193件中 121 - 130件表示
  • 声優

    声優から見たキャラクターソング

    アニメ・ゲームにおいては、メインキャラクター級の担当声優が、その作品の主題歌を歌うことがある。また、キャラクターが歌っているという設定で、声優本人の名義ではなく、キャラクター名義でキャラクターソングをリリースすることがある。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たアニメージュ

    この時代はアニメ雑誌が創刊され始めた時代であり、『アニメージュ』の創刊編集長である尾形英夫は、声優のアイドル化を編集方針の一つとして打ち出した。『アニメージュ』以外の他のアニメ誌も同様に誌面に声優コーナーを設けて、定期的に声優の情報を発信した。人材の供給・育成面では、声優専門プロダクションが分裂することによって次第に数が増え始め、各プロダクションにより声優養成所が設けられた。これらにより、放送劇団出身者や舞台役者などの俳優活動の一環や余技としての声優業ではなく、最初からアニメ声優を目指した声優が登場し始めた。このブームはおおむね1980年代前半頃までとされている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た仮面ライダーBLACK RX

    東映の特撮変身ヒーロー作品、とりわけ「仮面ライダーシリーズ」の「昭和ライダー」最終作にあたる『仮面ライダーBLACK RX』および「スーパー戦隊シリーズ」では『炎神戦隊ゴーオンジャー』に至るまで長きにわたりオールアフレコで制作されてきた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たスカイ・クロラシリーズ

    アニメ監督の原恵一は、他の芸能人や劇団の子役・俳優を声優に起用している。同じくアニメ監督の富野由悠季は、声優の演技は型にはまっていると批判したことがあり、主役に劇団出身者や新人声優を多く起用している。同じくアニメ監督の押井守は、存在感と新鮮さが声優に勝ることがあるとして、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』ではメインキャラクター全員に有名俳優を起用している。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た赤胴鈴之助

    1951年に民間ラジオ局のラジオ東京(現:TBSラジオ)が開局、専属の放送劇団(ラジオ東京放送劇団、後のTBS放送劇団)を設立して1957年に放送した連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』は当時の子供たちから絶大な支持を得た。テレビ放送がなく、ラジオがマスメディアで主要な地位を占めていたラジオドラマ時代の声優は決して日陰の存在ではなく、二枚目の主役の声を多く演じた名古屋章には月に何十通ものファンレターが届いたという。ラジオドラマは全盛期を迎え、声優の紹介記事が新聞のラジオ欄に掲載されるようになると、声優へのファンレターと同時に声優に憧れ、声優志願者も急増した。1953年のNHK東京放送劇団の第5期生募集には合格者が10名程度のところへ6000名の応募が殺到したという。この時代を声優の勝田久は第1期声優黄金時代としている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た第60回NHK紅白歌合戦

    一般の音楽テレビ番組に出演し歌を歌うこともある。2009年に水樹奈々が声優初となるNHK紅白歌合戦(第60回NHK紅白歌合戦)出場を果たす。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た夜のドラマハウス

    1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行ったほか、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た児童劇団

    児童劇団に所属する小中学生が声優の仕事をすることが多いが、そのまま、声優業を中心に活躍するケースも、古谷徹、古川登志夫など、古くから多くの例がある。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たウルトラシリーズ

    『スーパー戦隊シリーズ』『仮面ライダーシリーズ』『ウルトラシリーズ』などといった特撮番組に登場するキャラクターの声を演じる。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た五社協定

    民放テレビの草創期には、1961年の五社協定でテレビ局への日本映画の供給停止が決まったことなどによるソフト不足から、海外ドラマや洋画などのいわゆる外画の日本語吹き替え版が数多く放送された。当初、NHKは基本的に字幕スーパーで日本国外の作品を放送していたため、日本語吹き替え版は民放が中心となっていた。以後、日本国外の作品は1960年代前半をピークとして放送された。これらを背景として声優人気が高まっていったという。ブームの中心人物はアラン・ドロンを持ち役とした野沢那智で、追っかけまでいたという。声優 フレッシュアイペディアより)

193件中 121 - 130件表示

「声優」のニューストピックワード