133件中 51 - 60件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たスイス

    冬季オリンピックが始まった当初は、夏季オリンピックの開催国の都市に優先的に開催権が与えられてきたが、降雪量の少ない国での開催に無理が生じることから、1940年代前半に規約が改正され、同一開催の原則が廃止された(1928年アムステルダム大会時の際、オランダでは、降雪量不足で雪山が無く、会場の確保困難であったことから、この年の冬季大会はサンモリッツ(スイス)で開催された)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たバスケットボール

    元々、オリンピックは発足当初からアマ選手のみに参加資格を限って来たが、旧共産圏(ソビエト連邦やキューバなど)のステートアマ問題などもあり、1974年にオーストリア首都ウィーンで開催された第75回IOC総会で、オリンピック憲章からアマチュア条項を削除した。さらに観客や視聴者の期待にも応える形で、プロ選手の参加が段階的に解禁されるようになった(当初はテニスなど限られていたが、後にバスケットボール、サッカー、野球などに拡大)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たテニス

    元々、オリンピックは発足当初からアマ選手のみに参加資格を限って来たが、旧共産圏(ソビエト連邦やキューバなど)のステートアマ問題などもあり、1974年にオーストリア首都ウィーンで開催された第75回IOC総会で、オリンピック憲章からアマチュア条項を削除した。さらに観客や視聴者の期待にも応える形で、プロ選手の参加が段階的に解禁されるようになった(当初はテニスなど限られていたが、後にバスケットボール、サッカー、野球などに拡大)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た野球

    元々、オリンピックは発足当初からアマ選手のみに参加資格を限って来たが、旧共産圏(ソビエト連邦やキューバなど)のステートアマ問題などもあり、1974年にオーストリア首都ウィーンで開催された第75回IOC総会で、オリンピック憲章からアマチュア条項を削除した。さらに観客や視聴者の期待にも応える形で、プロ選手の参加が段階的に解禁されるようになった(当初はテニスなど限られていたが、後にバスケットボール、サッカー、野球などに拡大)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た航空機

    第二次世界大戦が終結し、1948年ロンドンでオリンピックが再開されたが、敗戦国のドイツ・日本は、招待されなかった。1952年のヘルシンキ大会よりソビエト連邦(以下ソ連)が初参加し、オリンピックは、名実と共に「世界の大会」とよばれ、同時に東西冷戦を象徴する場となり、アメリカとソビエトのメダル争いは、話題となった。しかし、2つの中国問題(中国と台湾)、ドイツ問題(東西ドイツ)など新たな問題点も浮かび上がってきた。そして航空機の発達により、欧米のみに限られていたオリンピック開催地を世界に広める結果となり、1956年メルボルン(オーストラリア)、1964年東京(日本)と新たな開催地が仲間入りした。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たジャパンコンソーシアム

    ジャパンコンソーシアム - 日本でのオリンピックやFIFAワールドカップの放送に際するNHK・民間放送の合同組織近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た北京オリンピック

    オリンピックの開催年は、全国高等学校野球選手権大会の日程が調整されることがある。1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会ではバルセロナオリンピックの終了を待って8月10日から開催され、逆に2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念大会では北京オリンピックとの重複を可能な限り避けるために大会史上最早の8月2日から開催された。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たアメリカ合衆国

    使用される言語は開催国の任意であるが、内容の改変は認められない。ソルトレイクシティオリンピックではブッシュ大統領が「誇り高く、優雅なこの国を代表し(“On behalf of a proud, determined and grateful nation”) 」の一節を付け加えて開会宣言したが、これはオリンピック憲章違反である。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た中華人民共和国

    日本以外の漢字文化圏のうち韓国では、「五輪」が通用する。韓国では、従来からオリンピック旗のことを「五輪旗()」と呼んでいたが、近年ではオリンピック自体も「五輪()」と呼ぶことが増えてきている。中国では、「オリンピック」の発音をそのまま漢字化した「奥林匹克」、または「奥林匹克運動会」を省略した「奥運」「奥運会」などの略称が用いられている。ベトナムでは、「世界運動会」を省略した「世運会()」が一般に用いられ、「五輪」という略称は通用しない。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たストックホルムオリンピック

    日本が初めて参加したのは、1912年に開催されたストックホルム夏季大会である。これはオリンピックの普及に腐心したクーベルタン男爵の強い勧めによるものであるが、嘉納治五郎を初めとする日本側関係者の努力も大きかった。最初は男子陸上のみによる参加であったが、1928年アムステルダム大会からは女子選手も参加した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード