前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示
  • 声優

    声優から見た水樹奈々水樹 奈々

    1997年に椎名へきるが声優初となる日本武道館コンサートを開催したのを皮切りに、声優が武道館のような大きな会場でコンサートを開催するようになった。2011年12月には水樹奈々が声優初となる東京ドームコンサートを開催。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た戸田恵子戸田 恵子

    1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行ったほか、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た中江真司

    NHKの東京放送劇団からは、巖金四郎、加藤道子、中村紀子子、黒沢良、山内雅人、勝田久、名古屋章、高橋和枝、里見京子、川久保潔、NHK札幌放送劇団出身の若山弦蔵、NHK九州放送劇団出身の内海賢二など多数。民放では後のTBSにあたるラジオ東京放送劇団からは大平透、中村正、滝口順平、田中信夫、朝戸鉄也、向井真理子など。地方局では、CBC中部日本放送劇団出身の中江真司、RKB毎日放送劇団出身の八奈見乗児など。地方局で活動していたのはラジオドラマ時代までで、テレビ時代になると海外作品の吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た石原裕次郎

    以上の事情はアニメと外画吹替における日俳連と音製連とマネ協による協定に基づくものであり、声優、マネジメント事業者、音声製作事業者がそれぞれの団体に所属しなければ、この規定に縛られることはない。例えば、石原裕次郎は映画『わが青春のアルカディア』の出演料が1,000万円だったと言われている。そのため組織率を高めるために、音製連が製作する作品に出演する人数について「日俳連に属さない出演者の数は全体の20%以内」とし、日俳連に属さない出演者については加盟を推奨することが音製連には課せられている。逆にマネ協・日俳連側は、音製連に入っていない製作会社へ音声連への加盟を奨めることとなっている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た永井一郎

    声優の待遇改善については、声優の多くが日本俳優連合(日俳連)に所属しており、日俳連は音響制作会社の集合体である日本音声製作者連盟(音製連)、声優のマネージメントを行う事業者で組織する日本芸能マネージメント事業者協会(マネ協)と「三団体実務小委員会」を設けて、出演ルールの改定や待遇の改善を申し入れて来た。ときにはストライキ(1973年8月8日)や街頭デモ活動を行うなどして、1973年には報酬の314%アップ、1980年には再放送での利用料の認定、1991年には170%アップするなどの成果を勝ち取って来た。業界に対してのみならず、1973年と2001年にはデモ行進、1988年には永井一郎が『オール讀物』(文藝春秋)において『磯野波平ただいま年収164万円』と題してアニメ出演料の安さを訴える記事を寄せて、世間一般への理解を求める行動を起こしている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た滝口順平

    NHKの東京放送劇団からは、巖金四郎、加藤道子、中村紀子子、黒沢良、山内雅人、勝田久、名古屋章、高橋和枝、里見京子、川久保潔、NHK札幌放送劇団出身の若山弦蔵、NHK九州放送劇団出身の内海賢二など多数。民放では後のTBSにあたるラジオ東京放送劇団からは大平透、中村正、滝口順平、田中信夫、朝戸鉄也、向井真理子など。地方局では、CBC中部日本放送劇団出身の中江真司、RKB毎日放送劇団出身の八奈見乗児など。地方局で活動していたのはラジオドラマ時代までで、テレビ時代になると海外作品の吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た神谷明神谷 明

    1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行ったほか、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たスティーブン・スピルバーグ

    アニメとは異なりオーディションはほとんど行われず、プロデューサーやディレクターなどが声優を指名して決めることがほとんど。ただし、ディズニー作品、スティーブン・スピルバーグ作品、ジョージ・ルーカス作品などでは指名ではなく、アニメ同様オーディションが行われるという。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た宮崎駿

    1990年代以降の宮崎駿のスタジオジブリ作品がよく他の芸能人・著名人などを声優に起用している。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たアラン・ドロン

    民放テレビの草創期には、1961年の五社協定でテレビ局への日本映画の供給停止が決まったことなどによるソフト不足から、海外ドラマや洋画などのいわゆる外画の日本語吹き替え版が数多く放送された。当初、NHKは基本的に字幕スーパーで日本国外の作品を放送していたため、日本語吹き替え版は民放が中心となっていた。以後、日本国外の作品は1960年代前半をピークとして放送された。これらを背景として声優人気が高まっていったという。ブームの中心人物はアラン・ドロンを持ち役とした野沢那智で、追っかけまでいたという。声優 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
173件中 1 - 10件表示

「声優」のニューストピックワード