171件中 61 - 70件表示
  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た林望

    『国家百年の計』(致知出版社、2001年1月)渡部昇一、中西輝政、堺屋太一、小野晋也、山本夏彦、林望、多田富雄、村上和雄、唐津一、石井威望、牛尾治朗、中西巌、芳村思風、土屋秀宇の共著。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た安土城

    1992年のセビリア万博では日本館総合プロデューサーを務め、日本館内で安土城天守閣の最上部(5-6階)の原寸復元をメイン展示として紹介した。後にこちらは「安土城天主信長の館」内に移築された。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たジャパンタイムズ

    『アメリカの没落』(ジャパンタイムズ、1993年2月)ドナルド・L・バーレット、ジェームズ・B・スティールの共同原著。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た上海国際博覧会

    2010年に開催された上海国際博覧会の準備室高級顧問に就任。さらに上海万国博日本産業館出展合同会社代表も務めた。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見たみんなの党

    2009年にはみんなの党の母体となり、後にサポーター組織となった「国民運動体 日本の夜明け」のナビゲーターに就任した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た政策

    1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た大阪維新の会

    2010年には大阪維新の会の支援団体である「経済人・大阪維新の会」の最高顧問に就任した。また、2012年には大阪維新の会が政治家の育成を目的に設立した維新政治塾の名誉塾長に就任した。こうした観点から、堺屋は橋下徹及び大阪維新の会のブレーンとされている。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た大河ドラマ

    1976年に発表した小説『団塊の世代』は、1940年代後半に日本で生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊の世代」と位置づけ、多方面に影響を与えた。また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆した。小説のみならず、工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予言した経済理論『知価革命 工業社会が終わる・知価社会が始まる』等の社会評論や、首都機能移転に関する『「新都」建設 これしかない日本の未来』をはじめとした公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た暴力団

    「文芸春秋」2011年9月号の「民主応援団長が見た『日本中枢の崩壊』」の中で、「平時のように四角四面に法律を適用していては、ことは迅速に進みません。正直なところ、裏社会の人に協力を要請しないと突破できない局面も出てきます」と言い、各方面から非難を浴びた。堺屋の発言に対し、日本弁護士連合会の民事介入暴力対策委員会の有志は暴力団容認発言と文書で抗議、これに対し、「『裏社会』とは極めて広義の意味で使った」「反社会的勢力の範囲がわかりかねる」などとお茶を濁した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

  • 堺屋太一

    堺屋太一から見た白書

    1962年の通商白書では世界に先駆けて「水平分業論」を展開。また、日本での万博開催を提案、1970年の「大阪万博」の企画・実施に携わり、成功を収めた。その後、沖縄開発庁に出向、1975年-1976年の「沖縄海洋博」も担当する。工業技術院研究開発官としてサンシャイン計画に携わった後、通産省を退官した。堺屋太一 フレッシュアイペディアより)

171件中 61 - 70件表示

「堺屋太一」のニューストピックワード