293件中 51 - 60件表示
  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た文学座

    学生時代はスポーツに打ち込み、慶應義塾大学在学中の1960年に文学座研究所へ入所。1年の研修ではうまくいかず、大学を中退して1963年に劇団俳優座の養成所へ入所し直す。同期には俳優座花の15期生と呼ばれるメンバーがおり、1966年に3年の研修を経て卒業(⇒ )。夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見たTEAM NACS

    TEAM NACS FILMS N43°神居のじいちゃん(2008年)夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見たランニング

    1978年の『野性の証明』を皮切りに、『十一人の侍』以来となる主演映画『白昼の死角』、吹き替えなしで城の天守閣からヘリコプターで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせた『戦国自衛隊』や『復活の日』等、角川映画の常連俳優として数多くの同社作品に出演した。『白昼の死角』と『復活の日』では堪能な英語で外国人俳優との共演シーンをこなしている。1979年の第2回日本アカデミー賞、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート。1978年に出演した紀行番組『遠くへ行きたい』では、ランニングしてトレーニングしながら初めて訪れた街を知り、スクーバダイビングを楽しむライフスタイルが紹介されている。夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見たご当地ナンバー

    京都在住時に出会った妻は日英ハーフで、夏八木が29歳の時に結婚し、2人の娘をもうける。家庭で夏八木は全く仕事の話をしないので、家族は作品になって初めて知った。長く居住していた鎌倉を深く愛し、自宅は深緑色の洋風住宅。2003年にバス路線整備の話が持ち上がった際には閑静な住宅街の雰囲気を守るため、住民を集めて反対を訴えた。2012年にはご当地ナンバーの推進運動に参加し、癌を発病した後も続けていた。『希望の国』の撮影地である埼玉県深谷市まで鎌倉から2時間以上かけて電車通勤するなど、仕事も私生活も信念を曲げなかった。夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た京都市

    1966年に東映と契約し、京都市に拠点を移した。加藤泰が監督した映画『骨までしゃぶる』でデビュー。同年に五社英雄が監督した映画『牙狼之介』と『牙狼之介 地獄斬り』で主演を果たす。野生的な賞金稼ぎを主人公にした同シリーズは西部劇タッチのアクション時代劇で、刃引きはしてあるものの、重量は真剣と同じ鉄身で殺陣を披露している。夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た君たちに明日はない

    君たちに明日はない 第5・6話(2010年、NHK) - 紳士夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た科捜研の女

    科捜研の女 第11シリーズ 第4話ゲスト(2011年、EX) - 久瀬荘俊夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た毎日映画コンクール

    第67回毎日映画コンクール 男優主演賞 『希望の国』(2012年)夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た鹿男あをによし

    鹿男あをによし(2008年、CX) - 内閣総理大臣夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

  • 夏八木勲

    夏八木勲から見た空手

    夏八木 勲 (なつやぎ いさお、1939年12月25日 - 2013年5月11日)は、日本の男性俳優、声優、歌手。本名同じ。東京府東京市足立区北千住出身。東京都立墨田工業高等学校を経て慶應義塾大学文学部仏文科中退。特技は乗馬・合気道・空手。愛称はなっちゃん・パパ。夏八木勲 フレッシュアイペディアより)

293件中 51 - 60件表示

「夏八木勲」のニューストピックワード