169件中 91 - 100件表示
  • 奇兵隊 (テレビドラマ)

    奇兵隊 (テレビドラマ)から見た夏八木勲夏八木勲

    近藤勇:夏八木勲(『白虎隊』の映像流用)奇兵隊 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 殺陣

    殺陣から見た夏八木勲夏八木勲

    一方で映画『子連れ殺人拳』(1976年)、『激殺! 邪道拳』(1977年)では、主演・千葉真一と戦闘相手のジャパンアクションクラブ (JAC ) 演者は実際に殴打技・蹴り技を打撃し合い、これらをノーマルスピードからハイスピードへ切り替わりながらワンカットで撮影された。当時はCGがなかったためにこの技法が採用され、信憑性と凄みのある映像となっている。ほかにも映画監督・五社英雄は斬られた時の効果音の開発や、鉄身を使って刃引きはしてあるものの重量は真剣と同じものを使用し、夏八木勲を主演に据えた時代劇映画『牙狼之介』(1966年)と『牙狼之介 地獄斬り』(1967年)では、様式美的な殺陣とは対極的なリアル感を表現していた。夏八木は「東映京都撮影所では竹光を使うが、五社さんの場合は鉄身だから刀と刀がぶつかると『パシャーン』といい音がして、火花が散ることもあった。五社さんは『刀は本当に当てろ。当てないと?になるからな』と指示してくるの対して、東映には腹すれすれで斬ったように見せる流儀があった」と様々な手法があることを語っている。殺陣 フレッシュアイペディアより)

  • 人斬り (映画)

    人斬り (映画)から見た夏八木勲夏八木勲

    1969年(昭和44年)5月17日に公開されたフジテレビ製作映画第1弾の『御用金』は、東宝の系列会社の東京映画と組んで初めて映画製作した作品で、配給は東宝となった。監督はフジテレビの五社英雄が担当し、俳優陣は仲代達矢、丹波哲郎、中村錦之助、夏八木勲、西村晃といった面々が死闘のチャンバラを繰り広げるスペクタクル時代劇であった。人斬り (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た夏八木勲夏八木勲

    男優主演賞 夏八木勲『希望の国』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士高見沢響子

    弁護士高見沢響子から見た夏八木勲夏八木勲

    野口譲次(野口酒屋 店主・新井田の旧知) - 夏八木勲弁護士高見沢響子 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口舜亮

    溝口舜亮から見た夏八木勲夏八木勲

    1961年に海城中学校・高等学校を卒業後、明治学院大学に入学。在学中の1963年、俳優座養成所第15期生として入所。同期には原田芳雄、太地喜和子、栗原小巻、赤座美代子、前田吟、林隆三、夏八木勲、村井国夫、竜崎勝、地井武男、小野武彦、片岡五郎、浜畑賢吉、秋野太作、高橋長英と、類を見ないほど多くの面々がおり"花の15期"と呼ばれた。溝口舜亮 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画批評家大賞

    日本映画批評家大賞から見た夏八木勲夏八木勲

    ゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞) - 石濱朗・林与一・夏八木勲・久保明日本映画批評家大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回日本アカデミー賞

    第3回日本アカデミー賞から見た夏木勲夏八木勲

    夏木勲(黄金の犬/戦国自衛隊/闇の狩人)第3回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)

    鬼平犯科帳 (中村吉右衛門)から見た夏八木勲夏八木勲

    井関録之助:夏八木勲(第2シリーズ第4話〜第7シリーズ)鬼平犯科帳 (中村吉右衛門) フレッシュアイペディアより)

  • 富豪刑事

    富豪刑事から見た夏八木勲夏八木勲

    演 - 夏八木勲(大学生:岩本靖輝〈第1シリーズ最終話〉)富豪刑事 フレッシュアイペディアより)

169件中 91 - 100件表示

「夏八木勲」のニューストピックワード