1421件中 21 - 30件表示
  • 内藤克俊

    内藤克俊から見た近代オリンピック近代オリンピック

    内藤 克俊(ないとう かつとし、1895年2月25日 - 1969年9月27日)は、広島県広島市本川町(のちの中区本川町)出身のレスリング選手。柔道家で最終位は七段。1924年パリオリンピックで銅メダルを獲得し、日本レスリング史上初のオリンピックメダリストとなった。内藤克俊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本格闘競技連盟

    日本格闘競技連盟から見た近代オリンピック近代オリンピック

    財団法人日本レスリング協会(福田富昭会長)の下部団体である。傘下競技・団体は下記のとおりである。アマチュアも、プロも渾然一体となって含まれている。(レスリング以外は、)オリンピックやワールドゲームズなど各種国際競技会に参加するためのルートがなかった競技が多数を占める。これら競技のこうした大会への参加を、上部団体である日本レスリング協会を通じて行うための組織が当連盟である。日本レスリング協会は、日本体育協会とそこから分離した日本オリンピック委員会(JOC)の両方に加盟しており、当連盟参加者は、オリンピックやアジアオリンピック評議会(OCA)が関連する大会(アジア大会)に出場することができる。日本格闘競技連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見たオリンピック近代オリンピック

    雄大な自然に囲まれ、温泉が湧出し、なおかつ果物・野菜・畜産物など食材にも恵まれた、歴史あるリゾート地ソチでのオリンピック開催には、プーチンがことのほか熱心だったといわれる。プーチンとしては、モスクワやサンクトペテルブルクに偏りがちな経済発展が一方では国内他地域との格差を拡大させているため、南部発展の起爆剤にしたいという目論見があったといわれ、また、ソチは北コーカサスのクラスノダール地方に位置し、チェチェン共和国からもそれほど遠距離にないことから、チェチェン紛争によって非常に悪くなったロシアないし北コーカサスの暗いマイナス・イメージを、冬季オリンピックという国際的なイベントを開催することにより払拭したい狙いがあったとみられる。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・ジョーンズ (テニス選手)

    マリオン・ジョーンズ (テニス選手)から見た近代オリンピック近代オリンピック

    マリオン・ジョーンズ・ファーカー(Marion Jones Farquhar, 1879年11月2日 - 1965年3月14日)は、アメリカ・ネバダ州ゴールドヒル出身の女子テニス選手。19世紀から20世紀への移行期に、1899年と1902年の全米選手権女子シングルスで優勝した。ジョーンズはまた、アメリカの女子テニス選手として最初の海外遠征を行った人であり、1900年にアメリカ人女性として初めてウィンブルドン選手権に出場した。近代オリンピックにおいて女性の参加が認められた1900年パリ五輪で、テニス競技に初参加した6人の女子選手の1人でもある。ジョーンズの活躍した時代は、全米選手権の競技システムに大きな変化があった時期とも重なっている。妹のジョージナ・ジョーンズもテニス選手で、マリオンとジョージナは姉妹揃ってパリオリンピックに出場した。マリオン・ジョーンズ (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • ヘドヴィガ・ローゼンバウモワ

    ヘドヴィガ・ローゼンバウモワから見た近代オリンピック近代オリンピック

    ヘドヴィガ・ローゼンバウモワ(Hedwiga Rosenbaumová, 1880年7月3日 - 1939年7月31日)は、ボヘミア(現在のチェコ西部・中部地方)出身の女子テニス選手。近代オリンピックにおいて女性の参加が認められた1900年パリ五輪で、テニス競技に初参加した6人の女子選手の1人である。ヘドヴィガ・ローゼンバウモワ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ピウス・ボーランド

    ジョン・ピウス・ボーランドから見た近代オリンピック近代オリンピック

    ジョン・ピウス・ボーランド(John Pius Boland, 1870年9月16日 - 1958年3月17日)は、アイルランド・ダブリン出身の男子テニス選手。1896年にギリシャ・アテネで実施された第1回近代オリンピックのテニス競技で、男子シングルス・男子ダブルスともに最初の金メダルを獲得した選手である。彼はその後、アイルランド国民党の政治家として活動した。ジョン・ピウス・ボーランド フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・トラウン

    フリードリヒ・トラウンから見た近代オリンピック近代オリンピック

    フリードリヒ・トラウン(Friedrich Traun, 1876年3月29日 - 1908年7月11日)は、ドイツ・ハンブルク出身の男子運動競技選手。フルネームは Friedrich Adolf Traun (フリードリヒ・アドルフ・トラウン)といい、「フリッツ・トラウン」(Fritz Traun)と呼ばれることもある。1896年にギリシャ・アテネで実施された第1回近代オリンピックにおいて、テニスと陸上競技の2部門に参加し、テニスの男子ダブルスでジョン・ピウス・ボーランド(1870年 - 1958年)と組んで最初の金メダルを獲得した選手である。フリードリヒ・トラウン フレッシュアイペディアより)

  • エレーヌ・プレボー

    エレーヌ・プレボーから見た近代オリンピック近代オリンピック

    エレーヌ・プレボー(Hélène Prévost)は、フランスの女子テニス選手。近代オリンピックにおいて女性の参加が認められた1900年パリ五輪で、テニス競技に初参加した6人の女子選手の1人であり、新たに増設された女子シングルス・混合ダブルスの2部門で最初の銀メダルを獲得した選手である。彼女は夫のアンドレ・プレボーと一緒に、夫婦でパリ五輪に出場した。黎明期の全仏選手権(現在の全仏オープンテニス)でも、1900年の女子シングルスと1902年・1903年の混合ダブルスに優勝した。(“Prevost”というフランス人名の読み方は、日本語では「プレヴォー」が最も多く見られる。)エレーヌ・プレボー フレッシュアイペディアより)

  • マテウス・ファッショ・イノセンシオ

    マテウス・ファッショ・イノセンシオから見たオリンピック近代オリンピック

    マテウス・ファッショ・イノセンシオ(Mateus Facho Inocencio、1981年5月17日 ‐ )は、ブラジル・出身で障害走が専門の陸上競技選手。2004年アテネオリンピック男子110mハードルのファイナリスト(7位)である。また、2002年ソルトレイクシティオリンピックのボブスレー代表であり、夏季と冬季のオリンピックに出場したブラジル勢初の選手である。マテウス・ファッショ・イノセンシオ フレッシュアイペディアより)

  • アマチュアレスリング

    アマチュアレスリングから見た近代オリンピック近代オリンピック

    アマチュアレスリングは、オリンピックの公式競技にもなっている格闘技とスポーツの一種である。単にレスリングまたはアマレスと省略表記されることもある。アマチュアレスリング フレッシュアイペディアより)

1421件中 21 - 30件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード