39件中 21 - 30件表示
  • えびす講

    えびす講から見たバーゲンセールバーゲンセール

    商業従事者や商業者団体がえびす講に合わせて安売りをおこなうこともあり、近年にはこの安売りイベント・商業祭というイベントとしてえびす講をおこなう地域もある。えびす講 フレッシュアイペディアより)

  • 元町 (横浜市)

    元町 (横浜市)から見たバーゲンセールバーゲンセール

    毎年2月末と9月末の2回、約1週間にわたって開催される元町ショッピングストリートを代表するバーゲンセールイベント。期間中は関東近郊のみならず全国からこのイベント目当てに大勢の人が訪れる。以前は「謝恩セール」という名称であったが、1961年に現在の「チャーミングセール」と言う名前が付けられた。 期間中は日本テレビやtvk、fm yokohamaなどでCMが流れる。元町 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 大正テレビ寄席

    大正テレビ寄席から見たバーゲンセールバーゲンセール

    まず始まりは「バーゲンだよー」の掛け声が響き、その後マーチのリズムとともに牧が、「さぁー、お待たせをいたしました、バーゲンセールのお時間で御座います」と言いながら入ってくる。この時の牧の服装は、ダボシャツ・ステテコに鉢巻の、テキ屋スタイルだった。そして、「マキシンのバーゲンセール」と書かれた台の前に立ち、オークションを始める。台の上には、赤と青の色をした洗面器があり、その中に品物が入っている。ただし、大きな物は台の下に置いてある。品物は、想像以上の値段が付き、競り落とすと、競り落とした人は舞台に上がり、競り落とした額を支払い、品物を受け取る。ただし、商品には必ずおまけが付いた。おまけは、競り落とした品物にまつわる物で、結果的にそこそこの物を競り落としたのと同じになる。その後の商品は、前に買った商品としりとりで次の商品を当てさせ、正解した観客がその商品を買う(金額は自由)。大正テレビ寄席 フレッシュアイペディアより)

  • オリキュン

    オリキュンから見たバーゲンセールバーゲンセール

    中田扮するカリスマショップ809店員Atsuと、藤森扮するShinが司会を行うクイズコーナー。毎回、3人の女性芸能人にヤングの流行に関するクイズを出題。回答はケータイで送信し、不正解者は回答者席にある「オバボタン」を自ら押し、森高千里の「私がオバさんになっても」のBGMに乗って上昇する(二回目ではボタンの感度がアップしているらしく、Atsu曰く『オバサンが少しでも触れると反応する』)。3問間違えるとスタジオ上部に用意されたバーゲンセールのセットに到達し「オバサン」に認定されてしまい、本当のオバサンに「若ぶってんじゃないわよ!」等の暴言を言われる。その挙句にスタジオ全員から「?オバサン」と呼ばれる。スタジオには女子高生と柳原可奈子も出演しており、不正解者が出るたびに柳原が皮肉を言うのが定番となっている。そして、解答者は答えをメールで送信している間、時々Atsuが柳原可奈子と踊り、会場が盛り上がる。(特に、解答者の誰かがオバサンになるリーチの時にAtsuと柳原可奈子が一緒に踊る。)また、オバサンリーチが複数以上出るとshinが「○○オバサンリーチ、○○オバリーッ!!(注:二人でダブル、全員でトリプル)」とコールするのも決まりとなっている。オリキュン フレッシュアイペディアより)

  • シギ (歌手)

    シギ (歌手)から見たバーゲンセールバーゲンセール

    1998年、小学生の頃より作詞を始め、小学5年生の時にバーゲンセールで母親にギターを買ってもらったことをきっかけに音楽に触れるようになった。特にギターに興味があったわけではないが、「買ってもらったのなら弾かなくちゃ」と思い、自分で教則本を買ってきてコードを覚えるところから始めた。小学6年生の時に作詞作曲を始め、初めての楽曲「道しるべ」を作る。地元駅の川口駅前で路上ライブも行うようになる。“シギ”という名前はその時から使うようになった。シギ (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • レディースプラン

    レディースプランから見たバーゲンセールバーゲンセール

    なおこういった形態のサービスでは、いわゆる「メンズプラン」ないし「メンズデー」などというようなものは限られる。これは男性は女性ほどには値引きや付加サービスないしバーゲンセールなどに関心がないとみなされている可能性もあるが、余り明確な理由は見出されない。例外的に映画館では、未成年者男性を主体とした「ボーイズデー」などを設定しているところも見られる(MOVIXなど一部シネマコンプレックスチェーンでは行っているところと行っていないところがある)。レディースプラン フレッシュアイペディアより)

  • エンタテインメントプラス

    エンタテインメントプラスから見たバーゲンセールバーゲンセール

    特定の興行(空席が大分有る・千秋楽が近い等の公演)で正規チケットを定価の1?5割引きのバーゲン価格で販売する「得チケ」というサービスも提供しており、これは定価による受託販売が原則であるプレイガイドとしては「価格破壊」とも言われる。2006年からは公演日10日以内の指定興行のチケット購入で、セブン-イレブン店舗(もしくはファミリーマート店舗)で発券する場合は手数料無料となる「すぐチケ」サービスも開始している。エンタテインメントプラス フレッシュアイペディアより)

  • ティッシュペーパー

    ティッシュペーパーから見た特売バーゲンセール

    発売当時は高価なことから、従来のちり紙と併用していたが、その後日本では生活にすっかり定着し、スーパーマーケットやドラッグストアなどでは客寄せの特売品とされることもあるなど、安価な商品として利用されている。ちなみに年間消費量は、日本は1人あたり約4.5キロで世界一である。ティッシュペーパー フレッシュアイペディアより)

  • セルフサービス

    セルフサービスから見たバーゲンセールバーゲンセール

    なおセルフサービスでは、商店内の陳列棚がそのまま商品と買い物客が出会う場所であり、そのためには買い物客がまず商店の中に入ってこないことには「この店で扱っている商品に何があるか」が判りにくい場合もある。このため店頭には買い物客の目を引き、また気軽に入ってこられるよう、POP広告などが示されるほか、とりあえずレジ前まで客を誘導するために、特売など儲けを少なめに設定するなどした廉価で客の求めやすい商品を並べることもある。こうして店内に誘導した客に店内の商品を見せ、他の商品にも興味を抱かせるのである。セルフサービス フレッシュアイペディアより)

  • 岩田 貴代志

    岩田貴代志から見たバーゲンセールバーゲンセール

    かつては岩田清の芸名で活動していたが、現在の芸名に改名している。身長176cm、体重72kg。特技は乗馬。自称「ショッピングの達人」。バーゲンセール好きで、500円の値引き商品のために450円の電車賃を払って遠出することもようなこともあるらしい。ただし、ブランド品などには対象にないとのこと。岩田貴代志 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「夏のバーゲンセール」のニューストピックワード