35件中 11 - 20件表示
  • ベトコンラーメン

    ベトコンラーメンから見た夏バテ夏バテ

    ベトコンラーメンは、1969年に一宮市で開業した中華料理屋「新京」で開発されたといわれている。開店当時、過労・夏バテ回復のためにニンニクとトウガラシを入れたラーメンを調理師が賄い料理として作った。この味が、1940年頃に満州国新京にあった実家の呉服店で中国人店員が作っていた現地の湯麺に近い事に店主の稲垣稔が気付き、味が良いことからメニューに取り入れた。また、準備中に食べているのを見て常連客が注文するようになったのが始まりともいう。ベトコンラーメン フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンバリメラ

    ヤマニンバリメラから見た夏バテ夏バテ

    1973年9月23日に初出走し、4戦目で初勝利を挙げる。1974年以降はコンスタントに年10戦以上を消化した。ただし夏負けする体質のため8月の前後は休養にあてられた。本馬を管理した調教師の浅見国一は、本馬が息長く走れた秘訣について「とりたててはないと思っている」としながらも、「疲労の激しい真夏のレースを使えなかったことがよかったのではないかな」と述べている。ヤマニンバリメラ フレッシュアイペディアより)

  • スイカ

    スイカから見た夏バテ夏バテ

    果肉や種子に含まれるカリウムは疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるとされている。スイカ フレッシュアイペディアより)

  • 星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター

    星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクターから見た夏バテ夏バテ

    趣味は食べることと歌うこと。食に関しては口では少しだけといって人の弁当やおやつを横取りしたり(そのため、花見や遠足では要注意人物になっており、その対象のほとんどがデデデ大王であることが多い)、キャラクターが食べ物を持っていると強請る(場合によっては脅迫することもある)ほか、定食屋などではほとんど食い逃げしたりしている。それが原因で大食い・早食い大会ではいつも断られており、定食屋に関しても出入りを禁止されている(仲間やゲストキャラクターと同伴の場合はなぜか禁止されない)。食べ物の中でも特にリンゴ・トマトが大好きで(ただし13巻では「リンゴは食べ飽きた」と発言している)、食べ物の中で嫌いなものは特に無く、暴飲暴食という点を除けば偏った食事はしないが(8巻でお爺さんになったときは、塩分に対して注文をつけるなど健康に気を遣っていたが、持ち前の食べっぷりは結局変わっていなかった)、わさび付きの寿司や激辛のお粥など、辛い料理は苦手としている。14巻では焼肉屋やお好み焼き屋などを梯子して満腹状態になった(最初は夏バテによる食欲不振だと誤解されていた)時には「冷たいデザートなら食べられる」と発言していたため、別腹は存在するようだ。ゲームでは食べても太ることはない(7巻でも「ぼくは太らないペポ」と豪語している節がある)が、作中では大量に食べたり、数回お代わりしたりすると一瞬で肥大化することが多い。ちなみに、食べたものは食べ物でも消化されない。同様の理由で、たとえ牢屋に閉じ込められても、予め吸い込んでおいた家具を取り出すことで快適な空間にできる。17巻では断食に挑戦したが、短時間でギブアップした(デデデが目の前で大食いに挑戦し、空腹感を煽ったことも原因の一つであるが)。なお、一度間違えて隕石を飲み込んでいたこともある(この時に限り、普段は無視される質量保存の法則が無視されず、隕石の分の体重が増えていた)。あらゆる物やキャラを食べ物と早合点してしまい吸い込もうとしたり食べてしまったりすることが多い(デデデドームをメロンパン(4巻)、花火を飴玉(7巻)、グーイをおにぎり(9巻)、ミニーをリンゴあるいは饅頭(22巻)等)。星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 生姜焼き

    生姜焼きから見た夏バテ夏バテ

    ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテなどの時に豚肉によるビタミンB群の補給をするのに適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。ポークジンジャーとも呼ばれる。生姜焼き フレッシュアイペディアより)

  • いま得!

    いま得!から見た夏バテ夏バテ

    8月5日 - ゴーヤ イボイボで夏バテ防止いま得! フレッシュアイペディアより)

  • 甘酒

    甘酒から見た夏バテ夏バテ

    かつては夏に、「甘い・甘い・あ?ま?ざ?け?」などの文句で行商も多く、冷やしたものまたは熱したものを暑気払いに飲む習慣があり、俳句では現在でも夏の季語となっている。夏に飲む場合は夏バテを防ぐ意味合いもあり、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」だとして、江戸時代には夏の風物詩だった。守貞漫稿には、「夏月専ら売り巡るもの」が「甘酒売り」と書かれており、非常に人気がある飲み物であった。当時の江戸幕府は庶民の健康を守るため、誰でも購入できるよう甘酒の価格を最高で4文に制限していた。甘酒 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立男鹿水族館

    秋田県立男鹿水族館から見た夏バテ夏バテ

    2005年6月8日、オーストラリアの水族館の協力のもと、ロシアからシロクマが搬入され、「豪太」と命名された。シロクマの展示施設は、シロクマをできるだけ自然に近い状態で飼育することを目的とし、カナダ・マニトバ州のシロクマ保護法の趣旨に沿って整備を行ったものであり、GAOに指導したオーストラリアの水族館の専門家からも高い評価を得ている。更に2006年(平成18年)5月よりシロクマの夏バテを抑える役割に人工降雪機を設置した。シロクマのために人工降雪機を設置するのは日本初である。秋田県立男鹿水族館 フレッシュアイペディアより)

  • はちゅねミクの日常 ろいぱら!

    はちゅねミクの日常 ろいぱら!から見た夏バテ夏バテ

    猛暑の中、夏バテしていたミク。昼食の時間になっても動こうとしないミクを見かねたリンは前述の食あたりを引き合いに出しミクを食堂に連れて行く。はちゅねミクの日常 ろいぱら! フレッシュアイペディアより)

  • 冷や汁

    冷や汁から見た夏バテ夏バテ

    現在「冷や汁」と呼称される料理の中では、宮崎県の冷や汁が「鎌倉管領家記録」の冷や汁に一番近いものとされる。元々は「農民食」「陣中食」と呼称され、忙しい農家の食事として簡単に調理でき早く食する目的の料理であったが、第二次世界大戦以降に各家庭で工夫し手間のかかる料理へと移行していった。昭和40年代までは宮崎平野地域を中心とする郷土料理であり、宮崎県北地域や県西地域ではほとんど食されていなかったが、近年の食文化の拡大に伴い、県内広域で食されるようになってきていることが、各種調査の結果から判明している。一部では「冷やし汁」と表記・呼称されることもある。冷たい味噌汁様の汁を冷ました飯・麦飯にかけて食べる、調理に手間が掛かるが、いわゆる「味噌汁ぶっかけ飯」の一種。農山漁村の郷土料理百選として「宮崎県の料理」に選ばれている。健康食としてのイメージも高く、食欲の落ちる暑い夏の夏バテ対策としても食べられている。冷や汁 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「夏バテ対策」のニューストピックワード