前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
176件中 1 - 10件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たフアン・アントニオ・サマランチ

    1984年ロサンゼルス大会の後、フアン・アントニオ・サマランチ主導で商業主義(利権の生成、放映権と提供料の高額化)が加速したと言われたことがあり、またかつて誘致活動としてIOC委員へ賄賂が提供された事などが問題になったことがある。さらには、年々巨大化する大会で開催費用負担が増額する傾向があったがジャック・ロゲ会長の代になり、これまで増え続けていた競技種目を減らし、大会規模を維持することで一定の理解を得るようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たFIFAワールドカップ

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た冬季オリンピック

    近代オリンピック(きんだいオリンピック、、)は、国際オリンピック委員会(英:)が開催する世界的なスポーツ大会。現在、夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、夏季大会は西暦で4の倍数の年、冬季大会は4の倍数でない偶数の年で2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることになる。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たコカ・コーラ

    コカ・コーラ(ノンアルコール飲料)近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たトヨタ自動車

    トヨタ自動車(モビリティ)近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た電通

    大会の大規模化とともに開催に伴う開催都市と地元政府の経済的負担が問題となったが、ユベロスが組織委員長を務めた1984年のロサンゼルス大会では商業活動と民間の寄付を本格的に導入することによって、地元の財政的負担を軽減しオリンピック大会の開催を継続することが可能になった。それを契機とし、アディダスや電通などを始めとした企業から一大ビジネスチャンスとして注目されるようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たブリヂストン

    ブリヂストン(タイヤ、免震ゴム、自転車)近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た時事通信

    近代オリンピックとその時代(時事通信近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たパナソニック

    TOPとは「ワールドワイドパートナー」()の事である。元々、オリンピックマークの商業使用権は各国のオリンピック委員会(NOC)が各々で管理をしていたが、サマランチ会長がIOCの一括管理にした事から1988年の冬季カルガリー大会と夏季ソウル大会から始まったプログラムで、オリンピックの中でも全世界的に設けられた最高位のスポンサーである。基本的には4年単位の契約で1業種1社に限定されており、毎回計9〜11社ほどが契約を結んでいる。なお、TOPにパナソニック、ゼネラル・エレクトリック(GE)、サムスンと同業種の企業が名を連ねているが、これはパナソニックが音響・映像機器、サムスンは無線通信機器と細分化されており、またGEはエネルギー関連、インフラ、照明、その他の電気製品などの上記と重ならないカテゴリーのスポンサーとなっているからである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たサムスン電子

    TOPとは「ワールドワイドパートナー」()の事である。元々、オリンピックマークの商業使用権は各国のオリンピック委員会(NOC)が各々で管理をしていたが、サマランチ会長がIOCの一括管理にした事から1988年の冬季カルガリー大会と夏季ソウル大会から始まったプログラムで、オリンピックの中でも全世界的に設けられた最高位のスポンサーである。基本的には4年単位の契約で1業種1社に限定されており、毎回計9〜11社ほどが契約を結んでいる。なお、TOPにパナソニック、ゼネラル・エレクトリック(GE)、サムスンと同業種の企業が名を連ねているが、これはパナソニックが音響・映像機器、サムスンは無線通信機器と細分化されており、またGEはエネルギー関連、インフラ、照明、その他の電気製品などの上記と重ならないカテゴリーのスポンサーとなっているからである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
176件中 1 - 10件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード