1042件中 21 - 30件表示
  • 帰化選手

    帰化選手から見た近代オリンピック近代オリンピック

    また、過去から現在に通じて多いのは、在日コリアンのプロ野球選手が日本国籍を取得するケースである。もともと在日選手の大部分は小学生時から高校生時まで日本の普通学校へ通っているので帰化をしなくても日本人選手扱いとなるわけであるが、もはや日本で経済的成功をおさめて朝鮮・韓国への帰属意識も無くなり、自身の子などが国籍によって不利益を受けることが無いようにと帰化することが多い。これに関しては在日コリアン選手が在日であることをカミングアウトしていないケースが多いために、帰化しても一般に報道して知らされる事は極稀である。また、最近ではオリンピックなどの国際試合出場のために在日選手が日本国籍を取得するケースも多い。帰化選手 フレッシュアイペディアより)

  • 日本陸上競技選手権大会50キロ競歩

    日本陸上競技選手権大会50キロ競歩から見た近代オリンピック近代オリンピック

    男子50km競歩にとっては世界選手権大会やオリンピックの最終代表選考を兼ねる大会として重要な意味を持っている。また、日本陸上競技選手権実施種目では唯一、参加標準記録が設けられていなかった種目であったが、2003年大会より参加標準記録が設定された。日本陸上競技選手権大会50キロ競歩 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック選手

    オリンピック選手から見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピック選手(オリンピックせんしゅ)とは、オリンピックに出場する選手のことで、多くの場合近代オリンピック(夏季オリンピック、冬季オリンピック)に出場した選手を指す。オリンピック選手 フレッシュアイペディアより)

  • エレーヌ・プレボー

    エレーヌ・プレボーから見た近代オリンピック近代オリンピック

    エレーヌ・プレボー(Hélène Prévost)は、フランスの女子テニス選手。近代オリンピックにおいて女性の参加が認められた1900年パリ五輪で、テニス競技に初参加した6人の女子選手の1人であり、新たに増設された女子シングルス・混合ダブルスの2部門で最初の銀メダルを獲得した選手である。彼女は夫のアンドレ・プレボーと一緒に、夫婦でパリ五輪に出場した。黎明期の全仏選手権(現在の全仏オープンテニス)でも、1900年の女子シングルスと1902年・1903年の混合ダブルスに優勝した。(“Prevost”というフランス人名の読み方は、日本語では「プレヴォー」が最も多く見られる。)エレーヌ・プレボー フレッシュアイペディアより)

  • 天より高く (宮下あきら)

    天より高く (宮下あきら)から見た近代オリンピック近代オリンピック

    本作の主人公。下界に降り大和撫子探しに奔走する。性格は凶暴であったのだが下界に降り丸くなったが、スケベエなとこは変わらなかった。その反面、「女が股を開いてくれれば、両手を合わせありがたく感謝しろ」と容姿年齢関係なく女性を尊敬しており、ある意味には真っ当なフェミニストである(実際に仕事とはいえ、処女の老婆と性交している)。下界に行くにあたって父の大魔王より、特殊能力を授かるが「動物の言葉が判る」能力であった。人間界では女性専用のラブホテル経営からオリンピックに出場したり、果ては西遊記の孫悟空に成ったりと脱線しながらも大和撫子探しに奔走する。なお、体格が下界に降りて縮んだが、怪力や身体能力は維持されている。『曉!!男塾』においてソラのキャラは「張悟空」としてスピンオフしている。天より高く (宮下あきら) フレッシュアイペディアより)

  • 柔道部物語

    柔道部物語から見た近代オリンピック近代オリンピック

    現役時代はオリンピック代表候補の本命だった。腕立てや腹筋などの基本的な運動は大の苦手で、厳しい練習には耐えられない根性のなさがあったが、柔道のセンスは折り紙つきで、人の半分の練習で倍以上の成果が出るほどの天才であり、ほとんど全ての技を極めた。当時の体重は72kgだったが、90kgあった後の江南の監督である山崎を全く相手にしなかった。オリンピック出場は目前だったが、大事な試合を宿命のライバル・史村に敗れて落とし、オリンピック出場は叶わなかった。柔道部物語 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・トラウン

    フリードリヒ・トラウンから見た近代オリンピック近代オリンピック

    フリードリヒ・トラウン(Friedrich Traun, 1876年3月29日 - 1908年7月11日)は、ドイツ・ハンブルク出身の男子運動競技選手。フルネームは Friedrich Adolf Traun (フリードリヒ・アドルフ・トラウン)といい、「フリッツ・トラウン」(Fritz Traun)と呼ばれることもある。1896年にギリシャ・アテネで実施された第1回近代オリンピックにおいて、テニスと陸上競技の2部門に参加し、テニスの男子ダブルスでジョン・ピウス・ボーランド(1870年 - 1958年)と組んで最初の金メダルを獲得した選手である。フリードリヒ・トラウン フレッシュアイペディアより)

  • おはようパーソナリティ道上洋三です

    おはようパーソナリティ道上洋三ですから見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピックなど国際的なスポーツイベントで、日本や日本人選手が優勝したりメダルを獲得したりした話題が一面を飾った場合には、これらの話題に関する記事の紹介にほとんどの時間を費やす。その一方で、『日本経済新聞』に掲載の記事を一切取り上げず、道上自身が「難しい」と感じた記事(主に経済関連)が一面に来た場合には往々にして「読んで下さい」などというコメントで切り上げている。ちなみに、『日本経済新聞』以外の全国紙で1面トップ記事が全て異なる場合には、各紙のトップ記事を1本ずつ取り上げることが多い。おはようパーソナリティ道上洋三です フレッシュアイペディアより)

  • プロフェッショナル

    プロフェッショナルから見た近代オリンピック近代オリンピック

    近年は近代オリンピックの多くの競技においてプロ選手の参加を認める動きが進んでいることもあり(詳しくは後述)、日本の野球においてもプロ野球の2軍と社会人野球チームの交流試合が行われたり、元プロ野球選手の社会人野球チーム入りが認められるようになるなど(詳しくは柳川事件を参照)、プロとアマチュアの垣根を低くし相互に交流を図ることで競技全体の活性化を図る動きが盛んである。一方で、ボクシングの場合、アマチュア側の国際ボクシング協会 (AIBA)が既存プロと一線を画す形でプロ化を進行させている。プロフェッショナル フレッシュアイペディアより)

  • 裸

    から見た近代オリンピック近代オリンピック

    在る意味での理想論では、体毛を除いた裸体こそが、固定されない陰茎や乳房など身体の一部が揺れる問題は別として、最もスポーツにおいて競技者に負担を掛けない姿とも考えられるが、流石に古代オリンピックの時代ならいざ知らず、近代オリンピックでは全裸で競技(全裸スポーツ)に及ぶことは公共良俗の面から言っても問題があるため、必要最小限の衣服が利用される。 フレッシュアイペディアより)

1042件中 21 - 30件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード