133件中 11 - 20件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たFIFAワールドカップ

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た冬季オリンピック

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た公用語

    大会の公用語はフランス語と英語であるが、フランス語版と英語版の規定に相違がある場合はフランス語を優先するとして、フランス語を第1公用語とする事を明らかにしている。現在は、フランス語、英語の他、開閉会式等では、開催地の公用語も加える場合がある。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た金栗四三

    なお、このストックホルム夏季大会で嘉納治五郎は日本人初のIOC委員として参加し、また男子陸上の選手として参加したのは短距離の三島弥彦と、マラソン選手の金栗四三で、この2名が日本人初のオリンピック選手として大会に参加した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たジャック・ロゲ

    1984年ロサンゼルス大会の後、サマランチ会長主導で商業主義が加速したと言われたことがあり、またかつて誘致活動としてIOC委員への賄賂が提供された事などが問題になったことがある。さらには、年々巨大化する大会で開催費用負担が増額する傾向があったが、ロゲ会長の代になり、これまで増え続けていた競技種目を減らし、大会規模を維持することで一定の理解を得るようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た三島弥彦

    なお、このストックホルム夏季大会で嘉納治五郎は日本人初のIOC委員として参加し、また男子陸上の選手として参加したのは短距離の三島弥彦と、マラソン選手の金栗四三で、この2名が日本人初のオリンピック選手として大会に参加した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアドルフ・ヒトラー

    アマチュアリズムを基本とし、古代の平和の祭典の復興を目指したオリンピックであるが、二度の世界大戦や、ミュンヘン大会におけるテロ事件、冷戦下でのアフガニスタン戦争に伴う東西のボイコット合戦など、時々の国際政治の影響は大きい。特にヒトラー政権下による1936年のベルリン大会は、五輪そのものが利用された色彩が強く、聖火リレーのルートを後日ドイツ国防軍がそのまま逆進したとされたり、ナチズムに対する批判をかわすために一時的にユダヤ人政策を緩和したりするなど、政治が大きく陰を落としたものとなっている。なお、夏季大会において、第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリアの5ヶ国のみである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たピーター・ユベロス

    大会の大規模化とともに開催に伴う開催都市と地元政府の経済的負担が問題となったが、ピーター・ユベロスが組織委員長を務めた1984年のロサンゼルス大会では商業活動と民間の寄付を本格的に導入することによって、地元の財政的負担を軽減しオリンピック大会の開催を継続することが可能になった。それを契機とし、アディダスや電通などを始めとした企業から一大ビジネスチャンスとして注目されるようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た嘉納治五郎

    日本が初めて参加したのは、1912年に開催されたストックホルム夏季大会である。これはオリンピックの普及に腐心したクーベルタン男爵の強い勧めによるものであるが、嘉納治五郎を初めとする日本側関係者の努力も大きかった。最初は男子陸上のみによる参加であったが、1928年アムステルダム大会からは女子選手も参加した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たジョージ・W・ブッシュ

    使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変は認められない。ソルトレイクシティオリンピックではブッシュ大統領が「誇り高く、優雅なこの国を代表し(“On behalf of a proud, determined and grateful nation”) 」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード