200件中 61 - 70件表示
  • 華の誓い

    華の誓いから見た売春防止法売春防止法

    青森で父・母を亡くし、貧乏な中で幼い弟妹の面倒を見ざるを得なくなった18歳の少女・雪子は、川崎の遊郭の息子で実家から家出してきた陸男と出会う。雪子は陸男の実家である川崎の遊郭「三角座」に身を売るが、やがて売春防止法が施行され、赤線は廃止。華の誓い フレッシュアイペディアより)

  • 淫行条例

    淫行条例から見た売春防止法売春防止法

    児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(児童買春法)施行(1999年)以前には児童買春もこの淫行条例違反として検挙されていた。売春防止法第3条で単純売春(例:愛人や妾などが複数の者と同様の関係を結び対価を受け取る)や買春自体を禁止してはいるが罰則は規定されておらず、また同法第5条規定の罰則では出会い系・テレクラ・街頭での勧誘等公衆の目に触れる形での勧誘などが処罰対象である。すなわち、この児童買春法施行以前、唯一の売買春関連法令てある売春防止法には買春する側の男性に対する罰則がなかった。当時、児童福祉法においての「児童をして自分自身と淫行をさせる行為」は広く曖昧で運用上基本的に適用された例があまりなく、淫行条例のない自治体で児童買春をしても罰するのが難しい状況であった。そのため児童買春法以前の淫行条例に関する議論や、援助交際(買春)に対する罰則をより明確に規定した法律の導入を求める署名活動・陳情などは児童買春の問題が中心になりやすかった。淫行条例 フレッシュアイペディアより)

  • 山谷堀

    山谷堀から見た売春防止法売春防止法

    江戸時代には、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から遊郭入口の大門近くまで猪牙舟が遊客を乗せて行き来し、吉原通いを「山谷通い」とも言った。船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされた。界隈には船宿や料理屋などが建ち並び、「堀」と言えば、山谷堀を指すくらいに有名な場所だったが、明治時代に遊興の場が吉原から新橋などの花街に移るにつれて次第に寂れ、昭和には肥料船の溜まり場と化し、永井荷風の記述によると、昭和初期にはすでに吉原は衰退しており、山谷堀も埋め立てが始まっていた。戦後の売春防止法による吉原閉鎖後、1975年までにすべて埋め立てられた。山谷堀 フレッシュアイペディアより)

  • 和姦

    和姦から見た売春防止法売春防止法

    但し、児童同士で双方の合意のある性交渉であっても、金銭の授受が前提であった場合は、買春した側は児童買春・児童ポルノ処罰法違反に問われ、売春した側は売春防止法違反容疑に問われる(本番行為なしの場合を除く)可能性もある。和姦 フレッシュアイペディアより)

  • 婦人補導院

    婦人補導院から見た売春防止法売春防止法

    婦人補導院(ふじんほどういん)とは、売春防止法第17条に基づく補導処分がなされた満20歳以上の女子を収容し、これを更生させるために補導を行う施設であり、法務省の設置する矯正施設の一つである。根拠法は婦人補導院法。婦人補導院 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山 (長崎市)

    丸山 (長崎市)から見た売春防止法売春防止法

    寛永末頃の集娼制度設立により、寛永19年(1642年)に市中の遊女屋が全て丸山の地に集められたのが始まりである。外国人を対象とした遊郭としては当時唯一のものであり、丸山遊女のみが唐人屋敷や出島に出入りすることを許されていた。のち、その区域も整備され町名も太夫町から丸山町・寄合町に変更された。1956年の売春防止法公布により遊廓としての丸山は終焉した。丸山 (長崎市) フレッシュアイペディアより)

  • ざる法

    ざる法から見た売春防止法売春防止法

    日本の売春防止法では買春が一般的には犯罪とならないため売春の抑止とならないこと、同じく日本の未成年者飲酒禁止法では未成年者が自動販売機などで容易に酒類を入手できることを、それぞれ「抜け穴」とみれば、ざる法という余地がある。ざる法 フレッシュアイペディアより)

  • 戸叶里子

    戸叶里子から見た売春防止法売春防止法

    売春防止法制定に尽力する一方、1960年の安保国会では飛鳥田一雄・石橋政嗣・岡田春夫らとともに「安保7人衆」の一人として政府追及の先頭に立った。長く衆院外務委員を務め、「社会党内閣が発足したら外務大臣」の呼び声も高かった。戸叶里子 フレッシュアイペディアより)

  • 西ヶ原遊郭

    西ヶ原遊郭から見た売春防止法売春防止法

    1958年(昭和33年)、売春防止法施行により全軒廃業した。その後、何軒かは公衆浴場として残っていたが、現在は廃墟と化している。西ヶ原遊郭 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子 (花街)

    八王子 (花街)から見た売春防止法売春防止法

    花街としての歴史は古く、江戸時代は甲州街道の宿場町であると同時に絹織物産業の街として栄え、街道の旅籠には飯盛女(宿場女郎)が置かれ、後の遊廓の元となる。明治初期に芸妓置屋、料理屋による狭義の花街が誕生する。大火の影響で遊廓は田町に移転し、昭和33年(1958年)の売春防止法施行まで続いた。一方の花街は、織物産業の影響で繁栄し昭和4年(1929年)には芸妓150名、料理屋14軒、待合36軒、置屋39軒であった。第2次世界大戦による休業、空襲の被害を経て、敗戦後に復興した。洋服の需要が増え料亭45軒、芸妓215名で繁盛を極めた。しかし、昭和30年代後半から芸妓、料亭数が減少し、平成9年(1997年)には、料亭6軒、割烹料亭5軒、芸妓14名であった。花街の伝統が風前の灯火に危機を感じた商工会議所や住民は、平成11年(2007年)に「八王子黒塀に親しむ会」を結成し花街文化の伝承とその情報を発信し、芸妓衆は地元の行事に積極的に参加し技芸を披露している。特に八王子芸妓の恵(めぐみ)は置屋「幸乃恵」を開業し若手の育成に努めている。八王子 (花街) フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード