133件中 21 - 30件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た宮本武蔵

    五輪は、近代オリンピックのシンボルマークである5色で表現した5つの輪と宮本武蔵の五輪書の書名を由来として、読売新聞社記者の川本信正が1936年に考案した訳語である。本人は「以前から五大陸を示すオリンピックマークからイメージしていた言葉と、剣豪宮本武蔵の著「五輪書」を思い出し、とっさに「五輪」とメモして見せたら、早速翌日の新聞に使われた」と述べている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアテネ

    夏季と冬季に大会があり、夏季オリンピック第1回は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は、1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される(FIFAワールドカップが開催される年と同じ)。1994年のリレハンメル大会より、夏季大会と冬季大会が2年おきに交互開催するようになった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たメキシコシティー

    また、開催都市の大半が欧州・北米諸国にあり、アジアの夏季オリンピックについては、東京・ソウル・北京の3回、中南米についてもメキシコのメキシコシティー(地理上は北米に属するがスペイン語圏であるためここでは中南米として扱う)で開催されたのみ(2016年には、ブラジルのリオデジャネイロでの開催が決定している)で、アフリカに至っては南アフリカが候補に挙がった事があるが未だに開催されていない。これも、アジア・アフリカ・中南米に経済力を持つ国が少ない事が関係している。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た国際オリンピック委員会

    近代オリンピック(きんだいオリンピック)は、4年に1度国際オリンピック委員会()が開催する、世界的なスポーツ大会。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦で1916年のベルリン大会は、開催中止となったが、1920年のアントワープ大会から再開され、初めてオリンピック旗が会場で披露された。この時期は、選手村・マイクロフォン(1924年)、冬季大会の開催(1924年)、約3週間の開催期間(1928年)、聖火リレー(1936年)など、現在の大会の基盤となる施策が採用された時期である。やがて、オリンピックが盛大になり、それを国策に使おうとする指導者が現れ、1936年のベルリン大会は、ナチス・ドイツの宣伝大会とも言われる。その後、第二次世界大戦でオリンピックは、2度も流会してしまう。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアムステルダム

    冬季オリンピックが始まった当初は、夏季オリンピックの開催国の都市に優先的に開催権が与えられてきたが、降雪量の少ない国での開催に無理が生じることから、1940年代前半に規約が改正され、同一開催の原則が廃止された(1928年アムステルダム大会時の際、オランダでは、降雪量不足で雪山が無く、会場の確保困難であったことから、この年の冬季大会はサンモリッツ(スイス)で開催された)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た全国高等学校野球選手権大会

    オリンピックの開催年は、全国高等学校野球選手権大会の日程が調整されることがある。1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会ではバルセロナオリンピックの終了を待って8月10日から開催され、逆に2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念大会では北京オリンピックとの重複を可能な限り避けるために大会史上最早の8月2日から開催された。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たドーピング

    その流れは、プロ選手の参加を促し、1992年のバルセロナ大会では、バスケットボール種目でアメリカのNBA所属の選手による「ドリームチーム」が結成され、大きな話題となった。東西冷戦の終結からオリンピックの政治的な色合いは薄くなり、ステート・アマもほとんどが姿を消したが、その反面ドーピングの問題や過度の招致合戦によるIOC委員に対する接待や賄賂など、オリンピックに内外で関与する人物・組織の倫理面にまつわる問題が度々表面化する様になった。21世紀に入ってから、オリンピック開催地は、2008年の北京(中華人民共和国)、2016年リオデジャネイロ(ブラジル)などBRICs各国に広まるなど、新たな展開を見せている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たBRICs

    その流れは、プロ選手の参加を促し、1992年のバルセロナ大会では、バスケットボール種目でアメリカのNBA所属の選手による「ドリームチーム」が結成され、大きな話題となった。東西冷戦の終結からオリンピックの政治的な色合いは薄くなり、ステート・アマもほとんどが姿を消したが、その反面ドーピングの問題や過度の招致合戦によるIOC委員に対する接待や賄賂など、オリンピックに内外で関与する人物・組織の倫理面にまつわる問題が度々表面化する様になった。21世紀に入ってから、オリンピック開催地は、2008年の北京(中華人民共和国)、2016年リオデジャネイロ(ブラジル)などBRICs各国に広まるなど、新たな展開を見せている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアフガニスタン戦争

    アマチュアリズムを基本とし、古代の平和の祭典の復興を目指したオリンピックであるが、二度の世界大戦や、ミュンヘン大会におけるテロ事件、冷戦下でのアフガニスタン戦争に伴う東西のボイコット合戦など、時々の国際政治の影響は大きい。特にヒトラー政権下による1936年のベルリン大会は、五輪そのものが利用された色彩が強く、聖火リレーのルートを後日ドイツ国防軍がそのまま逆進したとされたり、ナチズムに対する批判をかわすために一時的にユダヤ人政策を緩和したりするなど、政治が大きく陰を落としたものとなっている。なお、夏季大会において、第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリアの5ヶ国のみである。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

133件中 21 - 30件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード