213件中 131 - 140件表示
  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たサンシャイン計画

    1962年の通商白書では世界に先駆けて「水平分業論」を展開。また、日本での万博開催を提案、1970年の「大阪万博」の企画・実施に携わり、成功を収めた。その後、沖縄開発庁に出向、1975年-1976年の「沖縄海洋博」も担当する。工業技術院研究開発官として3年ほど自然エネルギーに関わるサンシャイン計画に携わった後、通産省を退官した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た角川文庫

    『イベント・オリエンテッド・ポリシー 楽しみの経済学』(NGS、1984年)のち角川文庫堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た日本万国博覧会

    1962年の通商白書では世界に先駆けて「水平分業論」を展開。また、日本での万博開催を提案、1970年の「大阪万博」の企画・実施に携わり、成功を収めた。その後、沖縄開発庁に出向、1975年-1976年の「沖縄海洋博」も担当する。工業技術院研究開発官として3年ほど自然エネルギーに関わるサンシャイン計画に携わった後、通産省を退官した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た集英社文庫

    『歴史に学ぶ「勝者」の組織革命』(集英社文庫、1999年)堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たセビリア万国博覧会

    1992年のセビリア万博では日本館総合プロデューサーを務め、日本館内で安土城天守閣の最上部(5-6階)の原寸復元をメイン展示として紹介した。後にこちらは「安土城天主信長の館」内に移築された。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た商人

    本名は池口 小太郎(いけぐち こたろう)であり、ペンネームの由来は、先祖の商人が安土桃山時代に堺から谷町に移住した際の名前である「堺屋太一」から採ったものである(堺屋は屋号にあたる)。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た聖徳太子の超改革

    1978年から日本テレビのドキュメンタリー番組『あすの世界と日本』でナビゲーターを務めたり、BSフジのビジネス対談番組『堺屋太一のビジネスリーダー』で司会を担当したり、テレビ朝日のドラマ『聖徳太子の超改革』の原案を手がけるなど、テレビメディアに幅広く携わっている。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たベビーブーム

    1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た東京大学大学院工学系研究科・工学部

    追手門学院小学校(小学校59期)卒業、大阪府立住吉高等学校入学、高校在学中はボクシング部に所属し、モスキート級の大阪チャンピオンになった。奈良県下の実家から大阪の高校へ長い通学時間をかけて通学した。毎日弁当を作る母に配慮して、ある時から炊いた白米のみを持たせてもらい、毎日学食でそれにカレールーをかけてもらいカレーライスを食べていた。これが青春の味であるという。東京大学工学部建築学科に進学後、東京大学経済学部へ転入し卒業。建築学科在学時代には、学内コンペでの受賞経験もある。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た御所市

    奈良県御所市名柄にある池口邸は堺屋の実家である。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

213件中 131 - 140件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード