41件中 21 - 30件表示
  • みき (飲料水)

    みき (飲料水)から見た夏バテ夏バテ

    味は甘酒に似るが、乳酸によるさわやかな酸味を有する飲料。栄養価が高いため、夏バテ防止用として同地方にて広く飲まれている。火入れ(殺菌)をしないのタイプのものは冷蔵庫に入れておいても発酵が進み、数日経つと酸味が増える。消費期限は製造後数日と短い。みき (飲料水) フレッシュアイペディアより)

  • はちゅねミクの日常 ろいぱら!

    はちゅねミクの日常 ろいぱら!から見た夏バテ夏バテ

    猛暑の中、夏バテしていたミク。昼食の時間になっても動こうとしないミクを見かねたリンは前述の食あたりを引き合いに出しミクを食堂に連れて行く。はちゅねミクの日常 ろいぱら! フレッシュアイペディアより)

  • 甘酒

    甘酒から見た夏バテ夏バテ

    かつては夏に、「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」などの文句で行商も多く、俳句において夏の季語となっている。夏に飲む場合は夏バテを防ぐ意味合いもあり、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」として、江戸時代には夏の風物詩だった。守貞漫稿には、「夏月専ら売り巡るもの」が「甘酒売り」と書かれており、非常に人気がある飲み物であった。当時の江戸幕府は庶民の健康を守るため、老若男女問わず購入できるよう甘酒の価格を最高で4文に制限しており、武士の内職としても甘酒造りが行われていた。甘酒 フレッシュアイペディアより)

  • ごちそうさん (2013年のテレビドラマ)

    ごちそうさん (2013年のテレビドラマ)から見た夏バテ夏バテ

    第5週に登場(第29回)。元々は漁師の料理で、大五の暑気払いのためにめ以子が用意した。水に味噌を溶いたものに、生の鯵と漬物、ミョウガ・生姜などの薬味を加え、さらに氷を加えた冷たい汁物。夏バテで食欲が落ちただけではなく、悠太郎と愛娘のめ以子に対して複雑な気持ちを抱いていた大五は、この料理を食したことをきっかけに心を開き、め以子への餞に鶏ガラのフォンのレシピを伝授する。ごちそうさん (2013年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ケロロ

    ケロロから見た夏バテ夏バテ

    しかし、本人なりの良心や責任感は持っており、地球の危機を救う為に奮闘したり、小隊全員の健康を願ったり、すき焼きの肉をギロロにあげる・クルルを食事に誘うなど、優しい面もある。特にギロロに対しては普段は生真面目な彼を鬱陶しがりながらも心の底では彼を強く信頼しており、夏バテで病床に伏した際は自分の後任として彼を隊長に任命するべく遺言を遺している。ケロロ フレッシュアイペディアより)

  • 山本進悟

    山本進悟から見た夏バテ夏バテ

    秋のSASUKEには弱いというジンクスがあり、第4回から第11回まで続いた。原因は夏バテ。夏は食欲が涌かないらしく、スタミナ不足になりがちだったからである。その代わり春のSASUKEではいつも好成績を収めていた。最終挑戦者、最優秀成績、FINAL進出となった大会もすべて春の大会だった。山本進悟 フレッシュアイペディアより)

  • オクラ

    オクラから見た夏バテ夏バテ

    オクラは、刻んだ時にぬめぬめした粘り気が出るが、この粘り気の正体は、ペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす効果をもっている。他の栄養素としては、ビタミンA、B1、B2、C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれるため、夏ばて防止、便秘・下痢に効く整腸作用などが期待できる。オクラ フレッシュアイペディアより)

  • 生姜焼き

    生姜焼きから見た夏バテ夏バテ

    ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテ時などの豚肉によるビタミンB群補給に適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。ショウガ味のソースはステーキ、ハンバーグなどに応用される例もある。生姜焼き フレッシュアイペディアより)

  • 星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター

    星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクターから見た夏バテ夏バテ

    趣味は食べることと歌うこと。食に関しては口では少しだけと言って人の弁当やおやつを横取りしたり、キャラクターが食べ物を持っていると強請る ほか、定食屋などではほとんど食い逃げしたりしている。それが原因で大食い・早食い大会では彼が確実に優勝してしまうためにいつも断られており、定食屋も出入りを禁止されている。ただ、仲間やゲストキャラクターと同伴の場合は何故か禁止されない。食べ物の中でも特にリンゴやトマトが大好きで、食べ物で嫌いなものは特に無く、暴飲暴食という点を除けば偏食もしないが(8巻でお爺さんになったときは、塩分に対して注文をつけるなど健康に気を遣っていたが、持ち前の食べっぷりは変わっていなかった)、わさび入りの寿司や激辛のお粥など、辛いものは苦手 な他、アドレーヌとリボンが作った下手物じみたデザートには嫌悪感を醸し出した。14巻では焼肉屋やお好み焼き屋などを梯子して満腹状態になった(最初は夏バテによる食欲不振だと誤解されていた)時には「冷たいデザートなら食べられる」と発言していたため、別腹は存在する。ゲームでは食べても太ることはない(7巻でも「ぼくは太らないペポ」と豪語している節がある)が、作中では大量に食べたり、数回お代わりしたりすると一瞬で肥大化することが多い。なお、一度間違えて隕石を飲み込んでいたこともある。食べたものは食べ物でも消化されない。同様の理由で、牢屋に閉じ込められても、予め吸い込んでおいた家具を取り出すことで快適な空間にできる。17巻では断食に挑戦したが、デデデが目の前で大食いに挑戦し、空腹感を煽ったことも原因の一つとはいえ短時間でギブアップした。あらゆる物やキャラを食べ物と早合点し食べようとすることが多い(花火を飴玉(7巻)、グーイをおにぎり(9巻)等)。星のカービィ デデデでプププなものがたりの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た夏バテ夏バテ

    加熱調理されることが多く、多くの種は茹でると鮮紅色を呈する。料理では刺身、寿司、煮だこ、酢蛸、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐと言われる。秋口にメスの体内にある卵は象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。この他、青森県の下北半島ではタコの内臓を茹でたものを「道具」の愛称で呼び、刺身や鍋の具などにして食べている。タコ フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「夏バテ対策」のニューストピックワード