1421件中 91 - 100件表示
  • ルドルフ・ジルドライヤー

    ルドルフ・ジルドライヤーから見た近代オリンピック近代オリンピック

    長年にわたり、アマチュアリズムの問題は懸案であった。スポーツの発展に伴って、プロフェッショナリズム現象はクーベルタンによるオリンピックの基本理念との間で大きな疑問を投げかけるようになった。議論は激しさを増し、IOCの支持のもとにアマチュア委員会が創設された。ジルドライヤーはこれに参加し、結局1947年にストックホルムで開催された総会で最終報告が行われた。この報告ではアマチュアの定義がなされており、以後のオリンピック参加選手には完全にアマチュアであることの宣言に署名することが求められた。また、3名のIOCメンバーと各競技団体の代表からなる常設委員会の創設も提案されていた。しかし、多くの問題は棚上げされたままだった。ルドルフ・ジルドライヤー フレッシュアイペディアより)

  • 銀メダル

    銀メダルから見た近代オリンピック近代オリンピック

    ただし第1回近代オリンピックでは優勝者に銀メダル、準優勝者に銅メダルが贈られた。銀メダル フレッシュアイペディアより)

  • アキュラシー・インターナショナル

    アキュラシー・インターナショナルから見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピックの射撃競技で2大会連続金メダルを獲得したマルコム・クーパーによって1978年に設立された。ポーツマスに拠点を置き、精密なスナイパーライフルのアークティア・ウォーフェアシリーズを製造していることで知られている。この高い精度をもつスナイパーライフルは、世界中の軍隊と警察で採用されている。アキュラシー・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • オペル・オリンピア

    オペル・オリンピアから見た近代オリンピック近代オリンピック

    オペル・オリンピア(Opel Olympia)は1935年から第二次世界大戦による中断をはさんで1953年までと、1967年に復活してから1970年まで、ドイツの自動車メーカー・アダム・オペル社が生産した小型乗用車である。オリンピアの名は初代登場直後の1936年のベルリン、二代目復活の5年後に予定されていた1972年のミュンヘンの両オリンピックに因んだものである。オペル・オリンピア フレッシュアイペディアより)

  • ピート・ムスコプス

    ピート・ムスコプスから見た近代オリンピック近代オリンピック

    父親の商売の手伝いとして、自転車で配達を行っていたことをきっかけに自転車レースに参加するようになり、1914年の国内選手権・アマスプリントで優勝。しかし、同年に勃発した第一次世界大戦の影響を受け、オリンピック等の国際大会が行われなくなったことから、すぐにプロに転向した。ピート・ムスコプス フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア競技大会

    中央アジア競技大会から見た近代オリンピック近代オリンピック

    中央アジア競技大会(ちゅうおうアジアきょうぎたいかい、英語名:Central Asian Games)は、中央アジア競技連盟が主催する総合競技大会である。中央アジア地域の友好、理解、平和と、オリンピック・ムーブメントの振興を目的としている。中央アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • トーネード (カタマランヨット)

    トーネード (カタマランヨット)から見た近代オリンピック近代オリンピック

    建造当初よりオリンピック制式艇として採用されることを目標とし、1966年秋イギリスでロドニー・マーシュ等により設計され、翌年ロンドン郊外エセックス州ブライトリングシーにあるリッヂ・ホワイトの造船所で初めて造られた。トーネード (カタマランヨット) フレッシュアイペディアより)

  • ザッパスオリンピック

    ザッパスオリンピックから見た近代オリンピック近代オリンピック

    1829年にトルコ支配から独立したギリシャは、古代ギリシャと同じような、世界に名だたる国になろうと考え、オリンピック競技大会を復活させた。これは純然たるギリシャの国内大会である。しかし、独立直後で情勢も安定せず、競技者も少なかったため、あまり盛り上がらなかった。4回の競技会が開かれている。ただし、この競技会の開催が、のちの近代オリンピック開催へ果たした役割は大きい。ザッパスオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • トランポリン競技

    トランポリン競技から見た近代オリンピック近代オリンピック

    競技として最初に普及したのは個人競技で、初めにアメリカの大学などの学校で行われ次にヨーロッパへと広がり、初の世界選手権大会は1964年にロンドンで開催された。2000年に開催されたシドニーオリンピックから、体操競技のトランポリン種目(男子個人、女子個人。選手枠は世界で男女各12名)としてオリンピックに正式採用され、カタールのドーハで開催された2006年アジア競技大会でも体操競技の新種目として採用された。トランポリン競技 フレッシュアイペディアより)

  • ブータンのスポーツ

    ブータンのスポーツから見た近代オリンピック近代オリンピック

    ブータン弓術は「ダツェ」と呼ばれ、ブータンの国技として人気がある。競技会がほとんどの村で定期的に開催されている。これは、オリンピックで行われているようなアーチェリーとは異なっており、競技は数名を1組として、2組の対抗戦として、100mほど離れた的を狙う形式で行われる。チームの各メンバーは、ラウンドごとに2つの矢を放つ。伝統的なブータン弓術は、社交的な行事であり、競技は村、町、そしてアマチュアチームとの間で組織されている。矢が的に命中すると、祝いの歌と踊りをひとしきり行うなど、時間を気にせずにゆったりと進めるため、正式な試合は数日を要することもある。ブータンのスポーツ フレッシュアイペディアより)

1421件中 91 - 100件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード