200件中 11 - 20件表示
  • 赤線地帯

    赤線地帯から見た売春防止法売春防止法

    そんな中で製作されたこの作品は、売春防止法制定前後(同法公布は1956年5月24日)の社会情勢をリアルタイムに取り入れた現代劇で、溝口作品の真骨頂とも言うべき女性主体の作品となった。特殊飲食店「夢の里」を舞台に娼婦たちの生き様を生々しく描いた悲喜劇で、明確な主役は据えておらず大勢の女優が軽快なテンポで次々に登場する豪華な女性群像劇となった。赤線地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線

    赤線から見た売春防止法売春防止法

    赤線(あかせん)は、GHQによる公娼廃止指令(1946年)から、売春防止法の施行(1958年)までの間に、半ば公認で売春が行われていた日本の地域である。赤線区域、赤線地帯などとも。赤線 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤とよ子

    常盤とよ子から見た売春防止法売春防止法

    1956年には売春防止法が成立し、常盤は女たちの更生寮に目を向けていく。常盤とよ子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における売買春

    日本における売買春から見た売春防止法売春防止法

    日本における売買春(にほんにおけるばいばいしゅん)では、日本の歴史を通してずっと存在している日本の売買春について述べる。1956年(昭和31年)の売春防止法は「何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない」と定めているが、この法律の抜け道と厳格でない解釈、ゆるい施行によって、国のGDPの0.4から0.5%に相当する年間推定2兆3千億円にも上る性産業が許されている。日本における売買春 フレッシュアイペディアより)

  • 松島遊廓

    松島遊廓から見た売春防止法売春防止法

    戦前と戦後で場所が異なる。戦前は現在の千代崎1・2丁目にあったが大阪大空襲で焼失。戦後は現在の本田2丁目・九条1丁目に場所を移して赤線として復活。1958年(昭和33年)の売春防止法施行以降、届出上は「料理店」となっているが、「仲居と客との自由恋愛」と称する行為が行なわれている。料金は30分15000円から、1日平均7人の客で、10万円ほどの売り上げが平均的。2013年時点で、約8万平方メートルの敷地内に104店舗の「料理店」が存在。松島遊廓 フレッシュアイペディアより)

  • 東京の花街

    東京の花街から見た売春防止法売春防止法

    1617年(元和3年)、現在の日本橋人形町の付近に「元吉原」とよばれる遊廓を開設。1657年(明暦3年)、明暦の大火により焼失。現在の台東区千束に移転、「新吉原」と呼ばれるようになった。幾度の火災を経て、1958年(昭和33年)の売春防止法施行まで遊廓の営業を続けた。現在はソープランドが密集する歓楽街である。東京の花街 フレッシュアイペディアより)

  • 親なるもの 断崖

    親なるもの 断崖から見た売春防止法売春防止法

    そして月日は流れ、昭和33年。道生は成人し嫁ぐ日を迎えていた。大河内邸には近所の住民が集まり、ガキ大将だった彼女が花嫁として嫁いで行く姿を見守っていた。人々は大河内の祖母が道生の花嫁姿を見る事なく、亡くなった事を惜しんだ。茂世にあいさつする道生。道生の嫁入り行列が、地球岬を歩いて行く。地球岬の向こうで、新郎・つぐじが道生を出迎えていた。同じ頃、武子は44歳。幕西遊郭は前年(昭和32年)から施行された売春防止法により、長い歴史に幕を下ろそうとしていた。病に倒れた「富士楼」の元女将は危篤状態となっており、武子は「道生が小学校教諭となり、子供達に戦争の恐ろしさを説いている」ことを彼女に教えた。親なるもの 断崖 フレッシュアイペディアより)

  • 青線

    青線から見た売春防止法売春防止法

    日本で売春防止法施行以前に非合法で売春が行われていた地域の俗称。この項目で記述。青線 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た売春防止法売春防止法

    1948年、昭電疑獄において、重要人物の召喚を次々と予告して的中させる、連続特大スクープをおこない、「朝起きたら読売を見る、自分の名前が出ていないのを確認して朝日を読む」といわしめるほどの報道をおこなった。このセンセーショナルな紙面作りを可能にしたのは、記者としての訓練をほとんど受けていない、入社3年目の駆け出し記者、24歳の立松和博である。立松和博の父・懐清は、朴烈事件の予審判事。そのため立松は、検察幹部に可愛がられ、「木内曾益 最高検次長検事―馬場義続・東京高等検察庁次席検事―河井信太郎・東京地方検察庁主任検事」のラインに結びつくことに成功した。当時、GHQ内は、日本の占領統治をめぐって、右のチャールズ・ウィロビー少将と左のチャールズ・L・ケーディスが対立・分裂しており、ウィロビー少将は自由党の吉田茂を支持していた。「木内?馬場?河井」の検察ラインは、芦田均内閣を潰そうとするGHQの政治的思惑にそって、昭電疑獄をでっちあげて、検察が政治を支配する時代をつくりあげたのである。河井信太郎は、馬場の黙認の下、捜査情報を読売新聞にリークし続けた。検察は、読売新聞一社のみにスクープを独占・継続させることを通して、強烈なインパクトを各界にあたえ、芦田連立政権を崩壊させることに成功した。ただ、立松は、読売の連続スクープに息巻く他社の記者たちから、河井がネタ元であることを悟らせないようにするため、細心の注意を払わざるをえず、睡眠不足と疲労からヒロポンを打つほど心身がボロボロになり、ほどなくして休職に追いこまれることになる。1957年の売春防止法の読売新聞における大誤報事件は、取材体制の出遅れにあせった景山与志雄社会部長が、昭電疑獄時のエース記者、立松を病欠から呼びもどしたことからはじまった、という。なお、司法記者クラブが検事の家に夜討ち朝駆けをして「ネタ」を物乞いする習慣は、昭電疑獄から始まり、造船疑獄で定着、ロッキード事件やダグラス・グラマン事件、リクルート事件では、検察関係者による報道機関に対するリーク、すなわち検察リークが猛威を振るうことになる。検事たちが思いあがり、報道機関が検察批判をすると、ただちに「出入り禁止」にする慣行は、三田和夫によれば、読売新聞による昭電疑獄・造船疑獄報道が原因、と、読売新聞の行為を厳しく断罪している。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 管理売春

    管理売春から見た売春防止法売春防止法

    日本では法律(売春防止法)で禁止されており、管理売春に関しては売春防止法12条において「自己の占有、管理する場所又は指定する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とする罪」として刑事罰の対象となり、当局による摘発が行われる。単純売春については、公衆の目にふれるような方法で勧誘等(ポン引き)をすることを除き、刑事罰の規定が設けられていない。管理売春 フレッシュアイペディアより)

200件中 11 - 20件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード