55件中 11 - 20件表示
  • 長瀬めぐみ

    長瀬めぐみから見た塚田真希塚田真希

    柔道は11歳の時に始めた。蘇南中学時代は柔道部がなかったので陸上競技部に所属し、砲丸投げでは県の新記録を樹立した。一方、柔道では全国中学校柔道大会の56kg超級に出場するものの、決勝トーナメント一回戦で一本負けしたが、埼玉栄高校監督の本松好正にスカウトされて埼玉栄高校へ進むことになった。1年の時には金鷲旗とインターハイの3位に貢献した。全国高校選手権78kg級では3位となった。2年の時には金鷲旗で決勝まで進むが、土浦日大高校3年の塚田真希に崩袈裟固で敗れて2位にとどまった。インターハイでも決勝で市立柏高校に敗れた。3年の時には金鷲旗とインターハイで3位だった。なお、インターハイでは3年連続して市立柏高校に敗れた。一方、全日本ジュニアで優勝すると、世界ジュニアでは3位に入った。長瀬めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 江口啓

    江口啓から見た塚田真希塚田真希

    2003年には松前柔道クラブの所属となると、体重別で3位になった。ユニバーシアードでは個人戦の決勝で中国の劉霞に敗れて2位だったが、団体戦では優勝を飾った。福岡国際では78kg超級の決勝で劉霞、無差別では決勝で綜合警備保障の塚田真希にそれぞれ敗れて2位だった。2004年にはロシア国際とアジア選手権でそれぞれ3位となった。全日本選手権では準決勝でミキハウスの薪谷に有効で敗れるも2度目の3位になった。講道館杯でも決勝で薪谷に敗れて2位だった。福岡国際でも3位だった。2005年にはアメリカのアイダホ大学に留学する傍ら、柔道部の指導にもあたることになった。アメリカ国際で優勝したものの、講道館杯では再び決勝で薪谷に敗れた。2008年には留学先で知り合ったアメリカ人と結婚した。江口啓 フレッシュアイペディアより)

  • ダイマ・ベルトラン

    ダイマ・ベルトランから見た塚田真希塚田真希

    長い間重量級のトップレベルの選手として活躍していた。世界選手権では2度優勝しているが、シドニーオリンピックでは決勝で中国の袁華と僅差で敗れ銀メダルにとどまった。アテネオリンピックの決勝では日本の塚田真希と対戦し開始早々大外刈りで技ありを奪うも、塚田にそのまま寝技で抑え込まれ逆転の一本負けとなりまたも銀メダルに終わった。ダイマ・ベルトラン フレッシュアイペディアより)

  • 藤田博臣

    藤田博臣から見た塚田真希塚田真希

    特に浮落は、”藤田スペシャル”と呼ばれ、引退後に東海大学コーチを務めていた時に、後輩である塚田真希に伝授して、受け継がれており、塚田も試合で度々、使っていた。藤田博臣 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年世界柔道選手権大会

    2011年世界柔道選手権大会から見た塚田真希塚田真希

    今大会はフジテレビ系列で放送された。メインキャスターを西岡孝洋、平井理央、解説を金丸雄介、塚田真希、実況を三宅正治、森昭一郎、竹下陽平、リポーターを三四六が担当した。また、ゲストに谷本歩実が登場した。さらにCS(フジテレビNEXT)ではキャスターを鈴木芳彦、解説を南條充寿が担当した。2011年世界柔道選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小松崎弘子

    小松崎弘子から見た塚田真希塚田真希

    柔道は6歳の時に始めた。土浦第四中学3年の時には全国中学校柔道大会の56kg超級で3位になった。千葉県の市立柏高校に進むと菊川慶一の指導の下でさらに力を付けて、2年の時には金鷲旗で3位、インターハイ団体戦では2位となった。全国高校選手権78kg超級では優勝を飾った。3年の時には金鷲旗で2位だったものの、インターハイの団体戦ではチームの初優勝に貢献した。全日本ジュニアでは2位となった。拓殖大学へ進むと、1年の時には全日本ジュニアの決勝で土浦日大高校3年の塚田真希に敗れて2位だった。正力杯でも2位にとどまった。2年の全日本ジュニアでも決勝で塚田に敗れて3年連続2位に終わった。しかし、アジアジュニアでは中国のトウ文を破って優勝を飾った。世界学生の無差別でも優勝を果たした。一方、正力杯ではこの年から3年連続3位にとどまった。3年の時には全国女子体重別で決勝まで進むが、誠道館船山塾の二宮美穂に敗れた。4年の時には全国女子体重別で3位だった。世界学生の無差別では3位にとどまり、2連覇はならなかった。2003年に自衛隊体育学校に入校すると、実業個人選手権で優勝したが、講道館杯では3位だった。2004年の実業個人選手権では決勝でミキハウスの薪谷翠に敗れた。2005年には選抜体重別で3位だったが、実業個人選手権では2年ぶり2度目の優勝を飾った。小松崎弘子 フレッシュアイペディアより)

  • 立山真衣

    立山真衣から見た塚田真希塚田真希

    東海大学に入学すると、1年の時に福岡国際の78kg超級と無差別で優勝を果たした。2年の時には全日本選手権と選抜体重別でそれぞれ決勝まで進むものの、大学の先輩である綜合警備保障の塚田真希に敗れた。学生体重別と講道館杯では優勝を飾った。塚田がケガをしたために代わりに出場したアジア大会では3位だった。3年の時には全日本選手権で3位になると、全日本学生柔道優勝大会ではチームの優勝に貢献した。学生体重別では大学の後輩である田知本愛に敗れて2位だった。講道館杯では2連覇を飾った。4年の時にも全日本選手権で3位になった。アジア選手権では優勝するが、全日本学生柔道優勝大会と学生体重別ではそれぞれ2位に終わった。嘉納杯では優勝を飾った。立山真衣 フレッシュアイペディアより)

  • 白瀬英春

    白瀬英春から見た塚田真希塚田真希

    女子柔道が益々の活況を見せ始め、全日本学生優勝大会では女子3人制団体・5人制団体が新設されて3年目の2000年、東海大学は入学したばかりの1年生塚田真希の活躍もあり5人制で悲願の初優勝。これにより白瀬は、史上初めて男子・女子の両方で全日本学生大会を制した監督となった。その後も2003年・04年・07年に同大会を制したほか、個人戦でも七條芳美や平井希といった多くの学生チャンピオンを輩出し、東海大女子柔道部は全国にその名を轟かす屈指の名門校となっていった。白瀬英春 フレッシュアイペディアより)

  • テア・ドングザシビリ

    テア・ドングザシビリから見た塚田真希塚田真希

    ドングザシビリがオリンピックに初めて出場したのは28歳で迎えた2004年のアテネオリンピックだった。初出場のアテネオリンピックでは日本代表の塚田真希に敗れて敗者復活戦に回り、チュニジア代表のInsaf Yahyaoui(:en:Insaf Yahyaoui)に技ありあわせて一本で勝利し、同じく敗者復活戦から勝ち上がった中国代表の孫福明と銅メダルを分け合った。テア・ドングザシビリ フレッシュアイペディアより)

  • 土浦日本大学高等学校

    土浦日本大学高等学校から見た塚田真希塚田真希

    塚田真希(2004年アテネオリンピック柔道金メダリスト)土浦日本大学高等学校 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「塚田真希」のニューストピックワード