前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 女子柔道強化選手による暴力告発問題

    女子柔道強化選手による暴力告発問題から見た塚田真希塚田真希

    2月28日に部会長の山口香は全柔連の第三者委員会の聞き取り調査を受けて、「選手の意見を吸い上げるような組織システムを構築してほしい」と提言した。また、女性監督の起用に関しては、「時期尚早。顔が浮かばない。お飾りになるならやらない方がいい。」との見解を示した。ただ、2020年のオリンピックでは女性監督もありうるとして、その候補として塚田真希や谷本歩実の名前を挙げた。女子柔道強化選手による暴力告発問題 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方亜香里

    緒方亜香里から見た塚田真希塚田真希

    2009年2月にベルギー国際に出場し、トーナメント2回戦で佐藤瑠香に判定負けするものの、3位となった。4月には男子と練習できるということで筑波大学に進学すると、選抜体重別に初出場するが、初戦で自衛隊体育学校の池田ひとみに有効を取られて敗れた。続いて全日本柔道選手権に初出場するが、2回戦で綜合警備保障の塚田真希に横四方固で一本負けした。緒方亜香里 フレッシュアイペディアより)

  • カローラ・アイレンフト

    カローラ・アイレンフトから見た塚田真希塚田真希

    柔道は5歳の時に始めた。2005年の世界選手権78kg超級では初戦で塚田真希に上四方固で敗れるなどして5位にとどまったが、無差別では3位となった。2007年の世界選手権78kg超級では準々決勝でフランスのアン=ソフィー・モンディエールに朽木倒で敗れたがその後敗者復活戦を勝ち上がって3位となった。翌年の北京オリンピックでは2回戦で敗れた。2010年の世界団体ではオランダチームの優勝メンバーに名を連ねた。カローラ・アイレンフト フレッシュアイペディアより)

  • サンドラ・ケッペン

    サンドラ・ケッペンから見た塚田真希塚田真希

    2000年のシドニーオリンピックでは準決勝で中国の袁華に大内刈で敗れるなどして5位にとどまり、メダル獲得はならなかった。2001年に地元ドイツのミュンヘンで開催された世界選手権では準々決勝でキューバのダイマ・ベルトランに敗れるが、3位決定戦でイギリスのカリーナ・ブライアントを破って3位となった。2004年のアテネオリンピックでは2回戦で敗れた。2007年の世界選手権では2回戦で塚田真希に指導2で敗れるが、敗者復活戦を勝ち上がり3位決定戦ではフランスのアン=ソフィー・モンディエールを破って2度目の3位となった。翌年の北京オリンピックでは2回戦で敗れた。サンドラ・ケッペン フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・ベイティア

    ロナルド・ベイティアから見た塚田真希塚田真希

    柔道は17歳の時に始めた。その後国内の軽重量級(93kg級)チャンピオンの座に就いた。さらにキューバで開催された国際大会でも何度かメダルを獲得するなど一定の活躍を果たした。その一方で、地元で道場を設立して柔道指導も始めた。1971年にはコーチとして認可されると、実績を積み上げていった。一時期メキシコで指導を行っていたこともあった。1986年には、スタートして7年を経過していたものの、国際大会に参加してからまだ3年ほどだったキューバ女子柔道のナショナルチーム監督に就任した。3年後の1989年には世界選手権無差別でエステラ・ロドリゲスがキューバ女子初の金メダルを獲得した。女子柔道が正式競技となった1992年のバルセロナオリンピックでも66kg級のオダリス・レベが金メダルをもたらした。その後もオリンピックや世界選手権、ワールドカップ団体戦、世界ジュニアといった世界大会のみならず、フランス国際、ドイツ国際、福岡国際などAトーナメントの国際大会でも、ドリュリス・ゴンサレス、レグナ・ベルデシア、アマリリス・サボンなど多くの選手が金メダルを含めたメダルを量産することになり、キューバ女子の黄金時代を築き上げた。少数の選ばれたナショナルチームで世界各地を転戦して、国際大会を数多くこなしながら鍛え上げる方式が大きな成果をあげることになった。キューバ女子の技術的な特徴としては、身体能力を活かした双手刈、朽木倒、掬い投げ、さらには両袖を絞ってしゃがみこんだ姿勢からの袖釣込腰の多用があげられる。重量級を除いて(時には重量級も含めて)どの階級の選手も一様に同じような柔道スタイルを展開する。しかしながら、2003年にはその年の世界選手権70kg級2位のレグラ・レイエンと、48kg級3位のダニエスカ・カリオンがアメリカへ逃げ出すという事件が起こった。翌年のアテネオリンピックでは7階級のうち5階級でメダルを獲得しながらも、78kg超級決勝でダイマ・ベルトランが塚田真希から先に技ありを取りながら寝技で逆転負けを喫するなどして金メダルを逃すことになった。世界大会で金メダルを獲得できなかったのは1991年の世界選手権以来13年ぶりであった。その一方で、キューバの国営通信社によれば、2005年にパンナム選手権を見据えた予行演習において、ゴンサレスやユリスレイディス・ルペティを始めとしたトップレベルを多数含むキューバ女子チームがエクアドルの男子チームと対戦して、30戦のうち28勝をあげたという。続いて世界選手権では48kg級でヤネト・ベルモイが谷亮子に次ぐ史上2番目の若さで優勝を飾った(谷は今大会妊娠のため出場しなかった)。2007年には78kg級でユリセル・ラボルデが2連覇、ゴンサレスが史上最年長の優勝を果たした。だが、2008年には北京オリンピック3ヶ月前にマイアミで開催されたパンナム選手権直後にラボルデがアメリカに亡命する騒ぎが起こった。北京オリンピックでは前回のアテネに続いて金メダルを獲得できずに終わった。2009年からはIJFグランプリシリーズが始まったものの、経済的な問題などもあり以前ほど積極的に国際大会に転戦することが出来なくなった。また世界選手権では1991年以来18年ぶりに金メダルを獲得できずに終わった。2010年からは下半身への手や腕による攻防が大きく制限されたことにより、キューバ女子がもっとも得意としていた双手刈や朽木倒などが使用困難となったことから、新ルールへの適用が大きな課題として残った(2013年からは下半身への手や腕による攻防が試験的に全面禁止となると、翌年からは正式に禁止された)。だが、2012年のロンドンオリンピックでは78kg超級でイダリス・オルティスがシドニーオリンピック以来3大会ぶりにオリンピックで金メダルを獲得することになった。2015年現在までキューバ女子はオリンピックで5個、世界選手権で14個、世界団体(ワールドカップ団体戦)で2個の金メダルを獲得している。ロナルド・ベイティア フレッシュアイペディアより)

  • ルツィヤ・ポラウデル

    ルツィヤ・ポラウデルから見た塚田真希塚田真希

    柔道は11歳の時に始めた。2007年の世界選手権無差別決勝では塚田真希に敗れたが2位となった。翌年の北京オリンピックでも準決勝で塚田に敗れるが、3位決定戦で金ナ永に勝ち銅メダルを獲得した。2012年のロンドンオリンピックでは初戦で敗れた。ルツィヤ・ポラウデル フレッシュアイペディアより)

  • 風戸晴子

    風戸晴子から見た塚田真希塚田真希

    2000年に帝京大学へ進学すると、1年の時には全国女子体重別でコマツの天尾美貴を破って優勝を果たした。アジアジュニアでも優勝した。福岡国際では3位だったが、オーストリア国際では優勝を飾った。2年の時には福岡国際で決勝まで進むが、アトランタオリンピックで優勝したベルギーのウラ・ウェルブルックに敗れて2位だった。3年の時には体重別で世界チャンピオンである三井住友海上の上野雅恵を大内返で破って優勝すると、全国女子体重別でも天尾を破って2年ぶり2度目の優勝を飾った。世界学生では3位だった。4年の時には無差別で争われる全日本選手権に出場すると、準決勝で東海大学の塚田真希に横四方固で敗れるが3位となった。2004年には綜合警備保障に入社すると、講道館杯で3位となった。その後愛媛県警所属となり、2008年の全国警察柔道選手権大会63kg超級では決勝で兵庫県警の堀江久美子に敗れ、2位となった。風戸晴子 フレッシュアイペディアより)

  • 根崎裕子

    根崎裕子から見た塚田真希塚田真希

    柔道は玉造中学に入学してから始めた。この時、指導者の小森哲から最初に習ったのが帯取り返しだった。3年の時には全国中学校柔道大会の56kg級で3位になった。一方で、柔道以外に陸上競技にも取り組んで、全国中学校駅伝大会にも出場した。千葉県の市立柏高校に進むと、菊川慶一の指導の下で寝技をさらに研鑽していった。2年の時には金鷲旗で大活躍してチームの2位に貢献した。インターハイの団体戦でチームは初優勝を飾ったが、この大会では控えだったので出場の機会はなかった。全日本ジュニアでは57kg級で優勝した。世界ジュニアでも準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝でもブラジルのダニエリ・ザングランドを小外刈の有効で破って優勝を飾った。しかし、全国高校選手権では2回戦において判定で敗れた。3年の時にはインターハイで6試合全てを得意の寝技で一本勝ちして、チームの2連覇に大きく貢献した。全日本ジュニアでも2連覇を果たした。国体少年女子の部では決勝で塚田真希率いる茨城県チームに敗れて2位だった。2000年には筑波大学に進学した。なお、同級生には後にオリンピックの63kg級で2連覇を達成する谷本歩実がいた。1年の時には全日本ジュニアで2位に終わり3連覇はならなかった。正力杯では3位だった。アジアジュニアでも2位にとどまった。その後は立ち技でこれといった決め技がなかったことや、根?返しが研究されたことなどもあって思うような成績を残せなかったが、階級を63kg級に上げると、4年の時には学生体重別で3位となった。大学を卒業後は玉造中学で非常勤講師となった。2004年にはツクバ計画の所属で実業個人選手権に出場して3位となった。2005年には70kg級で3位に入った。2006年には国体成年女子の部に茨城県代表で出場すると、決勝の兵庫県チームとの対戦では大学の2年先輩で63kg級の元世界チャンピオンである手島桂子に根?返しからの横四方固で一本勝ちしてチームの優勝に貢献した。2008年には神栖市立波崎第一中学の教員となった。また、この年の全日本選手権に出場したのを最後に現役を引退した。なお、記録よりも記憶に残る柔道家と言われている。根崎裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 落合正利

    落合正利から見た塚田真希塚田真希

    1994年には教え子の外岡裕子が世界ジュニアの72kg超級で優勝を飾った。一方で、全国大会の団体戦では柳川高校や夙川学院高校に阻まれて優勝まで後一歩のところで逃していたが、1996年のインターハイにおいて高校生にしてアトランタオリンピック66kg級の代表になった一見理沙などの活躍により初優勝を飾った。1999年には後のアテネオリンピック78kg超級の金メダリスト塚田真希の活躍により、金鷲旗でも優勝を果たした。2003年のインターハイでは後に48kg級の世界チャンピオンとなる福見友子や70kg級で世界3位となる渡邊美奈などの活躍により2度目の優勝を飾った。落合正利 フレッシュアイペディアより)

  • 早田英美

    早田英美から見た塚田真希塚田真希

    柔道は8歳の時に始めた。田無第二中学から埼玉栄高校へ進むと、2年の時に金鷲旗とインターハイで3位になった。全国高校選手権の63kg級では準決勝で桜丘高校2年の谷本歩実に払腰で一本勝ちするが、決勝で夙川学院高校2年の八代谷優子に判定で敗れて2位だった。3年の時にはフランスジュニア国際の決勝で地元フランスのリュシ・ドコスに大内刈で一本勝ちして優勝を飾った。金鷲旗とインターハイではともに2位に終わった。全日本ジュニアでは3位に入った。2000年には東海大学へ進んだ。同級生には後にアテネオリンピックの78kg超級で金メダルを獲得することになる塚田真希がいた。1年の時には全日本ジュニアの決勝で筑波大学1年の谷本と対戦して有効を先取するも、谷本に袖釣込腰を仕掛けられた際に前十字靱帯を断裂して身動きが取れなくなってしまい崩上四方固で敗れた。その後手術をして回復するも再び膝の靱帯を損傷してしまい、長期間第一線から離れざるを得なくなった。ようやく3年になって学生体重別に出場すると、決勝で谷本を腕緘で破り、復活の優勝を成し遂げた。優勝大会では2位だった。全国女子体重別では決勝で三井住友海上の徳久瞳を破って、シニアの全国大会で初優勝を飾った。4年の時には優勝大会で優勝した。ユニバーシアードの個人戦では3位だったが、団体戦では優勝を飾った。2004年には綜合警備保障の所属となると、選抜体重別と講道館杯で3位になった。また、実業個人選手権でも3位だった。2005年にはロシア国際で2位になると、選抜体重別では3位となった。その後、イギリスのバース大学で柔道のコーチを務めた。さらには横浜市立保土ヶ谷中学の教員となった。早田英美 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「塚田真希」のニューストピックワード