176件中 31 - 40件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た公共事業

    オリンピック・万博・FIFAワールドカップなどイベント後には、イベントのための公共投資、それに付随した民間投資・民間消費需要が落ち込むため不況となるという説。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た八百長

    2013年9月に選ばれたトーマス・バッハ第9代会長を中心に40項目の改革案「オリンピック・アジェンダ2020」が発案され、2014年12月のIOC臨時総会で採択された。その一つに参加選手数を夏季大会では約1万500人に抑えるポリシーがある(競技数28の現行上限を撤廃して種目数は約310に)。1984年のロサンゼルスが6829人(221種目)だったが、2008年の北京では10942人(302種目)まで増大していた。他にも、開催候補地の負担を減らすことや、八百長防止と反ドーピング活動のための資金提供を行うことなどが、盛り込まれた。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦で1916年のベルリン大会は開催中止となったが、1920年のアントワープ大会から再開され初めてオリンピック旗が会場で披露された。この時期は、選手村・マイクロフォン(1924年)、冬季大会の開催(1924年)、16日前後の開催期間(1928年)、聖火リレー(1936年)など、現在の大会の基盤となる施策が採用された時期である。この時期からオリンピックは万博の添え物という扱いから国家の国力を比べる目安にとして国際社会から認知されるようになり「国を挙げてのメダル争い」が萌芽した。この様子は1924年のパリ大会を描いたイギリス映画『炎のランナー』に詳しい。開催国のほうもオリンピックを国際社会に国力を誇示する一大イベントだと認識するようになりオリンピックが盛大になり、それを国策に使おうとする指導者が現れ、1936年のベルリン大会では当時のナチス政権は巧みに国威発揚に利用した。聖火リレーやオリンピック記録映画の制作などの劇的な演出もこのとき始まった。しかしその後、第二次世界大戦でオリンピックは2度も流会してしまうこととなった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た公用語

    大会の公用語はフランス語と英語であるが、フランス語版と英語版の規定に相違がある場合はフランス語を優先するとして、フランス語を第1公用語とする事を明らかにしている。現在は、フランス語、英語の他、開閉会式等では開催地の公用語も加える場合がある。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たパリ

    なお、このオリンピックマークは1914年にパリで開催されたIOCの創設20周年記念式典で披露され、1920年のアントワープ大会から使用されているが、木綿で作られたオリンピック旗は一度盗まれ1980年のモスクワ大会では閉会式でアメリカにオリンピック旗が伝達されず次の大会ではレプリカを使用された出来事があり、そして1988年のソウル大会閉会式から合成樹脂のオリンピック旗が使われている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た全国高等学校野球選手権大会

    オリンピックの開催年は、全国高等学校野球選手権大会の日程が調整されることがある。1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会ではバルセロナオリンピックの終了を待って8月10日から開催され、逆に2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念大会では北京オリンピックとの重複を可能な限り避けるために大会史上最早の8月2日から開催された。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアメリカ同時多発テロ事件

    最初にオリンピックを政治的に利用したとされるのは1936年のベルリン大会の際のヒトラーであるが、戦後オリンピックが世界的なイベントとして認知されると、国威発揚のために政治的に利用する国が多くなった。オリンピック憲章ではオリンピックの政治的利用は禁止とされているが身近な例では金メダルをとった選手の表彰式の際、国歌が流れ、国旗が掲揚される。この儀式に対して強く疑問に思ったのが、1936年のベルリン大会のマラソン競技で日本統治時代の朝鮮から「日本代表」として出場し優勝した孫基禎である。共産主義時代のソ連や東欧諸国では国威発揚の為国家の元でオリンピック選手を育成し(いわゆる「ステート・アマ」)、メダルを量産してきた。共産主義が崩壊した今でもその傾向は続いており2016年のリオデジャネイロ大会の前にはロシアが国家主導で過去の大会においてドーピング行為を行ったことが判明した(ドーピング問題については後述)。アメリカ合衆国でも2002年の冬季ソルトレークシティ大会の開会式の際は前年の米国同時多発テロで崩壊したニューヨーク世界貿易センタービルの跡地から発見された星条旗が入場させている。日本も例外ではなくマスメディアは2020年の東京オリンピックを「国威発揚」と位置づけたり、一部の新聞では東京オリンピックに反対する人はいないという報道を流すところもあった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たソウル特別市

    また、開催都市の大半が欧州・北米にあり、夏季大会開催都市はアジアでは東京・ソウル・北京の3都市(東京は2度目の開催が決定済)、中南米ではメキシコシティ(地理上は北米に属するがスペイン語圏であるためここでは中南米として扱う)・リオデジャネイロの2都市、オセアニアではメルボルン・シドニーの2都市のみである。アフリカに至っては南アフリカ共和国が候補に挙がった事があるが未だに開催されていない。これも、アジア・中南米・アフリカに経済力を持つ国が少ない事が関係している。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た選手村

    第一次世界大戦で1916年のベルリン大会は開催中止となったが、1920年のアントワープ大会から再開され初めてオリンピック旗が会場で披露された。この時期は、選手村・マイクロフォン(1924年)、冬季大会の開催(1924年)、16日前後の開催期間(1928年)、聖火リレー(1936年)など、現在の大会の基盤となる施策が採用された時期である。この時期からオリンピックは万博の添え物という扱いから国家の国力を比べる目安にとして国際社会から認知されるようになり「国を挙げてのメダル争い」が萌芽した。この様子は1924年のパリ大会を描いたイギリス映画『炎のランナー』に詳しい。開催国のほうもオリンピックを国際社会に国力を誇示する一大イベントだと認識するようになりオリンピックが盛大になり、それを国策に使おうとする指導者が現れ、1936年のベルリン大会では当時のナチス政権は巧みに国威発揚に利用した。聖火リレーやオリンピック記録映画の制作などの劇的な演出もこのとき始まった。しかしその後、第二次世界大戦でオリンピックは2度も流会してしまうこととなった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た2022年北京オリンピック

    1976年のモントリオール大会では大幅な赤字を出し、2006年までの30年間にわたり特別税を徴収し返済を行った。また2004年のアテネ大会では施設建設費の多くを国債で賄った為、2010年のギリシャ危機の一因ともなった。更に2014年のソチ大会でも多額の開催費がかかった為、2022年のオリンピック開催の立候補を辞退する都市が相次ぎ、北京(中国)、アルマトイ(カザフスタン)の2都市による異例の「一騎討ち」となった(結果北京が2022年冬季オリンピック開催都市に選ばれた)。2024年・2028年の両大会でも立候補を辞退する都市が相次ぎ、最終的に立候補都市として残ったのはパリとロサンゼルスだけとなり、2024年大会がパリ、2028年がロサンゼルスに決定した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

176件中 31 - 40件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード