140件中 91 - 100件表示
  • 吉田大八 (映画監督)

    吉田大八 (映画監督)から見た夏木マリ夏木マリ

    パーマネント野ばら(出演:菅野美穂、江口洋介、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ) 2010年5月吉田大八 (映画監督) フレッシュアイペディアより)

  • UFO (ピンク・レディーの曲)

    UFO (ピンク・レディーの曲)から見た夏木マリ夏木マリ

    2009年、土屋アンナ&夏木マリがアルバム『Bad Friends』でカバー。UFO (ピンク・レディーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た夏木マリ夏木マリ

    デビュー曲の「としごろ」は、スタッフの期待以下のセールスに止まったため、第二弾の「青い果実」ではイメージチェンジを図り、大胆な歌詞を歌わせる路線を取った。これは「青い性路線」(「性典ソング」)と呼ばれるようになり、それは1974年の「ひと夏の経験」の大ヒットで大きく花咲くこととなった。年端のいかない少女が性行為を連想させるような際どい内容を歌うという、この「青い性」路線で百恵は絶大な人気を獲得することになる。歌詞の内容は際どかったが、辺見マリや夏木マリ、あるいは1970年代に復活した山本リンダなどのセクシー路線の歌手と違い、百恵は年齢が低くビジュアル面では純朴な少女というイメージだった。歌とビジュアルのギャップ、それに伴うある種の背徳感が、百恵の人気を独特なものにしていったと言われる。これは百恵の芸能人としての資質によるだけではなく、所属事務所やレコード会社による周到なイメージ戦略の賜物でもあった。「ひと夏の経験」を歌っていた時期のインタビューでは大抵「女の子の一番大切なものって何だと思いますか」と質問されたが、百恵は全て「まごころ」で通した。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 芸名

    芸名から見た夏木マリ夏木マリ

    夏木マリ - 夏にデビューしたので「夏、決まり」から芸名 フレッシュアイペディアより)

  • 悪魔のKISS

    悪魔のKISSから見た夏木マリ夏木マリ

    朝倉由梨江:夏木マリ(友情出演)悪魔のKISS フレッシュアイペディアより)

  • 日本民間放送連盟

    日本民間放送連盟から見た夏木マリ夏木マリ

    出演者は、登場順に柴田恭兵→大橋純子→渥美二郎→小柳ルミ子→倉持明→しばたはつみ→本田博太郎→秋川リサ→志垣太郎→田坂都→笑福亭鶴瓶→ピーター→青山孝→夏木マリ→隆の里俊英→あべ静江→沖雅也と、放送当時30歳の著名人だった。日本民間放送連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ゆうばり国際ファンタスティック映画祭

    ゆうばり国際ファンタスティック映画祭から見た夏木マリ夏木マリ

    第7回(1996年)森本レオ(日/俳優)、夏木マリ(日/女優)、石川三千花(日/イラストレーター)、中山忍(日/女優)ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • アンチャーテッドシリーズ

    アンチャーテッドシリーズから見た夏木マリ夏木マリ

    キャサリン・マーロウ - 声:夏木マリアンチャーテッドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のテレビ (日本)

    1994年のテレビ (日本)から見た夏木マリ夏木マリ

    八神くんの家庭の事情(出演:夏木マリ、国分太一、持田真樹、角野卓造 他)1994年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た夏木マリ夏木マリ

    夏木マリ(第42作 - 第45作、第48作)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「夏木マリ」のニューストピックワード