176件中 81 - 90件表示
  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たスキージャンプ

    上記の状況を打破するために1984年のロサンゼルス大会からは商業主義を取り入れることとなった。この方式は成功したが、一方では競技者よりもスポンサーの意向が強くなる場合もある。2008年の北京大会ではアメリカのテレビ局の意向で、アメリカでの視聴率が取りやすいように(北京の午前はアメリカの夜のゴールデンタイムになるため)一部の競技の決勝が午前中に開催された。2018年の平昌大会ではその傾向が顕著になりスキージャンプ競技は深夜の風の強いコンディションで行われ、更に普通夕方?夜に行われるフィギュアスケートは午前から競技開始と異例の競技時間となった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たテニス

    元々、オリンピックは発足当初からアマ選手のみに参加資格を限って来たが、旧共産圏(ソ連やキューバなど)のステートアマ問題などもあり、1974年にオーストリア首都ウィーンで開催された第75回IOC総会で、オリンピック憲章からアマチュア条項を削除した。さらに観客や視聴者の期待にも応える形で、プロ選手の参加が段階的に解禁されるようになった(当初はテニスなど限られていたが、後にバスケットボール、サッカー、野球などに拡大)。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た航空機

    第二次世界大戦が終結し、1948年ロンドンでオリンピックが再開されたが、敗戦国の日本とドイツは招待されなかった。また1948年のロンドン大会から芸術部門が廃止され、スポーツ部門のみとなった。これによりオリンピックは「古代ギリシャの権威を身にまとった世界屈指の国際的なスポーツ競技大会」としての性格を確立することになった。1952年のヘルシンキ大会よりソビエト連邦(以下ソ連)が初参加し、オリンピックは名実と共に「世界の大会」とよばれ、同時に東西冷戦を象徴する場となりアメリカとソ連のメダル争いは話題となった。だが、2つの中国問題(中国と台湾)、ドイツ問題(東西ドイツ)など新たな問題点も浮かび上がってきた。そして航空機の発達により欧米のみに限られていたオリンピック開催地を世界に広める結果となり、初めての南半球での開催となる1956年メルボルン大会(オーストラリア)、初めてのアジアでの開催となる1964年東京大会(日本)とヨーロッパと北米以外の新たな地域からの開催地が仲間入りした。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たブラジル

    開催都市は北半球がほとんどである。南半球では冬季大会の開催が皆無、夏季大会もオーストラリアのメルボルンで開かれたメルボルンオリンピック(1956年)、同じくオーストラリアのシドニーで開催されたシドニーオリンピック(2000年)、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたリオデジャネイロオリンピック(2016年)の3大会のみである。その理由として、季節が北半球と逆である事と、北半球に比べ実際に開催可能な経済力を持つ先進国が少ない事(南北問題)が挙げられる。特に、冬季大会では各種目の大会シーズンとの兼ね合い(南半球が冬の時期に北半球では、シーズンオフである事)や、北半球に比べウィンタースポーツの設備が十分でない(そもそも降雪量が少ない)ため実質的に開催不可能であると推測される。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た1992年アルベールビルオリンピック

    日本オリンピック委員会は、1992年アルベールビルオリンピック以降のオリンピック金メダリストに300万円(2016年リオデジャネイロオリンピックからは500万円)、銀メダリストに200万円、銅メダリストに100万円の報奨金を贈っている。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た1992年バルセロナオリンピック

    オリンピックの開催年は、全国高等学校野球選手権大会の日程が調整されることがある。1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会ではバルセロナオリンピックの終了を待って8月10日から開催され、逆に2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念大会では北京オリンピックとの重複を可能な限り避けるために大会史上最早の8月2日から開催された。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た中華人民共和国

    1976年のモントリオール大会では大幅な赤字を出し、2006年までの30年間にわたり特別税を徴収し返済を行った。また2004年のアテネ大会では施設建設費の多くを国債で賄った為、2010年のギリシャ危機の一因ともなった。更に2014年のソチ大会でも多額の開催費がかかった為、2022年のオリンピック開催の立候補を辞退する都市が相次ぎ、北京(中国)、アルマトイ(カザフスタン)の2都市による異例の「一騎討ち」となった(結果北京が2022年冬季オリンピック開催都市に選ばれた)。2024年・2028年の両大会でも立候補を辞退する都市が相次ぎ、最終的に立候補都市として残ったのはパリとロサンゼルスだけとなり、2024年大会がパリ、2028年がロサンゼルスに決定した。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た南アフリカ共和国

    また、開催都市の大半が欧州・北米にあり、夏季大会開催都市はアジアでは東京・ソウル・北京の3都市(東京は2度目の開催が決定済)、中南米ではメキシコシティ(地理上は北米に属するがスペイン語圏であるためここでは中南米として扱う)・リオデジャネイロの2都市、オセアニアではメルボルン・シドニーの2都市のみである。アフリカに至っては南アフリカ共和国が候補に挙がった事があるが未だに開催されていない。これも、アジア・中南米・アフリカに経済力を持つ国が少ない事が関係している。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見たオリンポス山

    「オリンピック」は、ゼウスの神殿のあったオリンポス(オリンピア)の名前を冠しており、この地で古代オリンピックが開催されたことから命名された。戦前は「オリムピック」という表記であった。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 近代オリンピック

    近代オリンピックから見た支那事変

    日本選手のメダル獲得、ベルリン大会から始まったラジオ実況中継、聖火ランナーなどにより、日本での関心が増し、1940年の夏の大会を東京に、1940年の冬の大会を札幌に招致する事に成功したが、これらの大会は日中戦争(支那事変)の激化もあり自ら開催権を返上した。戦後のロンドン大会には戦争責任からドイツと共に日本は参加を許されず、ヘルシンキ大会より復帰している。近代オリンピック フレッシュアイペディアより)

176件中 81 - 90件表示

「夏季五輪・冬季五輪」のニューストピックワード