシュアイペディアより)

  • 中川八洋

    中川八洋から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一)「上杉鷹山と恩田木工の改革集団」『日本を創った戦略集団4』(集英社, 1988年)中川八洋 フレッシュアイペディアより)

  • ローデンシュトック

    ローデンシュトックから見た堺屋太一堺屋太一

    現存する数少ない、光学機器専門のメーカーであるところの眼鏡メーカーである。中でもエクスクルーシブシリーズは1975年より始まり、高級フレームとして地位を確立、現在に至る。星野仙一、石原慎太郎、堺屋太一、谷村新司など他多数の各界著名人が使用しているのをテレビ雑誌等で見ることができる。ローデンシュトック フレッシュアイペディアより)

  • 経済企画庁

    経済企画庁から見た堺屋太一堺屋太一

    経済企画庁長官は通常国会において政府四演説に数えられる経済演説を行い、安全保障会議に参加し、経済企画庁の官僚が日本銀行政策委員会に出席する等重要な権限を有していたが、経済企画庁自体の権限はそれほど持たなかったため、経済企画庁は業界団体に対して強い影響力を及ぼすことができなかったとされる。また各省庁から上がってくる資料を合冊しているだけの「ホチキス官庁」と揶揄する声もあった。筑紫哲也は小渕内閣で長官に就任した堺屋太一へのテレビインタビューで、経済企画庁ではなく経済「分析」庁ではないか、とその存在意義に疑問を呈した。経済企画庁 フレッシュアイペディアより)

  • 川澄綾子のBest Communication

    川澄綾子のBest Communicationから見た堺屋太一堺屋太一

    番組は大好評のうちに終了し、当時、「インターネット博覧会」の発案者であり、経済企画庁長官を務めていた堺屋太一から表彰を受けた程である。川澄綾子のBest Communication フレッシュアイペディアより)

  • 所得倍増計画

    所得倍増計画から見た堺屋太一堺屋太一

    1961年に日本母親大会が「高校全入運動」を取り上げ運動が全国に広がると、池田内閣の「所得倍増政策」として高校の増設・定員を計った。1962年以降、「みんなが高校に入れるように」というスローガンに結集する全国の父母・子ども・教師の国民要求が起こったこともあって、1961年から1963年まで相当規模の高校増設費が計上された。1964年以降は文部省が増設を打ち止めを決定したが、この池田政権3年間の予算急増で高校進学率も伸びた。堺屋太一は「池田内閣は"効率"を最大の社会正義にした。人間の規格化を考え、教育の規格大量生産化を実現させた。教育カリキャラムを定め、学習指導要領をつくり、全国の学校で同じことを教えさせた。生徒指導に当たり、生徒の長所を伸ばすより欠点をなくすことに重点を置いた。5段階評価とすると、優秀な子供は全科目に5が並び、普通の子供は3が並ぶ、従って能力の差は丸の大きさだけで測れる。丸の大きさを示すのが偏差値で、これ1つですべてが評価できる仕組みを徹底させ、これが教育の場に浸透した」と述べている。後藤基夫は「今日続く管理社会の指導者を作ろうとしたのが池田・佐藤時代だったと思う。それを打破しようとしたのが70年安保と絡んだ学生運動の激しい動きだった。池田・佐藤時代、明らかに彼らが日本のエスタブリッシュメントをつくるよう政策的にも色づけをしていた。あのとき色んな大学の先生、評論家がみんな政府に協力するといった形が出てきたのも、戦後できた中間層の中からエリートを作り出す作業の一つだった気がします」などと論じている。「人づくり国づくり」政策の中で、学校のカリキャラムは過密化し「詰め込み教育」「落ちこぼれ」「見切り発車」「教育ママ」というフレーズがマスメディアに現れた。急激な都市化と工業化の中で、子どもたちの生活は大きく変貌した。農村部では父親の出稼ぎで家庭崩壊の現象が、都市部では女性の社会進出とともに「カギっ子」問題がクローズアップされた。「核家族」「小家族」などが流行語になった1960年代は、日本の家族にとっても激しい変動期だった。その他「義務教育諸学校の教科用図書の無償に関する法律」、「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」などが任期中に閣議決定している。所得倍増計画 フレッシュアイペディアより)

  • FNNスーパーニュースWEEKEND

    FNNスーパーニュースWEEKENDから見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一のビジネスリーダーFNNスーパーニュースWEEKEND フレッシュアイペディアより)

  • 軍部大臣現役武官制

    軍部大臣現役武官制から見た堺屋太一堺屋太一

    このように現役武官制と言っても現役武官の誰でも陸相に出来るというわけではなく、「軍の総意」にかなわない人事は難しかった。陸軍の場合は三長官会議(陸相・参謀総長・教育総監)の合意によって新陸相を推挙することが慣例化しており、昭和時代には陸軍の幹部人事について三長官が会議を開くことが陸軍省参謀本部教育総監部関係業務担任規定で明文化された。この「天皇の軍隊の最高幹部がなんら倫理的葛藤なしに天皇の指名した首相を拒否・打倒する」事態については、山本七平・小室直樹・堺屋太一などが社会評論の題材として分析している。軍部大臣現役武官制 フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示