夏の電力需給と供給 ニュース&Wiki etc.

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「電力流通」のつながり調べ

  • 高瀬ダム

    高瀬ダムから見た電力需要

    第二次世界大戦後、高瀬川の水力発電所群を引き継いだ東京電力は首都圏における電力需要の高まりを受けて高瀬川の電源再開発事業を計画した。高瀬川においてすでに稼働している水力発電所はいずれも小規模なもので、河川の利用率も低く開発の余地は残されていた。当初は上流に高さ170メートル級の巨大なダムを築き、下流6か所の水力発電所によって最大43万キロワットを発生させ、一年間あたり6億キロワット時もの電力量を得ることを構想していた。しかし、その後の火力発電の進歩により電力供給の主体が水力発電から火力発電に移行したことを受け、高瀬川電源再開発計画は大きく変更される。最終的には高瀬ダム、七倉ダムという2基のダムを建設し、各ダム湖間で水を往来させる揚水発電所建設計画としてまとめられた。深夜の余剰電力を下池・七倉ダム湖より上池・高瀬ダム湖へと水をくみ上げることで吸収し、大量の電力が必要な昼間に備えるという運用により、大規模な火力発電所を安定して効率よく運転させることができる。(高瀬ダム フレッシュアイペディアより)

  • 非常食

    非常食から見た電力流通

    これらの食品は、平時を通して常に備蓄・管理されており、地震・水害・大規模火災・紛争といった、様々な有事の際に配給され、消費される。このため、ペットボトル詰めの飲料水のほかに、アルファ化米・乾パン・缶詰・レトルト食品・インスタント食品などの保存性に優れた食品が用いられる。電力やガス、水道などの社会的な供給インフラの機能が停止することを想定し、常温で保存が利き、屋外でも特別な器具なしに飲食できる物である必要がある。(非常食 フレッシュアイペディアより)

「電力流通」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「夏の電力需給と供給」のニューストピックワード