146件中 61 - 70件表示
  • 丸山 (長崎市)

    丸山 (長崎市)から見た売春防止法売春防止法

    寛永末頃の集娼制度設立により、市中の遊女屋が全て丸山の地に集められたのが始まりである。のち、その区域も整備され町名も太夫町から丸山町・寄合町に変更された。1956年の売春防止法公布により遊郭としての丸山は終焉した。丸山 (長崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 1957年の日本の女性史

    1957年の日本の女性史から見た売春防止法売春防止法

    1月17日 東京都婦人相談所設置。売春防止法の施行とともに開設。1957年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 和田弘とマヒナスターズ

    和田弘とマヒナスターズから見た売春防止法売春防止法

    代表曲「お座敷小唄」は1964年、マヒナスターズが広島に巡業した折、和田弘がキャバレーのホステスが口ずさんだこの曲を採譜、早速、松尾和子を加えてビクターでレコーディング、8月に発表した。元々、このメロディは戦争中の1943年頃から、海軍の兵隊さんが歌い名古屋、大阪、広島、関東地区の1946年、公娼制度が廃止されたのちも、特に売春が黙認された地域で歌い継がれていたものだった。マヒナに続いてテイチクで久美悦子が「裏町小唄」、コロムビアでこまどり姉妹が「祇園エレジー」、東芝で紫ふじみが「しらゆき小唄」として発売し競作となったが、古臭い日本語をドドンパのリズムに乗せてモダン化したマヒナ盤が驚異的な300万枚の売上をマークし独走、夜の巷で大受けした。第6回日本レコード大賞でも「お座敷小唄」をエントリーするところまで来ていたが、同曲は作曲者が不詳であり大賞の受賞資格外であったため代替に「ウナ・セラ・ディ東京」がノミネートされたが、この曲も次点で大賞を逃す結果となった。和田弘とマヒナスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ネオ・ファウスト

    ネオ・ファウストから見た売春防止法売春防止法

    一ノ関は売春防止法施行の翌日の快楽街で、ホルモン焼き屋の魔女の薬によって若返って、記憶を失ったところを資産家・坂根第造に拾われ、「坂根第一」と名付けられる。第一は第造の元で働き始めるが、やがて第造に気に入られて養子となる。第造が胃癌で亡くなると、遺産を相続した第一は、それを使って生命体を作り出す創造主となる決意を固める。ネオ・ファウスト フレッシュアイペディアより)

  • 八王子 (花街)

    八王子 (花街)から見た売春防止法売春防止法

    花街としての歴史は古く、江戸時代は甲州街道の宿場町であると同時に絹織物産業の街として栄え、街道の旅籠には飯盛女(宿場女郎)が置かれ、後の遊廓の元となる。明治初期に芸妓置屋、料理屋による狭義の花街が誕生する。大火の影響で遊廓は田町に移転し、昭和33年(1958年)の売春防止法施行まで続いた。一方の花街は、織物産業の影響で繁栄し昭和4年(1929年)には芸妓150名、料理屋14軒、待合36軒、置屋39軒であった。第2次世界大戦による休業、空襲の被害を経て、敗戦後に復興した。洋服の需要が増え料亭45軒、芸妓215名で繁盛を極めた。しかし、昭和30年代後半から芸妓、料亭数が減少し、平成9年(1997年)には、料亭6軒、割烹料亭5軒、芸妓14名であった。花街の伝統が風前の灯火に危機を感じた商工会議所や住民は、平成11年(2007年)に「八王子黒塀に親しむ会」を結成し花街文化の伝承とその情報を発信し、芸妓衆は地元の行事に積極的に参加し技芸を披露している。特に八王子芸妓の恵(めぐみ)は置屋「幸乃恵」を開業し若手の育成に努めている。八王子 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 風俗店の歴史

    風俗店の歴史から見た売春防止法売春防止法

    GHQの指令による公娼制度廃止以後、戦前の遊廓・私娼などが看板を変えて営業していたもの。1958年の売春防止法施行に伴い、“日本古来の社会風俗”であった売春が姿を消した。風俗店の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 裁判長!ここは懲役4年でどうすか

    裁判長!ここは懲役4年でどうすかから見た売春防止法売春防止法

    また、作画を担当している松橋の実弟が2009年9月2日に児童福祉法違反と売春防止法違反の罪で逮捕されたことにより、その裁判の模様が2011年3月号?7月号に渡り特別編として『裁判長!ぼくの弟 懲役4年でどうすか』と銘打って描かれた。なお、判決が出た後の弟と松橋家の様子は、同タイトルの単行本にエピローグ『その後の弟』として書き下ろされている。裁判長!ここは懲役4年でどうすか フレッシュアイペディアより)

  • 年季奉公

    年季奉公から見た売春防止法売春防止法

    売買春に関わる強制労働の問題は21世紀の現代まで残された課題であるが、江戸期にはすでに身売りとして存在した。芸娼妓は通常年季奉公の形を採り、1956年の売春防止法によって法的には人身売買が根絶されたと考えられているが現代にも残された課題である。ILOは日本政府の売春や児童ポルノなどへの対策が不十分であるとたびたび勧告を発している。年季奉公 フレッシュアイペディアより)

  • 本番行為

    本番行為から見た売春防止法売春防止法

    日本には売春防止法が存在する建前上、風俗店においてはフェラチオ、シックスナインなどが行われていても性交は非合法のはずであるが、実際には業種により、また個々の店により、性交の「容認」具合は様々である。性交を許さない店に対して、そうではない店において客と風俗嬢が性交する事を、本番と言う場合がある。基本的に、ヘルス等は本番禁止であり、出禁(出入り禁止)となったり、店や嬢とのトラブルに発展する場合がある。本番行為 フレッシュアイペディアより)

  • 山口シヅエ

    山口シヅエから見た売春防止法売春防止法

    弟を戦争で亡くしたことで、「戦争反対を訴えたい」と国政選挙立候補を決意。賀川豊彦の後押しも得て、1946年の第22回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬し当選。日本初の女性代議士の一人となる。売春防止法制定に尽力するなどしたが、1967年の第31回総選挙で党内派閥抗争のもつれから選挙違反を告発される。結局不起訴となったが、党に不信感を抱き同年5月に社会党を離党。無所属を経て、同年9月に自由民主党に入党して話題を呼んだ。山口シヅエ フレッシュアイペディアより)

146件中 61 - 70件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード