前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 唐辛子

    唐辛子から見た夏バテ夏バテ

    ビタミンAとビタミンCが豊富なことから、夏バテの防止に効果が高く、また殺菌作用があり食中毒を防ぐとも言われるので、特に暑い地域で多く使われている。殺菌のほかに除虫の効果もあり、園芸では他の作物と共に植えて虫害を減らす目的で栽培されたり、食物の保存に利用される事もある。果実を鑑賞するためのトウガラシの品種もある。唐辛子 フレッシュアイペディアより)

  • 民間医療

    民間医療から見た夏バテ夏バテ

    胃痛に熊の胆やセンブリを煎汁(煎じたもの)を用いたり、下痢や消化不良にゲンノショウコの煎汁を用いたり、漆かぶれにサワガニを潰した汁をつける、蜂刺されに小便や里芋の葉の汁を塗る等というものである。また、夏バテに鰻を食べたり、スッポンの血を飲むという慣習もその一種であると言える。民間医療 フレッシュアイペディアより)

  • 暑中

    暑中から見た夏バテ夏バテ

    暑中や残暑の期間に夏バテになる人も多く、土用の丑の日の鰻など、暑さを乗り切るための種々の食べ物が夏の風物詩となっている。暑中 フレッシュアイペディアより)

  • 木庭神社

    木庭神社から見た夏ばて夏バテ

    神社へ至る産道はサクラの名所としても知られる。7月15日には夏祭りが催され、紙を貼った鳥居である紙鳥居が建てられるが、鳥居の紙には夏ばて防止、無病息災などのご利益があると信じられて、破って持ち帰りお守りとして利用される。現在では紙に変わり、ビニールが用いられる。木庭神社 フレッシュアイペディアより)

  • 夏野菜

    夏野菜から見た夏ばて夏バテ

    カロチン、ビタミンC、ビタミンEなどを多く含む野菜が多く、夏ばてなどに効果が高い。夏野菜 フレッシュアイペディアより)

  • シシトウガラシ

    シシトウガラシから見た夏バテ夏バテ

    免疫機能を高め疲労回復に役立つビタミンCを多く含むので夏バテに効く。シシトウガラシ フレッシュアイペディアより)

  • エリモエクセル

    エリモエクセルから見た夏バテ夏バテ

    このあと宝塚記念は回避して、札幌記念に出走した。秋華賞以来の再戦となるファレノプシスらGI馬4頭が出走するなど好メンバーが揃っていたが、第4コーナーで3番手につける積極的なレース運びをしたものの直線で失速し、セイウンスカイの6着に終わった。レース後夏負けにかかり、体調がなかなか回復せず、エリザベス女王杯の前哨戦に定めた府中牝馬ステークスも完調とは言えない状態で臨むこととなった。人気も3番人気に甘んじるなど、調子を不安視する見方も強かったが、上がり3ハロン33秒9という豪脚を見せ、エガオヲミセテを半馬身差し切り勝利した。エリモエクセル フレッシュアイペディアより)

  • 小林ハル

    小林ハルから見た夏バテ夏バテ

    2003年(平成15年)9月、例年夏バテを起こす傾向にあったハルは体調を崩し、県立病院に入院。間もなく自力での咀嚼・嚥下が困難と判断され、チューブを通して直接胃に栄養分が投与されるようになった。翌2004年(平成16年)秋にも体調を崩し入院。重体説も流れたが、半月ほどで退院した。2005年(平成17年)1月24日、ハルの105歳の誕生会が胎内やすらぎの家でとり行われた際には車椅子に乗って会場に姿を現し、花束を受け取った。同年4月25日、老衰のため死去。。前日まで体調に大きな変化は見られなかったが、午前1時頃、呼吸が浅くなっていることに気付いた施設職員が看護師とともに様子を見守っていたところ、1時間ほどで呼吸が停止した。「本当に苦しむこともなく、ねむるよう」な最期であったという。小林ハル フレッシュアイペディアより)

  • ベストタイザン

    ベストタイザンから見た夏バテ夏バテ

    2008年は園田フレンドリーカップを連覇。シンドバッドが従来持っていたレコードタイム(1230メートル、1分16秒0)を塗り替える1分15秒5での勝利だった。休養をはさんで復帰したものの、夏負けの影響があり馬体重がなかなか絞れず、目標だったJBCスプリントまで3連敗を喫する。笠松グランプリでは馬体重を10キログラム絞って臨み、単勝5番人気ながら勝利を挙げ、ほとんど兵庫から出ず「内弁慶」との悪評を一蹴した。その後兵庫ゴールドトロフィーに出走したが、体重増もあり9着に敗れた。ベストタイザン フレッシュアイペディアより)

  • ケロロ小隊

    ケロロ小隊から見た夏ばて夏バテ

    階級はクルルが一番上だが、「隊長の素質」を持っているのがケロロである為、隊長は軍曹のケロロである。なお、この「隊長の素質」は、腕利きのガルル中尉すら持ち得ない稀有な性質であるらしく、階級を超えて尊重される。それと、ケロロが病気(実際には夏ばて)になった際、小隊の指揮をギロロ(上から3)に引き継がせようとしていたため、この件には何らかの事情があると思われる。ケロロ小隊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「夏バテ対策」のニューストピックワード