前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1421件中 1 - 10件表示
  • 総合競技大会

    総合競技大会から見た近代オリンピック近代オリンピック

    スポーツの総合競技大会は他のジャンルの総合競技大会に比べ多く開催されているため、単に「総合競技大会」と省略して表記されることも多い。多くの場合、総合競技大会は複数日の期間開催される。総合競技大会では、選手は国家ごとに分かれて選手団を結成し、様々な競技に参加する。現在、最も有名は国際総合競技大会はオリンピックである。総合競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • NHKデジタル衛星ハイビジョン

    NHKデジタル衛星ハイビジョンから見た近代オリンピック近代オリンピック

    原則として全ての番組がハイビジョン放送だが、オリンピックやFIFAワールドカップといった全世界共通の映像を使用する番組や、BS1と同時放送を行う際の『BSニュース』は例外的に画面比4:3・標準画質をアップコンバートされたものが放送されていた。NHKデジタル衛星ハイビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 柔道部物語

    柔道部物語から見た近代オリンピック近代オリンピック

    現役時代はオリンピック代表候補の本命だった。腕立てや腹筋などの基本的な運動は大の苦手である上に、根性にも欠け厳しい練習に耐えられなかったが、柔道のセンスは折り紙つきで、人の半分の練習で倍以上の成果が出るほどの天才であり、ほとんど全ての技を極めた。当時の体重は72kgだったが、90kgあった後の江南の監督である山崎を全く相手にしなかった。オリンピック出場は目前だったが、大事な試合を宿命のライバル・史村に敗れて落とし、オリンピック出場は叶わなかった(史村とは作中でも2度対戦しているが、共に同じ流れで敗北している)。柔道部物語 フレッシュアイペディアより)

  • アナボリックステロイド

    アナボリックステロイドから見た近代オリンピック近代オリンピック

    やがて東西冷戦の激化に伴いオリンピックがイデオロギーの戦場と化す流れのなかで、数多の東欧の東側諸国が、自国の運動選手らに対するドーピングを組織的に行い始める。するとそれに対抗する形で、多くの国々がテストステロンの代替物としての合成薬の研究に着手。そして1955年―米国の重量挙げ選手団の専属医によって、ついに望まれていた形の『筋肉増強剤』が開発されるに至った。 それはテストステロンの類似物質、あるいは体内に取り込まれたのちにテストステロンに変換されるという物質であり、これがすなわちアナボリックステロイドであった。アナボリックステロイド フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た近代オリンピック近代オリンピック

    NHK番組への出演・関与や番組主題歌の歌唱など、NHKに対する貢献度が選考を左右する要素として決して小さからぬ割合を占めている。例えば『連続テレビ小説』の主題歌、『大河ドラマ』出演、オリンピック(パラリンピック)・FIFAワールドカップのNHK中継テーマソング、NHK全国学校音楽コンクール課題曲(中学校の部)提供などの場合、出場しやすい面がある(本番中も、タイアップにちなんだ曲紹介や演出がある)。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た近代オリンピック近代オリンピック

    2008年6月14日は、岩手・宮城内陸地震関連報道特別番組のため、午前中の放送を休止。正午から「今週の気になるお金」「せやねん!スポーツ」を放送した(TBSでは正午以降も報道特番を続けたが、午前中とは異なりJNN排他協定の適用外となっていたため、MBSでは午後のみ本番組を放送する形を採った)。また、2011年3月12日には、前日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)関連報道特別番組のため、番組を全編休止。さらに、2016年4月16日には、当日未明に発生した平成28年熊本地震関連報道特別番組のため、番組を全編休止。これ以外にも、世界陸上(TBSテレビが日本国内での中継権を保有)やオリンピックの期間中に、競技中継の同時ネットを優先する関係で当番組を全編休止することがある。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック聖火

    オリンピック聖火から見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピック聖火(オリンピックせいか、独: Olympischer Fackellauf、、)は、国際オリンピック委員会の権限の元、ギリシャのオリンピアでともされる火のことであり、オリンピックの象徴でもある。オリンピック聖火 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック選手

    オリンピック選手から見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピック選手(オリンピックせんしゅ)とは、オリンピックに出場する選手のことで、多くの場合近代オリンピック(夏季オリンピック、冬季オリンピック)に出場した選手を指す。オリンピック選手 フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ウーリク

    オスカー・ウーリクから見た近代オリンピック近代オリンピック

    1891年にドイツのハンブルクで初めて開催されたヨーロッパフィギュアスケート選手権で優勝を果たし初代王者に輝いた。なお、当時はまだ世界フィギュアスケート選手権は開催されておらず、近代オリンピックも開催されていない。両大会が初めて開催されるのは1896年であり、近代オリンピックにおいてフィギュアスケート競技が正式種目として実施されるのは1908年ロンドンオリンピックである。オスカー・ウーリク フレッシュアイペディアより)

  • 女子スポーツ

    女子スポーツから見た近代オリンピック近代オリンピック

    近代オリンピックは1900年のパリオリンピックから女性の参加を受け入れを始めテニス競技などが行われたものの、初めての大会では女性の参加者は男性より極めて少なかった。この理由としては、女性の身体能力が男性より低いことから、フィジカル面で要求の多いスポーツへの女性の参加がためらわれているといった側面があり、幾つかの競技では男性が行なっていた種目の女子競技へのフィジカル面での要求を下げる取り組みが行われた。この取り組みにより、バスケットボールから分離したネットボールや、野球から分離したソフトボールが生まれ発展していった。女子スポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1421件中 1 - 10件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード