200件中 81 - 90件表示
  • 錦町楽天地

    錦町楽天地から見た売春防止法売春防止法

    1957年(昭和32年)、売春防止法が施行され、猶予期間の終了する1958年(昭和33年)4月までに赤線は廃業させなければならなくなった。娼婦の更生や業者との調整を進め、赤線を円滑に廃止するため、各地で婦人相談員が任命され対応にあたった。立川でも都民生局の元職員が任命されたが、錦町・羽衣町の赤線2箇所のほか青線や多くの街娼が存在する立川を一名で担当したため、業務は多忙であった。しかし業者との交渉は比較的円滑に進んだ。これには当時の錦町特飲組合の組会長が、軍の要請で区役所を辞めて錦町で遊郭を営むことになった人物で、仕事を嫌っていたことが背景にある。この組合長の寄与もあり、1958年(昭和33年)1月には廃業の見通しが立ち、2月26日、錦町の赤線業者はこの日をもって廃業した。この日まで残った業者は羽衣町と合わせて72軒で、娼婦は170人であった。錦町楽天地 フレッシュアイペディアより)

  • 1956年の政治

    1956年の政治から見た売春防止法売春防止法

    5月24日 - 売春防止法公布。昭和33年4月1日から施行。1956年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年の日本の女性史

    1965年の日本の女性史から見た売春防止法売春防止法

    4月- 売春防止法による婦人保護長期収容施設「かにた婦人の家」開設、館山市に1965年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本 (八幡市)

    橋本 (八幡市)から見た売春防止法売春防止法

    山城国の西端、淀川左岸、石清水八幡宮の西に位置し、古くは山崎橋の最寄りであったことが地名の由来とされる。江戸時代からは京街道の宿場町として栄えた。明治以降は遊廓としての役割を果たした。 遊廓は1958年(昭和33年)3月15日、売春防止法施行により廃止となり、現在は住宅地として当時の面影を残す建築物が数多くある。橋本 (八幡市) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸の花街

    神戸の花街から見た売春防止法売春防止法

    遊廓は神戸市兵庫区福原町に存在した。明治元年(1868年)、現在の神戸駅付近で開設。明治5年(1872年)、鉄道敷設により現在地の旧湊川右岸の福原町に移転。最盛期に貸座敷(妓楼)106件、娼妓903人、芸妓の検番(芸妓、料理屋を統括する場所)として大規模を誇った「共立検」には200人以上の芸妓がいた。しかし、神戸大空襲で焼失、戦後は赤線に移行、1958年の売春防止法で遊廓廃止。現在はソープランド等の性風俗店がひしめく歓楽街となった。神戸の花街 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原 (東京都)

    吉原 (東京都)から見た売春防止法売春防止法

    1958年の売春防止法の施行により、赤線は廃止され、吉原は文字通り火の消えたような町になった。店は連れ込み旅館や下宿屋、トルコ風呂(1951年に登場した。1983年から「ソープランド」)などに転業していったが、やがてトルコ風呂が全盛期を迎えると、吉原=トルコのイメージが定着していった。トルコ風呂は1966年の風営法改正により、個室付き特殊浴場となった。吉原 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 正木龍樹

    正木龍樹から見た売春防止法売春防止法

    売春防止法が、施行されて(中学3年生)から3年ぐらいで舟入南町に移った。正木龍樹 フレッシュアイペディアより)

  • 赤線街路〜昭和33年の初雪〜

    赤線街路〜昭和33年の初雪〜から見た売春防止法売春防止法

    終戦から13年後の昭和33年冬、主人公・如月真之は、かつて生活苦から娼婦となって行方不明の母親を探して、赤線・玉柳へ足を踏み入れる。真之は手がかりを見つけられずに行き倒れてしまうが、赤線宿「薫屋」の娼婦・空崎静枝に助けられる。売春防止法によりもうすぐ赤線が解体されてしまう日々の中で、真之は薫屋を拠点にして母を探し続け、売春街の様々な人々と関わっていく。赤線街路〜昭和33年の初雪〜 フレッシュアイペディアより)

  • 宴のあと

    宴のあとから見た売春禁止法売春防止法

    80歳の白髪の老人。独身。日本のジャーナリストの草分け。法学博士。社会の進歩にはすべて賛成するが、売春禁止法だけは反対。野口、かづとともに奈良の御水取りを見に行った。宴のあと フレッシュアイペディアより)

  • ピンクチラシ

    ピンクチラシから見た売春防止法売春防止法

    案内先で売春行為が行われているピンクチラシは売春防止法第6条第2項第3号に規定された「広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること」として売春周旋目的誘引罪が適応されることがあり、2年以下の懲役又は5万円以下の罰金の刑事罰が規定されている。同法の適応においてピンクチラシについて裁判所では「内容が通常人の目から見て売春の相手方となることを誘っているものと認識し得る程度のもの」(仙台地裁判決1988年6月8日)、「文言、図柄等の記載内容のほか、貼付の場所、態様等も総合的に考慮し、社会通念に照らして売春の周旋目的が表示されているとみることができれば十分であり、ビラの文言自体から売春周旋の意思を表示していると認められる場合に限定する理由はない」(大阪高裁判決1989年7月7日)としている。ピンクチラシ フレッシュアイペディアより)

200件中 81 - 90件表示

「売春防止法違反」のニューストピックワード