前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示
  • 千葉真一

    千葉真一から見た夏八木勲夏八木勲

    2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長男の俳優・真剣佑と次男からも千葉夫妻へスピーチが行われた。後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、息子達と空手道の演武で型と杉板の試割りを、まな娘の女優・真瀬樹里とは殺陣を披露した。勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった。まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う。ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。千葉真一 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た夏八木勲夏八木勲

    出演:原沙知絵、上川隆也、安達祐実、根津甚八、夏八木勲、秋吉久美子 他2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 鍵屋の辻の決闘

    鍵屋の辻の決闘から見た夏八木勲夏八木勲

    『江戸を斬る 梓右近隠密帳』第9話「決闘鍵屋の辻」(TBS / C.A.L、又右衛門:夏八木勲、数馬:小川真司、又五郎:中田博久、1973年)鍵屋の辻の決闘 フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い 頂上作戦

    仁義なき戦い 頂上作戦から見た夏八木勲夏八木勲

    杉本博 - 夏八木勲:早川組若衆。(四代目共政会会長、沖本勲)仁義なき戦い 頂上作戦 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ニーリイ

    リチャード・ニーリイから見た夏八木勲夏八木勲

    1969年の『プラスティック・ナイトメア/仮面の情事』はウォルフガング・ペーターゼン監督によって映画化されている。また、1971年の"The Damned Innocents (Dirty Hands)"はフランスのクロード・シャブロル監督により『汚れた手をした無実の人々』(1975年)としてロミー・シュナイダー主演で映画化。1972年の『オイディプスの報酬』は日本において『父殺しの報酬』(1982年、TBS)として、大竹しのぶ、古尾谷雅人、夏木勲、中尾彬の出演によってテレビドラマ化され話題となった。リチャード・ニーリイ フレッシュアイペディアより)

  • 五社英雄

    五社英雄から見た夏八木勲夏八木勲

    時代劇の殺陣において、竹光でなくジュラルミンの刀身を採用して俳優の迫真の演技を引き出し、刀と刀がぶつかる際の金属音や、人が斬られる時の効果音を音響スタッフと共に独自に開発したことで知られる。アウトローを主人公にした作品を一貫して手がけ、滅びに向かって走る人間の情念のきしみや美学を描くことを信条としていたその代表作には、『三匹の侍』、『御用金』、『人斬り』、『雲霧仁左衛門』、『鬼龍院花子の生涯』、『極道の妻たち』などがあり、丹波哲郎、仲代達矢、平幹二朗、安藤昇、夏八木勲、夏目雅子、岩下志麻、かたせ梨乃、名取裕子らの新たな魅力を引き出した。五社英雄 フレッシュアイペディアより)

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ)

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ)から見た夏八木勲夏八木勲

    「こち亀」の連載開始35周年を記念して製作。出演者・制作スタッフもドラマ版とほぼ共通するが、両津の幼なじみの女性役に深田恭子、犯人役に谷原章介と平田満、警視正役に沢村一樹、警察庁長官役に夏八木勲が、映画版のキャストに加わる。映画の内容はコメディの要素に加え、シリアスでなおかつサスペンスとハードボイルド的要素も加えたストーリーとなっている。タイトルロゴはフジテレビの刑事ドラマ『踊る大捜査線』(1997年)に準拠した物を使用し、映画のタイトルも同作の劇場版第2作『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年)から捩った物である。キャッチコピーは「両さんが日本の元気を守る!」。こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 十津川警部シリーズ

    十津川警部シリーズから見た夏八木勲夏八木勲

    演 - 【土曜ワイド劇場】川辺久造(#26・#28・#30・#32) ⇒ 夏八木勲(#45) / 【火曜ミステリー劇場】鈴木瑞穂 ⇒ 加藤和夫 / 【月曜名作劇場】西岡?馬十津川警部シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢周平

    藤沢周平から見た夏八木勲夏八木勲

    愛の旅路(1981年 よみうりテレビ 出演:大原麗子、夏八木勲藤沢周平 フレッシュアイペディアより)

  • 金田一少年の事件簿の犯罪者

    金田一少年の事件簿の犯罪者から見た夏八木勲夏八木勲

    犯行が暴かれた後、早乙女(鷹島)を刃物で殺そうとするも、一(ドラマ版では、冬子の演劇の師匠(ドラマオリジナル設定)でオペラ座館オーナーである黒沢和馬(くろさわ かずま、声 - 笹岡繁蔵 / 演 - 夏八木勲))に「冬子は3人を許せるうちに自殺したのであって、復讐を望んではいなかった」と説得された後、自らが作ったボーガンの罠で自殺を図り、己の過ちを嘆きながら、「恋人への想いは純粋な愛そのものだった」と言ってくれた一への感謝の言葉を言い残して息を引き取る(ドラマ版では、前述の言葉を言った後に海へ投身自殺し、ほぼ即死)。事件後、有森(神矢)が1人暮らしをしていたアパートのポストから冬子が手紙で送った遺書が未開封で発見され、遺書には「3人を許せるうちに自ら命を絶つことにした」こと、そして「あなたも3人を許してあげてほしい」という願いが書かれていた。捜査の報告に来た剣持から冬子の手紙をもらった一は美雪と共にその手紙を有森(神矢)に届けるため、(美雪は初めて)学校をサボって、彼の墓参りに向かった。金田一少年の事件簿の犯罪者 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示

「夏八木勲」のニューストピックワード