1042件中 51 - 60件表示
  • ろくでなしBLUES

    ろくでなしBLUESから見た近代オリンピック近代オリンピック

    帝拳高校ボクシング部主将で太尊が入学する以前の帝拳高校番格だがそういう類の地位には全く興味は持ってない。応援団との抗争の責任を取り、無期停学となっていた。太尊とはスパーリングで2度対戦。最初の対戦ではバックドロップで負けるが、2戦目は太尊の無理な減量による体調不良により、なんなく勝利する。高校卒業後は辰東大ボクシング部に推薦入学、最終話ではオリンピックにて金メダルを獲得し、プロへ転向すると噂されている。両親を事故で亡くし、妹・なつみと2人で暮らしている。ろくでなしBLUES フレッシュアイペディアより)

  • 女子サッカー

    女子サッカーから見た近代オリンピック近代オリンピック

    1986年、メキシコシティで行われた国際サッカー連盟(FIFA)総会でノルウェーサッカー協会から派遣された女性、エレン・ウィレ(エレン・ヴィッレ)が「人類の半数は女性である。FIFAは女子サッカーにもっともっと力を入れるべきである。そして女子サッカーがもつ限りない将来性に目を向けなければならない。」と演説し、女子ワールドカップの開催、オリンピックに女子サッカーの追加、男女とも同一のルールの採用を提案した。これに感銘を受けた議長のジョアン・アヴェランジェ会長(当時)は、2年後の1988年に中華人民共和国広州市で非公式な世界大会を実施。この結果をもとに1991年、第1回女子サッカー世界選手権を中国の5会場で開催した。のちにFIFA女子ワールドカップと呼ばれるこの大会が開かれ、さらにオリンピックでも1996年のアトランタ大会から正式種目に採用されたことにより、少しずつ市民権を得てきている。2004年にはFIFA会長のゼップ・ブラッターが「より女性らしさを出すために、バレーボールで採用されているような服装にし、ボールも男子の競技で使用されているものより軽いボールを扱うべきではないか」と発言して物議を醸したこともあったが、2012年にはヨーロッパで開催されているクラブ国際大会のUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦で50,000人を超える観客を集めるなど、近年では男子サッカーに劣らない人気を誇る試合も現れるようになっている。女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

    プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパンから見た近代オリンピック近代オリンピック

    2012年1月23日?8月12日はロンドンオリンピック開催に伴うオリンピック国際協賛スポンサー(TOP)に就任したためのキャンペーンフレーズ(次項詳述)のため一時このフレーズを使用しなかった。プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 8年 (小説)

    8年 (小説)から見た近代オリンピック近代オリンピック

    2度のオリンピックで華々しい活躍をしながらも、ある事情でプロ入りを諦め一線を退いた投手・藤原雄大。8年 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ボートの歴史

    ボートの歴史から見たオリンピック近代オリンピック

    FISAはオリンピックの活動に最初に参加した国際スポーツ連盟である。ボートの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 1894年のスポーツ

    1894年のスポーツから見た近代オリンピック近代オリンピック

    6月16日?24日 - パリのソルボンヌ大学で13カ国の代表会議が開かれ、オリンピック復活が決定、国際オリンピック委員会が設立される1894年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ビーバートン高等学校

    ビーバートン高等学校から見た近代オリンピック近代オリンピック

    マック・ウィルキンズ:オリンピック選手。円盤投選手。ビーバートン高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックボランティア

    オリンピックボランティアから見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピックボランティア(オリンピックぼらんてぃあ)とは、国際オリンピック委員会 (IOC) が開催する、近代オリンピックの運営などを行うボランティアである。オリンピックボランティア フレッシュアイペディアより)

  • ワン・モア・ジャンプ

    ワン・モア・ジャンプから見た近代オリンピック近代オリンピック

    悲しみに暮れる中、異母兄・トーマと出会い、秘めていたジャンプの才能を開花させ、オリンピック出場という目標に向かって歩み始める。ワン・モア・ジャンプ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・タバチニク

    パブロ・タバチニクから見た近代オリンピック近代オリンピック

    オリンピックにはシドニー五輪、アテネ五輪、北京五輪の三大会に出場している。北京五輪ではシングルスにおいてエジプトのエル=サイード・ラシンとセットオールにまでもつれ込む大激戦を繰り広げたが、惜しくも敗れて予選敗退となった。パブロ・タバチニク フレッシュアイペディアより)

1042件中 51 - 60件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード