146件中 51 - 60件表示
  • 角海老グループ

    角海老グループから見た売春防止法売春防止法

    鈴木は2009年7月2日、売春防止法違反の疑いで警視庁保安課と浅草署に逮捕された。また、吉原地区で無届けで風俗案内所を運営していた容疑でもグループの関係者が逮捕されている。角海老グループ フレッシュアイペディアより)

  • 管理売春

    管理売春から見た売春防止法売春防止法

    日本では法律で禁止されており、管理売春に関しては売春防止法12条において「自己の占有、管理する場所又は指定する場所に居住させ、これに売春をさせることを業とする罪」として刑事罰の対象となり、当局による摘発が行われる。単純売春については罰則の規定が設けられていない。管理売春 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田遊郭

    飯田遊郭から見た売春防止法売春防止法

    現在の普門院天満宮の裏手に入口の門があり、そばに背の高い2本の松の木があったことから後に二本松遊郭とも呼ばれた。西側から幅5m程度の狭い道の行止りにあたる場所で、数軒通った辺りで鍵の手となり、遊郭の奥は見えない作りになっていた。遊郭の周りには柵があり、柵の中には風呂屋、仕出屋、小間屋などがあった。1956年の売春防止法制定以後は、全国の遊郭と同じように歴史に幕を閉じ、貸間やアパート業などを営んだ。しかし、建物は次々に壊されていった。1947年には市街地の大半を焼き尽くす飯田大火があったが、この付近は災禍を免れ、近年まで鍵の手の場所にあった久保田楼(丸鷲楼→深川楼→清川楼→久保田楼)と前出の深津楼の二棟が、かつての繁栄の面影を残していた。そのうち久保田楼は、開設後しばらくして建てられたという記録から明治20年前後の建設と見られ、面積は約760?、全25部屋という規模を誇った。売春防止法以降は貸部屋として使われ、明治以降に建てられた現存する遊郭は全国的にも珍しいものであり、飯田市においても旧市街地における大火以前の建築物の希少性から貴重な遺産となっていた。飯田遊郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五番町 (京都市)

    五番町 (京都市)から見た売春防止法売春防止法

    第二次世界大戦後、「西陣新地」と名称を変え営業していたが1958年(昭和33年)3月15日、売春防止法施行により廃止された。その後、一部のお茶屋は残っていたが時代の流れにより普通の住宅地へと変貌し、遊廓としての面影はわずかにしか残っていない。五番町 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 七条新地

    七条新地から見た売春防止法売春防止法

    しかし、第二次世界大戦後は赤線に移行し、昭和33年(1958年)の売春防止法施行により遊廓としての幕を閉じ、それ以後は『五条楽園』という芸妓一本の花街として現在に至る。(一部に旧来のサービスも残る。)七条新地 フレッシュアイペディアより)

  • 撞木町

    撞木町から見た売春防止法売春防止法

    町名は道路の形が撞木(しゅもく、T字形)に由来する。江戸時代、伏見街道付近に遊里(遊廓)が設置され、当時は「恵美酒町」(えびすちょう)と称された。元禄期、山科に隠居していた大石内蔵助が出入りし、「笹屋」という揚屋で遊興したと伝えられる。しかし、遊廓が小規模であり伏見港付近の柳町(のちの中書島)が栄えるようになり衰退するが忠臣蔵ゆかりの場所として知られていたため存続し、1958年(昭和33年)3月15日、売春防止法施行によってお茶屋9軒、娼妓40名で遊廓は廃止された。撞木町は京都の花街(遊廓)で最も小さな規模だった。現在、遊廓時代の面影は無く、入り口には大門の石柱と石碑が残されるのみである。撞木町 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線 (映画)

    赤線 (映画)から見た売春防止法売春防止法

    しかし、売春防止法施行の1958年以前が舞台であるにもかかわらず、荒川良々扮する「キムラヤ」が背中にアンパンマンの描かれた阪神タイガース風の法被を着ていたり(テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』の放送開始はその30年後の1988年であり、プロ野球の応援グッズでそのような法被が登場するのは少なくとも広島東洋カープが初のリーグ優勝を遂げた1975年以降)、カフウと娼婦が顔を合わせて「グッジョブ!」のポーズをするなど(少なくともそのポーズが流行りだすのは1990年代後半以降)、時代背景が余りにもイレギュラーになっていることも当作品の特徴である(ある意味、時代不詳のパラレルワールドとも取れる=テレビアニメ『ヤッターマン』の第1作と同様)。赤線 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エクパット

    エクパットから見た売春防止法売春防止法

    ECPAT/ストップ子ども買春の会(通称:エクパット東京)は、日本で活動するエクパットの関連団体。売春防止法の強化や慰安婦に対する補償請求などといった女性の人権擁護活動を展開していた日本キリスト教婦人矯風会を母体として、1992年に発足した。代表は日本キリスト教婦人矯風会の性・人権部幹事である宮本潤子。前共同代表として日本基督教団所属の中原真澄がいた。顧問として警察庁 生活安全局出身の後藤啓二(2010年の東京都青少年健全育成条例改正案の草案を担当)がいる。エクパット フレッシュアイペディアより)

  • 中村遊廓

    中村遊廓から見た売春防止法売春防止法

    1958年(昭和33年)の売春防止法の施行は4月1日からだったが、名楽園では、業界のモデルケースとなるべく、1月からの自主転廃業に踏み切った。旅館に転業が約40軒、トルコ風呂に転業したのが約10軒、飲食店に転業したのが約20軒あった。中でも転業費用が安かった旅館は、転業当初から1ヶ月に10?15人の客しか付かず、わずか3ヵ月後の昭和33年4月にもなると、旅館許可を返上したり、許可はそのままでも店を閉ざすものも現れ、早くも再転業の声が出る始末となった。中村遊廓 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本の女性史

    1986年の日本の女性史から見た売春防止法売春防止法

    5月27日 売買春ととりくむ会主催、売春防止法30周年記念集会1986年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード