129件中 81 - 90件表示
  • 牛尾治朗

    牛尾治朗から見た堺屋太一堺屋太一

    牛尾は安倍晋太郎と親交があり、安倍の後援会のひとつ『総晋会』の会長を務めた。第1次安倍内閣では、閣議決定で開塾された沖縄新世代経営者塾に堺屋太一などとともに顧問という肩書きで就任し、若手経営者の指導にあたった。牛尾治朗 フレッシュアイペディアより)

  • ブッチホン

    ブッチホンから見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一(1995年1月18日/1998年7月)ブッチホン フレッシュアイペディアより)

  • 1935年

    1935年から見た堺屋太一堺屋太一

    7月13日 - 堺屋太一、元通商産業省官僚・小説家・元経済企画庁長官1935年 フレッシュアイペディアより)

  • 松下圭一

    松下圭一から見た堺屋太一堺屋太一

    たとえば、批評家の山崎正和や堺屋太一などが文明論や社会形態論を論じることが知られているが、松下の場合、政治制度論、経済体制論、社会形態論から、それらを裏付ける歴史的諸条件を基に「都市型社会」の下での市民自治における政策型思考の設定・枠組みを課題に唱える。その理論枠組みは、工業化 + 民主化 = 近代化段階の、主に日本などの近代化後進国における民主化は、社会権的側面の充足に重きが置かれてきた反面、自由権的側面に欠缺があることを土台とする。自由権的側面は、貨幣の浸透・個人の析出、教養・余暇の増大という事象において進展してゆくとする。「政府」概念も、自治体レベル・国レベル・国際レベルの3層構造を構想することで、国家統治概念を市民自治概念に置き換える「分節主権」を主張する。さらに、資本主義と社会主義及び共産主義などは「近代化」を目的とする選択手段の違いであること、また、ナショナルミニマムに対して、政策・制度設計の日常化を契機としたシビルミニマムを造語・理論化し、2010年前後から頻繁に使われるようになった「官僚内閣制」という言葉も造語した。松下圭一 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人

    池田勇人から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一は、著書『日本を創った12人』で、聖徳太子、源頼朝、織田信長、徳川家康、マッカーサー、松下幸之助らとともに、唯一の政治家として池田勇人を挙げ、その理由として、「現在われわれが生きている戦後の日本を、経済大国へ導き、実績として経済成長の実現もさることながら『所得倍増計画』の策定によって『経済大国』を日本の理想に据えた点が最重要である」と述べている。負の遺産として「経済発展に貢献する一方、すべてに金銭が優先する価値観を生むことになり"金権体質社会"を作り出した。池田の果たした役割は、日本社会の理念と倫理を決定する上で、歴代総理の中でも、最も大きかったのではないか、戦後の総理大臣としてよく取り上げられるのは、吉田茂、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄の四人で、吉田茂が大きな存在だが、その重要な政治決定はほとんどが占領軍、つまりマッカーサーから出ていた。それに比べて池田は、自らの発想と手腕で今日の日本人の心や生き方、あるいは日本の社会の在り方や動き方に大きな影響を残した」、「池田が総理大臣であったのは4年3ヵ月、吉田茂や佐藤栄作よりはずっと短い。しかし、この男の植え付けた経済優先思想と、それを実現する官僚主導の仕組みは、今日も揺るぎなく続いている」と述べている。池田勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 2025年万国博覧会の大阪招致構想

    2025年万国博覧会の大阪招致構想から見た堺屋太一堺屋太一

    2014年7月14日に開催された第2回「大阪府日本万国博覧会記念公園運営審議会」に出席した、大阪府・市特別顧問である堺屋太一は、2025年の万博を大阪に招致し、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)で会場だった万博記念公園(大阪府吹田市)を、再び会場として使用することを主張した。これを受けて、橋下徹・大阪市長(当時)は、同年8月6日に出演したBS日テレの番組「深層NEWS」で、「2025年、30年あたりの万国博覧会を狙っていきたい」と述べ、万博の大阪招致に取り組む意向を示した。橋下は、自身が1歳の時に開催された1970年の大阪万博について「あれを機に大阪の都市整備が進んだ」と評価したうえで、「もう一回、万博記念公園を活用し、リニア(中央新幹線)の東京―大阪間の全線同時開業を迫っていく」と述べた。松井一郎・大阪府知事も同日、大阪維新の会に所属する大阪府議会議員らとの会談で、「東京五輪も2度目。大阪万博も2度目といきたい」と語った。2025年万国博覧会の大阪招致構想 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎魔弓

    尾崎魔弓から見た堺屋太一堺屋太一

    9月8日、ミステリー小説「リングから見えた殺意――女子プロレスラー・鬼剣魔矢の推理」を上梓。堺屋太一が推薦文を寄せている。尾崎魔弓 フレッシュアイペディアより)

  • 出版文化社

    出版文化社から見た堺屋太一堺屋太一

    1986年8月22日 作家・堺屋太一の命名により社名を株式会社現代人物書院へと変更。堺屋が株主になるとともに、ほか7名の経営者の出資により法人化した。出版文化社 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た堺屋太一堺屋太一

    堺屋太一 - 作家、経済企画庁長官(民間人閣僚)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 明智光秀

    明智光秀から見た堺屋太一堺屋太一

    『鬼と人と 信長と光秀』:1989年、堺屋太一著(PHP研究所)明智光秀 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示