173件中 61 - 70件表示
  • 声優

    声優から見た水島裕水島 裕

    1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行ったほか、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たTBSテレビ

    テレビの吹き替え作品第1号はTBSの前身であるKRTテレビが1955年10月9日より放送開始したアメリカのアニメ『スーパーマン』であると言われる。実写では1956年にTBSの前身であるKRTテレビで放送された『カウボーイGメン』と記録されている。これらKRTテレビでの放送はいずれも生放送による吹き替えで、あらかじめ録音したアフレコによる作品第1号は、アニメでは1956年4月8日に日本テレビが、番町スタジオの安井治兵衛に依頼して放送した海外アニメ『テレビ坊やの冒険』。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たNHK総合テレビジョン

    めったにないが、一般の音楽テレビ番組に出演し歌を歌うこともある。2009年から水樹奈々がNHKの音楽番組を中心によく出演するようになった。2009年に水樹奈々が声優初のNHK紅白歌合戦(第60回NHK紅白歌合戦)出場を果たした。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た原恵一

    アニメ監督の原恵一は、声優のオーバーな演技やいわゆる「アニメ声」が苦手であるとして、自身の監督作品では他の芸能人や劇団の子役・俳優を声優に起用している。同じくアニメ監督の富野由悠季は、声優の演技は型にはまっているとして、演劇系の役者のナチュラルな演技を買っている。同じくアニメ監督の押井守は、存在感と新鮮さが声優に勝ることがあるとして、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』ではメインキャラクター全員に有名俳優を起用している。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た古川ロッパ

    アニメでは、1933年には日本初のトーキーの短編アニメーション映画『力と女の世の中』が公開。アニメキャラクターに声をあてたのは、喜劇役者の古川ロッパをはじめとする映画俳優達だった。1942年には中国の長編アニメーション映画『西遊記・鉄扇姫の巻(鉄扇公主)』が日本で公開され、活動弁士出身の徳川夢声、山野一郎などが声をあてた。第二次世界大戦後に発足した東映動画により日本でもコンスタントにアニメ映画が製作されるようになると、映画俳優、コメディアン、放送劇団員が使われた。また、洋画の吹き替えはテレビ時代になってから行われるようになった。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た大平透

    NHKの東京放送劇団からは、巖金四郎、加藤道子、中村紀子子、黒沢良、山内雅人、勝田久、名古屋章、高橋和枝、里見京子、川久保潔、NHK札幌放送劇団出身の若山弦蔵、NHK九州放送劇団出身の内海賢二など多数。民放では後のTBSにあたるラジオ東京放送劇団からは大平透、中村正、滝口順平、田中信夫、朝戸鉄也、向井真理子など。地方局では、CBC中部日本放送劇団出身の中江真司、RKB毎日放送劇団出身の八奈見乗児など。地方局で活動していたのはラジオドラマ時代までで、テレビ時代になると海外作品の吹き替えなどの声優の仕事は東京に集中していった。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た井上伸一郎

    声優名の前にCVと付いていることがあるが、これは「キャラクターボイス(Character Voice)」の略で、そのキャラクターの声を担当する声優であることを表す。キャラクターボイスとは、1980年代後半にアニメ雑誌『アニメック』で副編集長だった井上伸一郎が提唱した俗称で、その後、井上が角川書店に移籍して創刊した『月刊ニュータイプ』によって普及した。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た麻上洋子

    この時代はアニメ雑誌が創刊され始めた時代であり、『アニメージュ』の創刊編集長である尾形英夫は、声優のアイドル化を編集方針の一つとして打ち出した。『アニメージュ』以外の他のアニメ誌も同様に誌面に声優コーナーを設けて、定期的に声優の情報を発信した。人材の供給・育成面では、声優専門プロダクションが分裂することによって次第に数が増え始め、各プロダクションにより声優養成所が設けられた。これらにより、放送劇団出身者や舞台役者などの俳優活動の一環や余技としての声優業ではなく、最初からアニメ声優を目指した声優が登場し始めた(麻上洋子がその第1号の声優と言われている)。このブームはおおむね1980年代前半頃までとされている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た中村歌右衛門 (5代目)

    1925年3月、NHKの前身である社団法人東京放送局がラジオ放送を開始。そのわずか1ヶ月後に「映画劇せりふ」の番組内でサイレント映画『大地は微笑む』の台詞劇が放送された。この時の声の出演は新派劇俳優の井上正夫、女優の栗島すみ子などであった。専門職としてではないが、実質的に彼らが「日本で最初の声優」である。同年7月には舞台中継をスタジオで再現した『桐一葉』(出演:中村歌右衛門 \(5代目\)など)、さらに日本初の本格的なラジオドラマとして『大尉の娘』(出演:井上正夫、水谷八重子)が放送される。同年9月、東京放送局は声だけで演技を行う専門の俳優としてラジオドラマ研究生を公募。百余名の応募者のうち12名の女性が選ばれ、11月にラジオドラマ『太っちょう』に声をあてる。声優の歴史に関する多くの資料では彼女たちが「日本の声優第1号」とみなされている。この当時は新聞では「ラヂオ役者」と呼称していた。また、この頃(主に1930年代)活躍していた者として舞台女優の飯島綾子が挙げられる。彼女はラジオドラマの他に日本舞踊家や歌手(流行歌・歌謡曲・童謡オペレッタ)としても多彩な活動をしていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た徳川夢声

    アニメでは、1933年には日本初のトーキーの短編アニメーション映画『力と女の世の中』が公開。アニメキャラクターに声をあてたのは、喜劇役者の古川ロッパをはじめとする映画俳優達だった。1942年には中国の長編アニメーション映画『西遊記・鉄扇姫の巻(鉄扇公主)』が日本で公開され、活動弁士出身の徳川夢声、山野一郎などが声をあてた。第二次世界大戦後に発足した東映動画により日本でもコンスタントにアニメ映画が製作されるようになると、映画俳優、コメディアン、放送劇団員が使われた。また、洋画の吹き替えはテレビ時代になってから行われるようになった。声優 フレッシュアイペディアより)

173件中 61 - 70件表示

「声優」のニューストピックワード