146件中 11 - 20件表示
  • 児童買春

    児童買春から見た売春防止法売春防止法

    児童買春が「年少者の健全な性道徳を破壊する」という観点からも(大雑把にいえば、自分の性は自分が好きなように売買しても良いという通念が年少者に蔓延すれば、胎児、ひいては人間の生命の尊厳に対する敬意も社会全体から失われてしまうという危機感である)、従来からの売春防止法に基づくものとは別に、規制を加える必要があるとの世論が高まった。児童買春 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿二丁目

    新宿二丁目から見た売春防止法売春防止法

    1958年(昭和33年)、売春防止法の施行により、「赤線(旧遊郭)の街」としての旧新宿二丁目は幕を閉じることとなり、旅館や飲食店、ヌードスタジオ、トルコ風呂(ソープランド。現在も数軒営業中)などが点在する地域になった。その後遊郭や旅館の殆どはビジネスホテルなどにその姿を変え、旧新宿二丁目西端(現新宿三丁目東端)エリアは要町と呼ばれる、「要通り」や「末広通り」などを有する都内屈指の飲み屋街になり、現在の二丁目は世界屈指のゲイタウン(後述)へと変貌を遂げた。2008年には東京メトロ副都心線の新宿3丁目駅が開通し、周辺はミニバブルが起きるなど、商業・オフィスエリアとしても注目を集めている。新宿二丁目 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線

    赤線から見た売春防止法売春防止法

    赤線(あかせん)は、GHQによる公娼廃止指令(1946年)から、売春防止法の施行(1958年)までの間に、半ば公認で売春が行われていた日本の地域である。赤線区域、赤線地帯などとも。赤線 フレッシュアイペディアより)

  • 東京の花街

    東京の花街から見た売春防止法売春防止法

    1617年(元和3年)、現在の日本橋人形町の付近に「元吉原」とよばれる遊廓を開設。1657年、明暦の大火により焼失。現在の台東区千束に移転、「新吉原」と呼ばれるようになった。幾度の火災を経て、1958年(昭和33年)の売春防止法施行まで遊廓の営業を続けた。現在はソープランドが密集する歓楽街である。東京の花街 フレッシュアイペディアより)

  • わいせつ、姦淫及び重婚の罪

    わいせつ、姦淫及び重婚の罪から見た売春防止法売春防止法

    営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させる行為を処罰する犯罪類型。法定刑は三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金。なお、売春防止法を参照。わいせつ、姦淫及び重婚の罪 フレッシュアイペディアより)

  • 久布白落実

    久布白落実から見た売春防止法売春防止法

    戦後、売春禁止法制定促進委員会委員長となり、1956年の売春防止法の制定に尽力した。久布白落実 フレッシュアイペディアより)

  • 戸叶里子

    戸叶里子から見た売春防止法売春防止法

    売春防止法制定に尽力する一方、1960年の安保国会では飛鳥田一雄・石橋政嗣・岡田春夫らとともに「安保7人衆」の一人として政府追求の先頭に立った。長く衆院外務委員を務め、「社会党内閣が発足したら外務大臣」の呼び声も高かった。戸叶里子 フレッシュアイペディアより)

  • 婦人保護施設

    婦人保護施設から見た売春防止法売春防止法

    婦人保護施設(ふじんほごしせつ)とは、売春防止法(昭和31年5月24日法律第118号)第36条により、都道府県により設置される要保護女子を収容保護するための施設である。婦人保護施設の施設設備・運営等については、「婦人保護施設の設備及び運営に関する最低基準(平成14年3月27日厚生労働省令第49号。以下、省令という。)」に定められている。婦人保護施設 フレッシュアイペディアより)

  • 婦人相談所

    婦人相談所から見た売春防止法売春防止法

    婦人相談所(ふじんそうだんじょ)は、売春防止法第34条第1項により各都道府県に設けられた行政機関で、婦人保護事業の中枢機関として要保護女子(性行又は環境に照して売春を行うおそれのある女子)の早期発見、転落の未然防止及び保護更生のための業務を行う。婦人相談所 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤とよ子

    常盤とよ子から見た売春禁止法売春防止法

    1958年(昭和33年)、売春禁止法施行。常盤とよ子 フレッシュアイペディアより)

146件中 11 - 20件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード