176件中 91 - 100件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た利権

    1984年ロサンゼルス大会の後、フアン・アントニオ・サマランチ主導で商業主義(利権の生成、放映権と提供料の高額化)が加速したと言われたことがあり、またかつて誘致活動としてIOC委員へ賄賂が提供された事などが問題になったことがある。さらには、年々巨大化する大会で開催費用負担が増額する傾向があったがジャック・ロゲ会長の代になり、これまで増え続けていた競技種目を減らし、大会規模を維持することで一定の理解を得るようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たスペイン語

    また、開催都市の大半が欧州・北米にあり、夏季大会開催都市はアジアでは東京・ソウル・北京の3都市(東京は2度目の開催が決定済)、中南米ではメキシコシティ(地理上は北米に属するがスペイン語圏であるためここでは中南米として扱う)・リオデジャネイロの2都市、オセアニアではメルボルン・シドニーの2都市のみである。アフリカに至っては南アフリカ共和国が候補に挙がった事があるが未だに開催されていない。これも、アジア・中南米・アフリカに経済力を持つ国が少ない事が関係している。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た視聴率

    上記の状況を打破するために1984年のロサンゼルス大会からは商業主義を取り入れることとなった。この方式は成功したが、一方では競技者よりもスポンサーの意向が強くなる場合もある。2008年の北京大会ではアメリカのテレビ局の意向で、アメリカでの視聴率が取りやすいように(北京の午前はアメリカの夜のゴールデンタイムになるため)一部の競技の決勝が午前中に開催された。2018年の平昌大会ではその傾向が顕著になりスキージャンプ競技は深夜の風の強いコンディションで行われ、更に普通夕方?夜に行われるフィギュアスケートは午前から競技開始と異例の競技時間となった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た2002年ソルトレークシティオリンピック

    使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変、アドリブは認められない。2002年のソルトレークシティオリンピックではジョージ・W・ブッシュ大統領が「(オリンピック開催国に選ばれたことを)栄誉とし、(その成功に)専心しつつ、かつ(その機会を得たことに対する)感謝の念に満ちたこの国を代表し(On behalf of a proud, determined and grateful nation...)」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たドイツ国防軍

    アマチュアリズムを基本とし、古代の平和の祭典の復興を目指したオリンピックであるが、二度の世界大戦やミュンヘン大会におけるテロ事件、冷戦下でのアフガニスタン紛争に伴う東西のボイコット合戦など時々の国際政治の影響は大きい。特にヒトラー政権下による1936年のベルリン大会はオリンピックそのものが利用された色彩が強く、聖火リレーのルートを後日ドイツ国防軍がそのまま逆進したとされたり、ナチズムに対する批判をかわすために一時的にユダヤ人政策を緩和したりするなど、政治が大きく影を落としたものとなっている。なお、夏季大会において第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリアの5ヶ国のみである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たワイヤーアクション

    開会式では、オリンピック賛歌を演奏することやオリンピック旗掲揚、開催国の国歌斉唱または演奏、走者達のリレーによる聖火点火、そして平和の象徴の鳩が解き放たれることがオリンピック憲章で規定されていた。しかし、聖火台で鳩を焼いてしまったソウル大会での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、オリンピックの式典が夜中に行われるようになった事もあって1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。ロンドン大会では、鳩のコスチュームをまとった人々が自転車に乗って登場し、そのうちの一人がワイヤーアクションで空中へ上昇した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た1994年リレハンメルオリンピック

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たファンファーレ

    また、開催国国家元首による開会宣言の直後にその大会ごとのファンファーレが演奏されることが通例となっている。1984年のロサンゼルス大会のファンファーレ(ジョン・ウィリアムズ作曲)は世界的に有名となった。なお、あくまでその大会ごとのファンファーレであって、オリンピックの公式ファンファーレは存在しない。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たナチズム

    アマチュアリズムを基本とし、古代の平和の祭典の復興を目指したオリンピックであるが、二度の世界大戦やミュンヘン大会におけるテロ事件、冷戦下でのアフガニスタン紛争に伴う東西のボイコット合戦など時々の国際政治の影響は大きい。特にヒトラー政権下による1936年のベルリン大会はオリンピックそのものが利用された色彩が強く、聖火リレーのルートを後日ドイツ国防軍がそのまま逆進したとされたり、ナチズムに対する批判をかわすために一時的にユダヤ人政策を緩和したりするなど、政治が大きく影を落としたものとなっている。なお、夏季大会において第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリアの5ヶ国のみである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た1896年アテネオリンピック

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

176件中 91 - 100件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード