173件中 71 - 80件表示
  • 声優

    声優から見たスーツアクター

    着ぐるみショーでは生で声を合わせることもあるが、基本的には事前に声を収録してそれに合わせて着ぐるみの中の演者(スーツアクター)が演技を行う。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た尾形英夫

    この時代はアニメ雑誌が創刊され始めた時代であり、『アニメージュ』の創刊編集長である尾形英夫は、声優のアイドル化を編集方針の一つとして打ち出した。『アニメージュ』以外の他のアニメ誌も同様に誌面に声優コーナーを設けて、定期的に声優の情報を発信した。人材の供給・育成面では、声優専門プロダクションが分裂することによって次第に数が増え始め、各プロダクションにより声優養成所が設けられた。これらにより、放送劇団出身者や舞台役者などの俳優活動の一環や余技としての声優業ではなく、最初からアニメ声優を目指した声優が登場し始めた(麻上洋子がその第1号の声優と言われている)。このブームはおおむね1980年代前半頃までとされている。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た椎名へきる

    1997年に椎名へきるが声優初となる日本武道館コンサートを開催したのを皮切りに、声優が武道館のような大きな会場でコンサートを開催するようになった。2011年12月には水樹奈々が声優初となる東京ドームコンサートを開催。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たスラップスティック (バンド)

    1970年代後半の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』のヒットによるアニメブームと並行して起こったブーム。そのブームに押される形で声優業と並行した音楽活動も盛んになり、神谷明、古谷徹、古川登志夫などのアニメの美男子キャラクターを持ち役とする人気声優によるバンド『スラップスティック』を結成してライブ活動を行ったほか、多くの声優がレコードを出すなどした。当時万単位のレコードを売り上げる声優として、潘恵子、戸田恵子、神谷明、水島裕、スラップスティックの名が挙げられている。1979年に放送開始した『アニメトピア』などアニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組なども誕生。ラジオドラマでは声優人気を背景にした『夜のドラマハウス』があり、アマチュア声優コンテストも開催されていた。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たグラビアアイドル

    あまりないケースだが、アイドル・グラビアアイドル・モデル・特撮番組系俳優・お笑いタレント・レポーターなどといった経歴の者もいる。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た芸能人

    俳優・歌手・音楽家・アイドル・グラビアアイドル・モデル・お笑いタレント・スポーツ選手・アナウンサーなどといった他の芸能人・著名人が、声優活動をすることがたまにある。中には作品の質よりも話題性を狙って、他の芸能人・著名人などを声優に起用するということもある。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見た音楽ユニット

    数名の声優が音楽ユニットを結成し、歌手(音楽)活動をするケースもあり、そういう音楽ユニットのことを声優ユニットと称されることが多い。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たNHK紅白歌合戦

    めったにないが、一般の音楽テレビ番組に出演し歌を歌うこともある。2009年から水樹奈々がNHKの音楽番組を中心によく出演するようになった。2009年に水樹奈々が声優初のNHK紅白歌合戦(第60回NHK紅白歌合戦)出場を果たした。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たキャラクター

    アニメや洋画などの登場人物・登場キャラクターの声を演じるのが声優の主な仕事。声優 フレッシュアイペディアより)

  • 声優

    声優から見たアーケードゲーム

    CD-ROMの普及し始めた1980年代末から増えた仕事である。初期は据え置き型ゲームが中心だったが、近年では携帯型ゲームやアーケードゲームでの仕事も増えている。声優 フレッシュアイペディアより)

173件中 71 - 80件表示

「声優」のニューストピックワード